「私は大丈夫!」って思ってる人ほど見て! 実は怖い【冷え】の種類と向き合い方

多くの女の子が悩まされている『冷え』

自分は手先が冷えたりしないから大丈夫と思っているアナタも実は冷え性かもしれません!

・普段あまり運動しない

・冷たい飲み物ばかり飲む

・カイロが手放せない

・しもやけがよくできる

・普段湯船に浸からずシャワーですます

・寝るとき靴下を履いている

当てはまるものが1つでもあるなら、冷え性の可能性あり。

冷えは放置すると、風邪をひきやすくなったり、むくみやすくなったり、妊娠しにくくなったりと意外と怖いことも…

自分のタイプと冷え対策をチェックして、健康的に冷えと向き合って♡


目次 [開く]

冷えのタイプは大きくわけて4つ!

手先や足先など、身体の末端が冷えてしまう
1.四肢末端型

【なりやすい世代】
・10~20代

【なりやすい人】
・無理なダイエットをしてしまっていたり、食事習慣が乱れてしまっている人など

上半身はポカポカしていても下半身が冷える
2.下半身型

【なりやすい世代】
・20代後半~OL世代

【なりやすい人】
・職場で長時間イスに座りっぱなしで、下半身の血の巡りが悪くなっている人など

身体の表面は温かくても、おなかが冷える
3.内蔵型

【なりやすい世代】
・40代後半

【なりやすい人】
・冷たい飲み物を好み、入浴はシャワーのみで身体を冷やしてしまいがちな人など

身体のパーツ関係なく、全身が冷えてしまう
4.全身型

【なりやすい世代】
・高齢の人

【なりやすい人】
・全身の新陳代謝が悪く、運動不足により全身の筋肉量が少なくなっている人など


冷え対策①
食べ物で改善する

身体を温めるにはシナモンや山椒などのスパイス系や、ショウガやネギなどがオススメ。

逆にコーヒーやカニ、夏野菜などは冷えるので注意が必要。

カニを食べる時はショウガ茶を一緒に飲むなど、組み合わせが大事。


冷え対策②
運動で改善する

全身をバランスよく鍛えてあげることが大切。

ムキムキにならなくても、家でできる簡単なエクササイズで◎。

太ももやおなか、お尻、背中など大きい筋肉から鍛えると効果が出やすい。

冷え性は思ってるよりも怖い!放置せずにしっかり冷え対策をしてね♡

Text:ar

【最近生理痛がひどくなったと感じたら要注意!】 プロに聞いた生理のアレコレQ&A

【冷たいオンナ=ブス説】はガチだった。 愛され女子はみんなもれなく『あったか~い』もんなんです♡

関連記事

今、あなたにオススメ