【閲覧注意】キモくてホラーで可愛い!食べて美味しい“キモめし”がバズりぎみ!

見た目はグロい、キモい、そして怖い!でも食べると何これ!めっちゃウマーっ!な料理。そんな「キモめし」のブームがじわっときてるって知ってました? たとえば、耳ソックリのグミとか…

魔女の指型?クッキーとか…

不気味に光るスカルは、実はチョコレートケーキ!

グロい見た目にゾゾっとくるレシピの数々、実は食べると絶品!
たか、とにかく気持ち悪い…あなたはどこまで耐えられるかな???


目次

今年のハロウィンはもう決めた? ニュルっと美味しいスイーツがおすすめ♡

まずは色といい形といい本物そっくりな「ミミズゼリー」。ココアクッキーを砕いて土に見立て、ゼリーにまぶしたら、あぁっ!土から出てきたミミズのようで、ゾワっとしませんか?

でも、食べると甘酸っぱくて、口の中ですうっと溶けて何とも言えぬ美味しさなんです。食べている時は視界に入りませんから、ミミズビジュアルを忘れて、まるでパスタを食べるように堪能致しました♡

いったい、どうやって作るの?という疑問も。メイン食材は市販のゼリーミックス。色鮮やかな赤のタイプを選びます。ゼリー液を曲がるストローに流し込んで、冷やし固めて取り出すとミミズのようなミゾができるんです。ね、簡単でしょ?


視線が合うとブルッと怖っ! プルプル目玉の杏仁豆腐

真っ白な球体に、ブルー、パープル、グリーンの瞳が光る「目玉の杏仁豆腐」。不気味なビジュアルとは裏腹に、食べるとアーモンドエッセンスの風味が漂うなめらかでミルキーな優しいお味

材料に使ったのは一般的な杏仁豆腐の食材と、食用色素ジェル。濃い色と薄い色を重ねてリアルな瞳の感じに仕上げました。

丸い製氷皿に流し込み、冷やし固めることで目玉のような真ん丸な形になるんです。

こちらは、ちょっと実験室風なスタイリングにした「目玉の杏仁豆腐」。水に砂糖を加えて煮溶かし、ブルーの食用色素ジェルとアーモンドエッセンスを加えて、冷やしたシロップに、「目玉の杏仁豆腐」をドボン! おうちパーティーの時に、このスタイリングでサーブしたら、歓声(悲鳴?)が上がって、盛り上がることでしょう。


超閲覧注意!虫がダメな人は絶対見ないで!ゴ〇〇リ風前菜は本当にヤバい

さて、お次はキモさのレベルをいきなり上げちゃいます!パッと見リアルなゴキちゃんとクモちゃんですが、もちろん食べられる美味しいお料理なんです。

写真の左側は、ドライフルーツのデーツにクリームチーズをサンドしたもの。甘みのあるデーツとクリーミィなチーズのコンビが絶妙で、1個、2個…と、つい手が伸びてしまう美味しさ。触覚に見立てたアーモンドも味のアクセントに。

写真の右側は、ブラックオリーブをカットして蜘蛛のように組み合わせたもの。サラダやオードブルの飾りにしたり、お弁当に添えたら、それだけでホラーなお料理に。ハロウィン時期にぜひ作ってみてくださいね♡


パーティーの主役! 生々しい質感がたまらない「脳みそ寿司」

ハロウィンでもそうでなくても、おうちパーティーの食卓には華やかなレシピが必須! 「何にしよう?」と困った時に超オススメなのが、この「脳みそ寿司」です。この生っぽい質感はスモークサーモン。ナイフを刺したところからこぼれ出しているのは、いくらのしょうゆ漬け。スタイリングの工夫で、ホラー度をさらにアップさせました♡

インパクト大で、お腹も満足するこのレシピ、作り方はとっても簡単なんです! ざっくり書くと、酢めしにクリームチーズを塗って、スモークサーモンをペタペタ貼っていくだけ。仕上げにナイフを刺して、いくらを添えたら完成です♪

スモークサーモンとクリームチーズという鉄板コンビで、それだけで美味ですが、さらにわさびじょうゆをつけると、箸が止まらない美味しさ! スタッフ全員、大絶賛なのでした。

ホラーで美味しい「キモめし」を作ったのは五条まあさっちんさん

ミミズに目玉、ゴキ〇〇に脳みそ…キモ度満点なレシピを作ったのはハロウィン研究家・パーティー料理研究家の五条まあさっちんさん。

子どものころから食べることと、パーティーが大好きで、小学校の頃に海外で本場のハロウィンを体験して以来、ハロウィンやパーティーメニューを追求。現在ではお料理教室や、ブログ、SNSで「キモめし」情報を発信しています。

そんなまあさっちんさんによる、キモくて美味しい「キモめし」レシピ50点を集めた書籍が10月4日に発売します。

タイトル:可愛くって ホラーで 美味しい! キモめし

著者:五条まあさっちん

定価:本体1,300+税

さっそく本を買ってみる!

サプライズとエンタメがぎっしり詰まった、美味しいレシピが満載の一冊です。

ぜひ一度ご覧くださいね♡

関連記事