【YouTube】オフラインでも再生できちゃう!条件も解説するよ!

【YouTube】オフラインでも再生できちゃう!条件も解説するよ!の2枚目の画像
YouTubeの動画は、通常、オンラインの時しか再生できませんよね。

でも実は、YouTubeをオフラインで見る方法があるんです。

オフライン再生を上手に利用すれば外出先でデータ通信をしなくて済むので、通信量の節約にもなります。

この記事では、YouTubeのオフライン再生の利用方法を中心に詳しく解説します。





目次

【YouTube】オフライン再生について



最初に、YouTubeのオフライン再生はどのように利用できるのか知っておきましょう。

YouTubeにアップされた動画をオフラインで再生するために必要な手続きや、オフライン再生を利用できるプランの詳細をご紹介します。


オフライン再生機能を合法的に使えるのは「YouTube Premium」だけ



【YouTube】オフラインでも再生できちゃう!条件も解説するよ!の3枚目の画像



YouTubeを合法的にオフライン再生できるのは、YouTube Premiumだけです。

規約に違反していると、最悪の場合アカウントを停止されてしまう可能性もあります。

規約違反ではないやり方を選べば、そうした心配もなく安心して利用できます。


「YouTube Premium」の詳細



YouTube Premiumは、AndroidアプリまたはWebからの申し込みで月額1,180円で利用できるサービスです。

学割を利用すると月額680円になります。

一方、iPhoneアプリから入会すると月額1,550円となります。

iPhoneを使っている方は、アプリよりもWebを利用して入会したほうがお得です。

また、iPhoneアプリから学割の申し込みはできません。

ファミリープランは月額1,780円で、最大6人が利用できます。

同じ世帯に住んでいることがファミリープラン利用の条件です。

また、ファミリープランの場合も、iPhoneのアプリから入会すると月額2,400円と価格が高くなるので注意が必要です。

ファミリープランに学割の制度は用意されていません。

YouTube Premiumには、一般・学割ともに1ヶ月の無料トライアル期間があるので、気になる方はぜひ試してみてください。

YouTube Premiumでは、オフライン再生以外に以下のような機能も利用できます。


  • 広告を表示しない

  • アプリを閉じても再生可能

  • YouTube Musicが利用可能

  • YouTube Originalsの限定コンテンツを視聴可能



YouTubeで音楽を聴くことが多い人には、非常に嬉しいものとなるのではないでしょうか。

特に、現在YouTube Music Premiumを利用している人の場合、わずかな差額でYouTube Premiumを利用できるようになるので、ぜひ検討してみてください。



