iCloudでアプリデータの復元はできる?手順と注意点を解説!

iCloudでアプリデータの復元はできる?手順と注意点を解説!の2枚目の画像
機種変更で新しいiPhoneを購入したときや端末の初期化を行わなければならないときには、「iCloud」に作成したバックアップを使いデータの復元を行う必要があります。

ただ復元できるデータに「App Store」でインストールしたたくさんのアプリも含まれるのか不安になるかもしれません。この記事では「iCloud」でアプリの復元を行う手順や注意点について詳しく紹介します。




目次

iCloudでアプリデータの復元はできるの?


iPhoneにはたくさんのデータが保存されています。写真や動画また連絡先に登録されている情報はどれも大切なもので、なくなってしまったら一大事です。iPhoneには他にも消えてなくなってしまったら困る大切なデータがあります。

それは、使用しているアプリのデータです。InstagramやTwitterといったSNSアプリはサーバー上にデータが保存されるので、端末を初期化したり新しい端末に乗り替えたりしても、アプリのインストール後にユーザー名とパスワードでログインすれば以前のように利用できます。

でも中には、アプリ内にすべてのデータが保存され、アプリの機能にバックアップがないものも多くあるため、端末を初期化したらすべてがなくなってしまいます。

「iCloud」でデータの復元をする際にアプリのデータもちゃんと復元されるのでしょうか。


バックアップできていれば復元は可能!


結論から言えば「iCloud」にデータのバックアップを作成していればアプリの復元は行えます。ですから、たとえアプリの機能にバックアップがなかったとしても「iCloud」にバックアップが作成できるので、データがなくなることはありません。

「iCloud」にアプリがちゃんとバックアップされるかどうかを確認する方法を説明します。

ホーム画面にある「設定」アプリを開きましょう。

iCloudでアプリデータの復元はできる?手順と注意点を解説!の3枚目の画像



iPhoneの各種設定が行える画面が立ち上がるので「ユーザー名」を選び、指でタップします。

iCloudでアプリデータの復元はできる?手順と注意点を解説!の4枚目の画像



iPhoneに関連づけられているApple IDの画面が立ち上がるので、表示されている設定項目から「iCloud」を選び、指でタップしましょう。

iCloudでアプリデータの復元はできる?手順と注意点を解説!の5枚目の画像



表示されている設定項目の中に「ストレージを管理」があるのでタップします。

iCloudでアプリデータの復元はできる?手順と注意点を解説!の6枚目の画像



「バックアップ」をタップします。

iCloudでアプリデータの復元はできる?手順と注意点を解説!の7枚目の画像



バックアップの情報が表示されます。同じApple IDでログインしているiOSデバイスが表示されるので「iPhone」を指でタップしましょう。

iCloudでアプリデータの復元はできる?手順と注意点を解説!の8枚目の画像



この画面にバックアップ可能なアプリが表示されています。



バックアップ手順をおさらい!


「iCloud」で作成できるバックアップにはアプリが含まれることがこれで分かったと思います。大切なアプリのデータがなくならないように、これから「iCloud」へのバックアップ方法を説明します。先ほど開いた「Apple ID」画面へ戻りましょう。

画面を下に向かってスクロールすると「iCloudバックアップ」があるので、指でタップしましょう。

iCloudでアプリデータの復元はできる?手順と注意点を解説!の10枚目の画像



「iCloudバックアップ」が「ON」になっていることを確認したら「今すぐバックアップを作成」を指でタップしましょう。これでバックアップの作成が始まります。



注意!アプリによっては推奨されていない


「iCloud」にアプリのデータのバックアップが作成できれば、大切な履歴やデータを引き継げるのでとても助かりますが、ここで注意すべきことがあります。

アプリを含めiPhoneのデータのバックアップを「iCloud」で行うには、「iCloud」に十分なストレージの空き容量が必要です。

アプリの中には大量のデータ容量が必要なものもあるため、限られたストレージ容量を少しのアプリで占領してしまう可能性があります。そのためバックアップの必要性が高い重要なデータをバックアップできなくなります。

音楽アプリや動画アプリなど容量が大きいものは、別の方法でバックアップを作成しましょう。


iCloudからアプリデータを復元する方法


「iCloud」にアプリのバックアップが作成できることやバックアップ方法、またバックアップ作成の際には容量が大きいアプリは含めない方がいい理由についてここまで紹介しました。

ここからは、どのようにアプリのデータを復元するのかについて説明していきます。


「iCloudバックアップから復元」を選択するだけ


アプリのデータをiPhoneに復元する方法はとても簡単です。新しく購入したiPhoneまたは初期化したiPhoneの初期設定を進めると「Appとデータ」という画面が立ち上がります。その中に「iCloudバックアップ復元」というオプションが表示されています。

そちらを選択すれば連絡先やメールなどのデータと共に、バックアップが作成されているすべてのアプリのデータを復元することができます。


操作手順


具体的な操作手順について説明します。
  • 初期化されたiPhoneを開き、初期設定を指示に従って進める
  • 「Appとデータ」画面になったら「iCloudバックアップから復元」を選びタップする
  • Apple IDでiPhoneへサインインを行う
  • 「バックアップを選択」をタップし、使用可能なiCloudのバックアップリストを選択する



