白ニキビ、赤ニキビ…ニキビの種類や原因って違うの?【医師が回答!30代の大人ニキビ】

30代の肌悩み&疑問に、医師がお答え! 今回は、大人ニキビについてお届けします。

目次 [開く]

あると気になる大人ニキビ。種類によって原因は違うもの?

白ニキビ、赤ニキビ…ニキビの種類や原因って違うの?【医師が回答!30代の大人ニキビ】の2枚目の画像

30代女性のお悩み&疑問

・「生理前になるとなぜか毎月赤いニキビができて、イライラ。どうにかしたい!」

・「ニキビが~! と言ってから、待てよ、30代のそれはもうニキビとは呼ばない!? と気になったりしてます(笑)。ニキビって10代だけのもの?」

・「10代の頃とは違って、一度ニキビができてしまうと痕が長期間残りがち。できるとすごくブルー……」

青春時代のニキビとは悩みもちょっと異なってくる、大人ニキビ。人気クリニックの先生が、30代読者の疑問に答えてくれました!

医師のお答え!

白ニキビ、赤ニキビ…ニキビの種類や原因って違うの?【医師が回答!30代の大人ニキビ】の3枚目の画像

【監修】椎名邦彦先生 「こすぎレディースクリニック」院長

<プロフィール>
聖マリアンナ医科大学卒業、同大学院博士課程修了。カナダ・モントリオールマギル大学博士研究員(不妊治療)、聖マリアンナ医科大学病院産婦人科医局長、メディアージュクリニック青山院長(美容皮膚科・婦人科)(2007年~2014年)、東京女子医科大学附属青山女性医学研究所美容医療科、愛育病院(東京・港区)など産科医療に20年以上携わるほか、不妊症治療専門クリニックにて最新治療に携わり、2015年3月、「こすぎレディースクリニック」を開院、現在に至る。最新の産婦人科・美容医療に、東洋医学などの代替医療やアンチエイジング医療を取り入れながら、女性がいつまでも健やかで美しくあるための医療を提供。基本姿勢は「癒して治す」。

Q:「“大人ニキビ”って何歳から?」「30代のニキビは、ニキビじゃなくて吹き出物?」

思春期特有のニキビと、大人ニキビではできる原因が異なり、思春期のニキビと区別した“大人ニキビ”ができるのは、20歳を過ぎてから。
もちろん、30代の方にもニキビができることがあります。

Q:「白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ……そのときどきで色が違うけど、まったくの別物?」

白ニキビ、赤ニキビ…ニキビの種類や原因って違うの?【医師が回答!30代の大人ニキビ】の4枚目の画像

ニキビは段階によって色が変化していきます。
 
白ニキビ……毛穴に皮脂がつまり始めた初期段階。白くてぷつっとしたできものの状態。閉鎖面皰と呼ばれます。

黒ニキビ……コメドと言われる毛穴に角栓がつまることで毛穴が広がり、角栓が酸化して黒くなっている状態。開放面皰と呼ばれます。

赤ニキビ……炎症が起こり、周囲まで赤みが広がった状態

黄ニキビ……さらに重症化し、膿が溜まった膿疱性ニキビ
 
赤ニキビ、黄ニキビまで進行してしまうと、新陳代謝の活発な若い人でも痕が治るまでに1~2か月かかってしまいます。
白ニキビ、黒ニキビの早い段階で治療するのが理想です。

思春期ニキビと、大人ニキビでは、毛穴つまりの原因も違う!

思春期のニキビは、10代は皮脂腺が活発であるため皮脂が多く分泌され、毛穴がつまってしまいできるもの。皮脂分泌の多いTゾーンにできやすいのも特徴です。
 
一方、大人ニキビができる原因は大きく分けてふたつあります。ひとつめの原因は、年齢的に表皮が分厚く、毛穴が小さくなること。皮脂がつまりやすくなり、ニキビができやすくなります。主に頬などに見られます。
 
もうひとつの原因は、自律神経や女性ホルモンのバランスの崩れ。あごや口の周りなどのフェイスラインにできる人が多いです。転職してストレスを感じるようになったら口周りにニキビができた……といった患者さんも多く見られます。
 
毎月月経前にできるという人も多いのですが、これは排卵後、月経の2週間前の黄体ホルモンが多く分泌され、ニキビができやすくなるためです。

取材・文/高見澤恵美 企画/斉藤壮一郎〈BAILA〉

関連記事