【YouTube】オフライン再生の方法《iPhone》



iPhoneとAndroidでは、オフラインで動画を再生する方法や、動画の削除方法が少しだけ違います。

まずは、iPhoneアプリから手順を細かく紹介します。


動画を一時保存・再生する手順



【YouTube】オフラインでも再生できちゃう!条件も解説するよ!の4枚目の画像



オフライン再生を利用するには、事前に電波のある場所で動画を一時保存しておく必要があります。

スマホを縦にした状態で一時保存したい動画を再生し、動画タイトルの下にある「オフライン」のアイコンをタップします。

初回は画質を選ぶダイアログが表示されるので、お好みの画質を選んでください。

画質が良いものは綺麗に動画が見られますが、保存容量も大きくなります。

「設定を保存する」にチェックを入れると、次回以降画質の選択画面は表示されません。

動画やその時の状況に合わせて毎回画質を選択したい場合には、チェックを入れずに進みましょう。

「OK」を押すとダウンロードが開始されます。

ダウンロード中は、画面下部に「オフラインに保存しています」と表示されます。

この表示が消えたらダウンロード完了です。

再生するときには、ホームに戻り下部の「ライブラリ」から「オフライン」を選びます。

保存した動画が一覧で表示されるので、視聴したい動画を選んでタップすると再生が開始されます。


個別に削除する手順



保存した動画をひとつずつ削除するには、「ライブラリ」→「オフライン」の順で選んで動画を表示させます。

削除したい動画の右上にある、3つ並んだ点をタップすると画面下部にメニューが表示されます。

「オフライン動画から削除」をタップすると完了です。


一括削除する手順



一括削除するためにはアプリ右上のプロフィール写真→「設定」→「バックグラウンドとオフライン」から「一時保存したコンテンツの削除」をタップします。

本当に削除して良いか、確認のダイアログが出るので「削除」をタップすれば完了です。



【YouTube】オフライン再生の方法《Android》



次に、Androidアプリを使ってオフライン再生する方法を解説します。


動画を一時保存・再生する手順



動画の下にある「オフライン」のアイコンをタップし、動画の画質を選びます。

次回以降、毎回同じ画質でダウンロードしたい場合には「設定を保存する」にチェックを入れます。

反対に、状況に合わせて毎回画質を選択したい場合にはチェックを入れずに進みます。

「OK」をタップするとダウンロードが開始されます。

画面下部に表示される「オフラインに保存しています」の表示が消えたら保存完了です。

Androidの場合、動画をSDカードに保存することも可能です。

保存した動画を再生するには、ホーム画面から「ライブラリ」→「オフライン」の順にタップします。

保存した動画が表示されるので、好きな動画をタップすると再生が始まります。


個別に削除する手順



一時保存した動画を個別に削除するには、再生するときと同様に「ライブラリ」→「オフライン」とタップして保存した動画のリストを表示します。

動画の右上にある3つ点が並んだ「その他」アイコンをタップし、「オフライン動画から削除」を選択すれば削除できます。


一括削除する手順



保存した動画を一括削除するには、右上のプロフィール画像をタップし「設定」→「バックグラウンドとオフライン」と進み、「オフライン動画を全て削除」をタップします。

「一時保存済みの動画と再生リストを全て削除しますか?」というダイアログが表示されるので「削除」をタップして完了です。



【YouTube】オフライン再生の設定について



オフライン再生には、いくつもの設定があります。

設定を見たり日常的に使ったりしながら、どの設定が自分にあっているか確認してみてください。


モバイルデータ通信でも一時保存できるように変更する手順



モバイルデータ通信時でも動画を一時保存できるようにするには右上のプロフィールアイコンをタップし、「設定」→「バックグラウンドとオフライン」から「Wi-Fi接続時のみ一時保存する」をオフにします。

初期設定ではオフになっているので、設定を変更したことがなければ特に気にする必要はありません。

反対に、モバイルデータ通信を利用しているときに誤ってダウンロードしてしまうと困る場合には、「Wi-Fi接続時のみ一時保存する」をオンにしておきましょう。


一時保存の画質を変更する手順



初めて一時保存をするときには画質を確認するダイアログが表示されますが、その際に「設定を保存する」にチェックを入れると次回以降ダイアログが表示されず、自動的に最初に選んだ画質でダウンロードが行われます。

一時保存する際の画質を変更したい場合にはプロフィールアイコンをタップして「設定」→「バックグラウンドとオフライン」から「オフライン動画の品質」をタップします。

画質の選択肢が表示されるので、お好みの画質を選んでください。


「一時保存のおすすめ」を表示させないようにする手順



オフラインで動画を見ていると、動画の下に「一時保存におすすめの動画」が表示されます。

気になる動画があれば「オフライン」をタップしておくと、次にネットに繋がったときに自動的に動画がダウンロードされ、オフラインで見られる状態になります。

「一時保存におすすめの動画」を表示させないようにするには、右上の自分のアイコンから「設定」→「バックグラウンドとオフライン」を開き「おすすめの動画を一時保存する」をオフにします。



【YouTube】オフライン再生用の一時保存はSDカードにもできる!