  • iCloudでアプリデータを復元するときの注意点



    iPhoneを初期化する前に、本記事で紹介した「iCloud」へのバックアップ作成をしっかり行っていれば、データの復元は簡単に行えますが、アプリのデータの復元に関しては覚えておくべき大切な点がいくつかあります。

    3つの注意事項をこれから紹介します。


    復元するアプリの量によって完了時間が変わる


    アプリの中には容量が大きいものがあります。

    復元するデータ容量が大きければ、復元完了までの所用時間は当然長くなります。


    アプリによっては再ログイン作業が必要


    アプリのデータがすべて復元されたら、以前と同じようにアプリを使用できるようになりますが、アプリ使用の際にサインインする必要があるかもしれません。

    特にクレジットカードなど大切な個人情報を登録しているアプリに関しては、セキュリティの関係上、サインインによって本人確認を再度しなければアプリを使用できないこともあります。

    どのアプリが再度サインインする必要があるかはっきりしたことは分かりません。そのため、iPhoneを初期化する前にログインしているアプリのユーザー名とパスワードを紙に書いて保存するなどして、再度サインインを求められても困らないように対策を講じましょう。


    アプリによっては「使えない=復元」できないものもある


    アプリによってはデータの復元ができないこともあります。

    特にゲームアプリの中にはデータの復元や引き継ぎができないものもあるようなので、iPhoneの初期化を行う前にゲームアプリの公式ページへアクセスし、データの復元と引き継ぎが可能かどうか確認しておきましょう。


    iPhoneをリセットしないでアプリデータだけ復元できる?


    ここまで、「iCloud」に作成したバックアップを使ってアプリのデータをiPhoneに復元する方法や注意事項などについて紹介しました。

    基本的にアプリの復元を行う必要があるのは、機種変更で新しいiPhoneを購入したときと、iPhoneの問題を解決するためにデバイスの初期化を行ったときです。

    しかし、特定のアプリだけ復元したい場合などにわざわざiPhoneの初期化を行うのは面倒ですよね?

    アプリのデータだけ個別に復元することは可能なのでしょうか?


    iCloud以外のツールを使う必要がある


    結論から言うと、アプリだけ独立してデータの復元を行うことは可能です。でも「iCloud」から行うことはできません。他のツールを使って行う必要があります。

    おすすめのツールを2つ紹介します。


    方法①Apple Storeから復元する


    最初におすすめする復元方法は、「App Store」アプリを使って行う方法です。操作手順を説明します。ホーム画面にある「App Store」アプリを開きましょう。

    iCloudでアプリデータの復元はできる?手順と注意点を解説!の12枚目の画像



    「App Store」が立ち上がったら、画面右上に表示されている「アカウント」アイコンを指でタップします。

    iCloudでアプリデータの復元はできる?手順と注意点を解説!の13枚目の画像



    「アカウント」画面が立ち上がったら「購入済み」を指でタップしましょう。

    iCloudでアプリデータの復元はできる?手順と注意点を解説!の14枚目の画像



    「購入済み」画面が立ち上がったら、画面上に表示されている「このiPhone上にない」を選び指でタップします。

    iCloudでアプリデータの復元はできる?手順と注意点を解説!の15枚目の画像



    iPhoneのホーム画面にはないアプリが一覧になって表示されるので、復元したいアプリを選び「ダウンロード」アイコンを指でタップしましょう。

    iCloudでアプリデータの復元はできる?手順と注意点を解説!の16枚目の画像




    方法②復元ソフトを使う


    2番目におすすめする方法は、「Dr.Fone-iPhoneデータ復元」を使う方法です。操作方法を説明します。下記のリンクにアクセスし「Dr.Fone-iPhoneデータ復元」をPCにインストールしましょう。
    Dr.Fone-iPhoneデータ復元

    インストールできたら「今すぐ開始」をクリックします。


    トップ画面が立ち上がるので「データ復元」を選びクリックしましょう。


    左メニューにある「iTunesバックアップファイルから復元」を選びクリックしましょう。


    iTunesで作成したバックアップが表示されるのでクリックします。


    この後に立ち上がる画面の左側にバックアップデータが表示されているので、復元したいアプリにチェックを入れ「デバイスに復元」をクリックすれば復元できます。


    注意!データ自体の削除をしていると復元できない!


    アプリのデータをiPhoneの他のデータから独立させて復元する際に注意すべきことがあります。アプリ内のデータ自体を削除してしまうと復元はできなくなってしまうので気をつけましょう。


    iCloudにアプリのバックアップを必ず作成するようにしよう!


    本記事で紹介したように、アプリ内にバックアップ機能がなかったとしても「iCloud」でバックアップの作成ができるので、大切な履歴やデータは消失せずに安全に保存できます。

    もし「iCloud」のストレージの空きスペースが足りないようなら、ストレージプランを見直し大切なデータのバックアップが確実に行えるように予め準備しておきましょう。

    関連記事