iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の2枚目の画像

プライベートの写真や動画をたくさん保存しているiPhoneの写真アプリ。うっかり人前で開いた時など、他人に写真を見られてしまうのが嫌な人も多いのではないでしょうか。そんな時は、写真をうまく隠す方法を知っていると嫌な思いをしなくてもよくなります。

実はiPhoneの写真アプリ、他人には見られたくない写真のみ隠すことができ、保存しておくことが可能なんです。

今回はiPhoneの写真や動画をうまく隠す方法をご紹介します。




目次 [開く]

【iPhone】写真を隠す方法は2通り!それぞれのメリットは?


iPhoneで撮影した写真は、そのまま写真アプリに保存されます。大切な個人情報のスクショや見られたくない写真など、うっかり他人の前で写真アプリを開いても見られずに済むよう、写真を隠す2つの方法を説明します。


写真自体を隠す


「写真アプリ」内の見せたくない写真だけを非表示にし、隠して保存することができます。人に見られてもいいものはそのまま画面に表示されますが、見せたくないものを非表示設定にすることで、うっかり写真アプリを開いて、他人に見られたくない写真が表示されてしまうということがなくなります。



写真にロックをかける


写真を見られないよう、写真にパスワードをかけロックします。するとiPhoneのロックが解除されても、写真を見るには更にパスワードが必要になるので、簡単に見ることができなくなります。これで、もしスマートフォンを紛失したり、パスワードを見破られてしまっても、誰かに写真を見られてしまう心配がいらなくなります。



【iPhone】写真を隠す方法《標準機能》



一枚のみ隠す方法


写真アプリ>アルバム>写真選択>共有アイコン>非表示>非表示にする

①iPhoneの「写真アプリ」のアルバムを開き、画面右上の「選択」をタップ後に、非表示にしたい写真をタップします。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の3枚目の画像


②画面左下にある「共有アイコン」をタップします。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の4枚目の画像


③先程選択した写真が選択中になっている状態で、「非表示」をタップします。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の5枚目の画像



④「非表示にする」をタップすると完了です。先程のアルバムに戻ると非表示設定した写真のみが消えています。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の6枚目の画像



非表示にしたいものがあれば写真を選択して「非表示設定」するだけで、簡単に写真アプリを開いても見えなくなります。非表示にしたとしても写真アプリの「非表示」フォルダに移動しただけなので、写真そのものは削除されていません。



一括で隠す方法


一枚だけではなく複数枚の写真を一括で隠すことができます。
写真アプリ>アルバム>写真選択>共有アイコン>非表示>非表示にする

①iPhoneの「写真アプリ」のアルバムを開き、非表示にしたい写真を複数枚選択します。画面左下にある「共有アイコン」をタップします。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の7枚目の画像



③「非表示」をタップします。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の8枚目の画像



④「非表示にする」をタップすると完了です。先程のアルバムに戻ると非表示設定した写真のみが消えています。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の9枚目の画像




隠した写真は非表示フォルダに保存される




非表示設定した写真は「非表示」フォルダに保存されるだけで、写真が写真アプリから削除される訳ではありません。写真はアルバム内の下方にある「ほかのアルバム」の中の「非表示」の中に格納されます。非表示写真のみ見たい場合は、この非表示フォルダで確認します。この非表示フォルダに保存されている限りは、写真アプリのアルバムを開いて他人に見せていても表示されることがないので安心です。

また、一度非表示に設定したけど元に戻したい時には、アルバムの中に戻すことができます。隠した写真の再表示の方法をご紹介します。




隠した写真の再表示方法




写真アプリ>アルバム>非表示>写真選択>共有アイコン>再表示
①写真アプリの画面下に表示されている「アルバム」をタップします。「ほかのアルバム」という項目の中にある「非表示」を選択します。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の10枚目の画像




②非表示を選択すると、非表示設定した写真が一覧で表示されます。この写真の中から再表示させたい写真を一枚、もしくは複数枚選択し、画面左下にある「共有のアイコン」をタップします。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の11枚目の画像




③選択した写真が「選択中」と画面上に表示されています。下記の「再表示」をタップしましょう。これで非表示設定の中にあった写真が、アルバムの中で確認できるようになります。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の12枚目の画像




「ピープル」機能で隠す方法


「写真アプリ」のアルバムの中に「ピープル」と表示されている項目があります。「ピープル」機能とは写真アプリに入っている写真に写っている人の顔を認識して、同一人物が写っている写真をまとめてくれる機能になります。

「ピープル」機能はアルバムを開くと意外と目立つ感じで人の顔が並んでいます。しかもそこをタップするとその人のが写っている写真がすべて表示されるので、簡単にその人が写っている写真を探すことができます。

①「写真アプリ」のアルバムの中にある「ピープル」を開きます。ピープル機能から削除したい人物を選択し、画面左下にある「削除」をタップします。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の13枚目の画像



