【顔筋ほぐし】ほうれい線ケアはオンライン会議前の3分で!

定着しつつあるリモートワーク。人目を気にせず仕事に没頭していると、姿勢が悪くなったり表情が乏しくなったり……。オンライン会議前、モニターに映る自分の顔にギョッ! という経験がある人も多いのでは? そんな方のために、わずか3分で声も表情も明るくなる方法を教えてもらいました。

【顔筋ほぐし】ほうれい線ケアはオンライン会議前の3分で!の2枚目の画像

教えてくれたのは、アンチエイジングデザイナー・村木宏衣さん

女優やモデルが足繁く通うサロン「Amazing♡beauty」の代表。骨格や筋肉の歪みを瞬時に見抜き、独自のメソッドで本来あるべき姿へと導く、美ボディづくりのプロフェッショナル。チャーミングで小柄な容姿からは想像もつかないパワフルな施術で、海外のVIPやセレブリティの顧客も多く持つ。

Hiroi Muraki Official Website

目次 [開く]

オンライン会議前の3分で「ほうれい線」を薄くする

「自粛生活で誰とも会わないでいたら、ほうれい線がくっきり! その原因は、頬の筋肉がちゃんと使えていないから。話したり笑ったりすることで自然に動いていた筋肉が停滞すると、老廃物が溜まりやすい状態に。そうすると筋肉の弾力が失われ、ほうれい線が深くなってしまうのです。硬くなった筋肉を細かく揺り動かして、立体的な頬を取り戻しましょう。肌と指の間にティッシュやファンデーションパフを挟めば、メイクの上からもケアできます」(村木さん)。

1:指の側面をスライドさせて、筋肉のこわばりをリリース

【顔筋ほぐし】ほうれい線ケアはオンライン会議前の3分で!の3枚目の画像

小鼻のわきに、人差し指の第一関節から先を置き、骨に押し当てるように垂直に圧をかけたら、皮膚をこすらないように小刻みに左右にスライドさせる。5回スライドしたらもう1セット繰り返し、小鼻から目頭に向かって下らか上へ4カ所、さらに3センチほど外側にずらして下から上へ4カ所、同じようにほぐす。

2:指先で頬の筋肉をおさえ、「えおえお」と口を大きく動かす

【顔筋ほぐし】ほうれい線ケアはオンライン会議前の3分で!の4枚目の画像
【顔筋ほぐし】ほうれい線ケアはオンライン会議前の3分で!の5枚目の画像

人差し指と中指で、頬の筋肉の始点となる小鼻のわきをおさえ、「えおえお」と口を大きく動かす。指先で筋肉が動いているのを確かめながら、10セット。「え」はしっかり前歯を見せ、「お」は鼻の下を伸ばしきるイメージで、1と同様に下から上へ片側8カ所行なう。

オンライン会議前、たったこれだけでほうれい線が目立たないスッキリとした頬に! ぜひ試してみてくださいね。

イラスト/きくちりえ 取材・文/野崎千衣子 企画/山岸成実<BAILA>

関連記事

今、あなたにオススメ