妊娠したかも…! 超初期でもしちゃいけないことって?【医師が回答!30代の妊娠】

30代の婦人科系悩み&疑問に、医師がお答え! 今回は、妊娠したかも……!というドキドキ期に注意すべきことについてお届けします。

目次 [開く]

「生理が遅れてる」「妊娠希望でもうすぐ生理予定日」……妊娠超初期~妊娠初期に注意したいことは?

30代女性のお悩み&疑問

・「生理が3日遅れたので、妊娠検査薬を使ってみたら陽性! まだつわりなどもない時期だけど……好物のお寿司を食べても大丈夫? マグロに目がないんです……」
 
・「妊娠希望のときの高温期の過ごし方で悩み中。夫には『お酒くらい大丈夫じゃない?』って言われるけど、妊娠の可能性があるときだし細心の注意をはらいたい! 食事や生活……何に気をつけたらいい?」

妊娠しているかも……という微妙な時期も、妊婦さんらしく生活を変えるべき? 専門医にうかがいました。
 妊娠希望の人、妊娠の可能性がある人はぜひチェックを!

医師のお答え!

【監修】椎名邦彦先生 「こすぎレディースクリニック」院長

<プロフィール>
聖マリアンナ医科大学卒業、同大学院博士課程修了。カナダ・モントリオールマギル大学博士研究員(不妊治療)、聖マリアンナ医科大学病院産婦人科医局長、メディアージュクリニック青山院長(美容皮膚科・婦人科)(2007年~2014年)、東京女子医科大学附属青山女性医学研究所美容医療科、愛育病院(東京・港区)など産科医療に20年以上携わるほか、不妊症治療専門クリニックにて最新治療に携わり、2015年3月、「こすぎレディースクリニック」を開院、現在に至る。最新の産婦人科・美容医療に、東洋医学などの代替医療やアンチエイジング医療を取り入れながら、女性がいつまでも健やかで美しくあるための医療を提供。基本姿勢は「癒して治す」。

30代読者が気になる「もし妊娠していたら……これってアリ? ナシ?」

30代女性への取材で、「もし妊娠していたら、これって大丈夫? やめておいたほうがいい?」とみんなが気になっている行動、習慣、食生活について調査しました。
 
これって妊娠超初期からNG? 妊娠を意識する30代が気になっていること
 
「タバコはダメって分かってるけど、飲酒は?」「妊娠超初期~初期にセックスすることで、妊娠がダメになったりは……?」「飛行機に乗る予定が控えている月は、妊活すべきじゃない?」「自転車通勤、大丈夫?」「趣味の水泳、ダンス、ゴルフは?」「ダイエット中で、食事制限とスクワットしてるけど、妊娠への影響は?」「仕事で徹夜、続けていて平気?」「生肉やお寿司が好きだけど、妊娠しても変わらず食べられる?」
 
専門医への取材で、妊娠中にやめておきたいものを聞きました!

【NG】「30代女性にとって一般的な行動、習慣、食生活」の中で、妊娠が判明したら、やめておきたいものって?

専門医の立場から、妊娠超初期&初期であっても「控えたいもの」をご紹介。
 
・  飲酒
・  喫煙
・  登山
・  ジョギング
・  ダンス
・  ゴルフ
・  スクワット
・  徹夜
・  多量のカフェインを摂取
・  ダイエット
・  糖質多めの食生活
・  ビタミンA入りのサプリメントを摂取
・  生肉を食べる
・  マグロなど大型の魚を食べる
 
特に気をつけたいポイントは?
 
・妊娠初期は立ちくらみがしやすく、気を失う人もいます。つわりなどの症状が出ていない場合も、普段とは違う状態という意識を持ち、激しい運動は避けたほうが安心です。
 
・妊娠中の腰まわりへの負担はなるべく避けたいところ。ゴルフは腰をひねる動きがあるので注意。スクワットも同様で、骨盤周辺への負担がかかる動きなので避けたいエクササイズです。
 
食事制限をするダイエットはNGです。妊娠初期に入るとつわりが始まり、食べられなくなる人もいますので、食べられるときにしっかり食べておきましょう。とはいえ、妊娠期に糖分多めの食事は控えたいところ。妊娠高血圧症候群や、妊娠糖尿病などの原因になります。
 
マグロなどの大型の魚は、胎児への水銀の蓄積が心配なので避けましょう。
 

ついバタバタしがちな妊娠超初期~初期も。NGなことをきちんと知って、避けて暮らすことで、安心感が違ってくるはず!

取材・文/櫻木えみ 企画/斉藤壮一郎〈BAILA〉

関連記事

今、あなたにオススメ