②「ピープルアルバムから削除」をタップします。先程選択した写真がピープルの画面から消えます。ただ、こちらから削除されたとしても「アルバム」の中の写真は消えることはありません。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の14枚目の画像





【iPhone】写真を隠す方法《アプリ》


別のアプリを利用して鍵付きアルバムを作成する方法をご紹介します。操作も簡単なのでどなたでも利用できます。


「さくっとシークレット」を使う


「鍵付きアルバム-さくっとシークレット」というアプリをインストールします。

アプリインストール>パスコード設定>写真選択>保存

①アプリを初めて利用する場合は、数字4桁の「パスコード」を設定します。「パスコードを設定する」をタップし数字を4桁入力します。再度入力画面が出ますので同じ4桁の数字を入力しましょう。パスコードを忘れてしまうとアプリにログインできませんので、必ずパスコードは控えておきましょう。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の15枚目の画像




②パスコードを設定するとこのアプリに入れた写真はロックされます。画面左下にある使いはじめる「+」をタップしましょう。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の16枚目の画像




③このアプリに保存したい写真を選択します。1枚~複数枚こちらのアプリでロックをかけておきたい写真を選択し、「保存」をタップします。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の17枚目の画像



④「保存しました」と「写真アプリ内のコピー元の項目を削除することができます」が表示されるのでOKをタップします。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の18枚目の画像



⑤「Keyに〇〇枚の写真の削除を許可しますか?」これらの写真はすべてのデバイスのiCloud写真から削除されます。と表示されるので、OKなら「削除」をタップします。「許可しない」をタップすると写真は削除されないので、こちらのアプリに保存はしているものの、写真アプリにはそのままの状態であるので、他人に見られる可能性があります。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の19枚目の画像







【iPhone】写真を隠す方法《ロック》


「写真アプリ」の写真をロックする方法は別のアプリでロック保存をする方法と、iPhoneの「メモアプリ」を使ってロックする方法があります。「メモアプリ」を使った方法はアプリで保存したものに比べると探されにくいので、誰にも見られたくない大切な写真がある場合はこの方法がお勧めです。


標準の「メモ」アプリを使う


iPhoneの標準機能にある「メモアプリ」には、メモをロックする機能があります。メモに写真を張り付けてメモにロックをかければ、メモを開かない限り写真を見ることができません。少し手間がかかりますが、あまり知られていない機能なので試す価値ありです。


ロック方法



新規メモ>カメラマーク>写真選択>共有マーク>メモロック>パスワード


「メモアプリ」を開き、新規メモを開きます。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の20枚目の画像



②「カメラマーク」をタップします。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の21枚目の画像




③「フォトライブラリ」を選択します。ライブラリの中にある非表示にしたい写真を選択しましょう。1枚~複数枚まとめて選択することができます。選択が終わると画面右上にある「共有マーク」のアイコンをタップします。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の22枚目の画像




④「メモをロック」をタップします。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の23枚目の画像



⑤パスワードを入力しましょう。パスワードを忘れるとメモを開くことができなくなるので、必ずパスワードは保管しておきましょう。念のため、パスワードに対しての「ヒント」を入力をしておくとパスワードを忘れたときに思い出せます。「ヒント」は推奨なので必ずしも入力しなければならないものではありません。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の24枚目の画像



⑥メモにライブラリから選択した写真が貼り付けられ、ロックされました。これでパスワードを入力しない限りは写真を見られることはありません。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の25枚目の画像




ロックされたメモを開く


ロックされたメモを開く場合は、設定したパスワードを入力すると簡単に開くことができます。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の26枚目の画像






ロックした写真を元に戻す方法


メモにロックした写真を解除して、「写真アプリ」に戻すことができます。
ロックしたメモ>鍵マーク>写真長押し>共有>画像を保存>パスワード


①ロックしたメモを開きます。「メモを表示」もしくは画面右上にある「鍵マーク」のアイコンをタップし、バスワードを入力します。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の27枚目の画像




②「写真アプリ」に戻したい写真の上で長押しし、「共有」をタップします。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の28枚目の画像




③「画像を保存」を選択すると写真アプリ内で写真を確認することができます。写真アプリに写真を共有しているだけなので、メモから写真が消える分けではありません。メモから削除したい場合は、同じく長押しし、「削除」を選択します。

iPhoneの中の写真を見られたくない!上手に隠す方法とは?の29枚目の画像





iPhone内の写真は非表示にできる


iPhoneの「写真アプリ」を他人の前で開くとき、自分でもどんな写真が表れるか分からず、他人に見られたくない写真が出てこないか・・・とドキドキしませんか?写真の非表示設定や写真のロックを活用すれば、そんな心配なく写真を開けるようになりますよ。非表示設定とロック、ぜひ自分に合った方法で「写真アプリ」からは見えないよう設定しておきましょう。

関連記事