Androidの場合、スマホにSDカードを挿すことができます。

内部メモリーだけでなく、SDカードも利用すればよりたくさんの動画を保存しておけます。

SDカードに動画を一時保存する方法について解説します。


事前準備!一時保存場所を「SD カードを使用」に設定する



YouTubeのオフライン再生用の一時保存は、デフォルトではスマホの内蔵メモリーに保存されるようになっています。

SDカードに保存したい場合には先に設定を変更する必要があります。

画面右上のプロフィールアイコンから「設定」→「バックグラウンドとオフライン」を開き「SDカードを使用(動画をSDカードに一時保存)」をオンにします。


SDカードに一時保存する手順



上記の設定が済んでいれば、普段オフライン動画を保存するときと同様の手順でSDカードに一時保存できます。

動画下にある「オフライン」のアイコンをタップし、「オフラインに保存しています」の表示が消えるまで待てばダウンロード完了です。


注意!保存した動画は別の場所には移動できない



スマホの内部メモリーに保存した動画をSDカードに移動したり、逆にSDカードに保存した動画を内部メモリーに移動したりすることはできません。

ダウンロード前には、どの場所に保存されるのか事前に確認しておきましょう。

保存場所を変更したい場合には、今あるオフライン動画を一度削除し、保存場所の設定を変更してから再度ダウンロードする必要があります。



【YouTube】オフライン再生機能を使うときの注意点



オフライン再生は便利な機能ですが、使うときには少々注意も必要です。

オフライン再生機能を使うときの注意点について解説します。


一時保存した動画は48時間までなら再生できる



オフライン再生のために一時保存した動画は、48時間までなら再生が可能です。

オフラインの状態が48時間以上続くと再生できなくなるので注意してください。途中でネットワークに接続していれば、ダウンロードから48時間が過ぎていても再生が可能です。

動画本体が削除されるなど、オフライン再生ができない状態になった動画は、ネットワークに接続されたときに自動的にデバイスから削除されます。


空き容量が5%未満だと一時保存はできない



スマホの内部メモリーに動画を保存する場合にも、SDカードに保存する場合にも、空き容量が5%以下になっていると一時保存ができません。

空き容量は、YouTubeのアプリ上からでも確認できます。

プロフィールアイコンをタップし、「設定」→「バックグラウンドとオフライン」の一番下にスマホ本体とSDカードの空き容量が表示されます。

ここをチェックして、空き容量が5%以下になっていないか確認してください。

空き容量の大きい方に動画を保存したいというときにも役立ちます。



【YouTube】オフライン再生用の一時保存ができないときは



YouTubeを使っていて、オフライン再生用の一時保存ができないというシーンに出会うこともあるでしょう。

ここでは、原因別に対処法をまとめました。


通信環境を確認して



オフライン再生用の一時保存ができないときには、まず通信環境を確認してみましょう。

まずは動画が再生できるか確認してみてください。

動画が再生できない場合、通信環境が悪くなっている可能性があります。

アプリの再起動、Wi-Fiを一度オフにしてからオンにし直す、スマホの再起動、Wi-Fiルーターの再起動などを試してみてください。

また、YouTube自体に障害が発生していないかも確認してみましょう。

SNSなどをチェックしてYouTubeが見られないという人が多くいる場合、障害が発生している可能性があります。

また、公衆Wi-Fiを利用している場合、回線が混雑していると繋がりにくいこともあります。

他の回線を見つけるか、モバイル通信を利用してみてください。


動画を複数のデバイスに保存しているかも



YouTube Premiumのオフライン再生機能は同時に10台のデバイスまで利用できます。

さらに、1年間に4台まで入れ替えが可能です。

その制限を超えると、「申し訳ございませんが、この動画はオフライン再生できません」とメッセージが表示されます。

普段から多くのデバイスを使っている人や、頻繁にデバイスを買い換えている人はこの制限にひっかかっていないか確認してみてください。

制限にかかっている場合、今まで一時保存ができていたデバイスを使えば保存が可能な可能性が高いです。


(スマホ)アプリが最新か確認をして



アプリが最新のバージョンになっていない場合、一時保存ができない可能性があります。

アプリを自動で更新する設定にしていても、タイミングによってはすぐに最新にならないときもあります。

一度、アプリが最新のものになっているかを確認してみましょう。

アプリのアップデートがあるかどうかを確認するには、iPhoneならAppStore、AndroidならGoogle Play ストアでYouTubeアプリの画面を開きます。

アプリが更新されていればそこから最新版がダウンロードできるようになっているので、更新してみてください。


(スマホ)一時保存ができるか設定の確認をしよう



一時保存をWi-Fi接続のときのみ可能にしているなど、設定によって一時保存ができなくなっている場合もあります。

Wi-Fi接続時のみ一時保存を可能にした場合は、Wi-Fi環境があるところまで待ってから一時保存をするか、モバイルデータ通信を利用して一時保存しましょう。

どのように設定したか忘れてしまった場合には、プロフィールアイコンから「設定」→「バックグラウンドとオフライン」から「Wi-Fi接続時のみ一時保存する」の項目をチェックしてみてください。


一時保存ができない動画もある



YouTubeの動画は、全てがオフライン再生できるわけではありません。

子供向けの動画など、中にはオフライン再生ができないものもあります。

他の動画は一時保存できるのに特定の動画だけ一時保存できない場合は、その動画が一時保存できない動画として設定されている可能性が高いです。

その動画はオンラインで視聴し、オフライン視聴用には他の動画を保存しておきましょう。


YouTube Premiumの有効期限・ログインを確認する



急に一時保存ができなくなった場合、YouTube Premiumの有効期限が切れていたり、ログインできていない場合があります。

まずは右上のアイコンを見て、普段自分が使っているアカウントのアイコンになっているか確認します。

ログアウトされてしまっていたらログインし直しましょう。

YouTube Premiumの有効期限を確認するには、右上のアイコンから「有料メンバーシップ」を開き「Premium」をタップします。

メンパーシップの内容が表示され、その中に有効期限も書かれています。

「有料メンバーシップ」が表示されず「YouTube Premiumに登録」となっている場合には期限が切れてしまっている可能性が高いです。

オフラインでの視聴を続けたい場合には、再度申し込みをしましょう。


「YouTube Premium」が提供されていない国ではオフライン再生機能も使えない



YouTube Premiumは、実は一部の国でしか提供されていないサービスです。

日本ではオフライン再生の機能が利用できますが、YouTube Premiumが提供されていない国ではオフライン再生機能も利用できません。

海外旅行などに行くときには注意しておきましょう。

YouTube Premiumが提供されている国の一覧はこちらを確認してください。



【YouTube】オフライン再生でできること・できないこと



YouTubeオフラインには、もちろんできないこともあります。

できないこととはどんなことなのか、また、YouTubeのオフライン再生の機能について細かく解説します。


音声・音楽・MP3 ファイルの一時保存はできる?



音楽を聴くことを中心にYouTube Premiumを使っている人は、よりファイルサイズが小さいMP3形式で一時保存できたら便利だと感じることもあるでしょう。

しかし、残念ながら、音声や音楽の形式で動画を一時保存することはできません。

音楽だけを聞きたいという場合でも、動画を丸ごと一時保存する必要があります。


PCに一時保存はできる?



PCでは、動画の一時保存はできません。

一時保存を利用したい場合にはモバイル端末のアプリを利用してください。

大きな画面でオフライン再生を楽しみたいという人は、タブレット端末を用意するのがおすすめです。


自動で一時保存はされないの?



動画を個別に一時保存した場合には、自動で一時保存が行われることはありません。

再生リストをオフラインに一時保存した場合、再生リスト内にある動画が自動的に一時保存されます。

さらに、30日以内にその再生リストの動画を視聴した場合、リストに新しい動画が追加されると、追加された動画が自動で一時保存されます。

データ通信量が心配な人は、「Wi-Fi接続時のみ一時保存する」の設定をオンにするなど対策をしておきましょう。



オフライン再生を上手に活用しよう



YouTubeのオフライン再生は、YouTube Premiumを利用することで可能になります。

電波がないときでも動画を楽しめる便利な方法なので、ぜひ利用してみてください。

YouTube Premiumは有料サービスですが、毎月月末になると速度制限がかかってしまい、追加でギガを購入することが多いという人はオフライン再生を上手に利用することで節約になるかもしれません。

自分の利用している環境を考えながら、YouTube Premiumの申し込みを検討してみてくださいね。

関連記事