パンツもジャケットも今季は「チェックのブラウン」が間違いない!

秋の定番カラー「ブラウン」をより今年っぽく着こなすには? スタイリスト加藤かすみさん&エディター伊藤真知さんが最旬ブラウンを教えてくれました。きちんと感のあるパンツやジャケットは「チェック柄」を選ぶとほどよく肩の力が抜けたスタイルに。

私に似合う「ブラウン」の見つけ方はこちら!
パンツもジャケットも今季は「チェックのブラウン」が間違いない!の2枚目の画像

エディター 伊藤真知さん

本誌をはじめ数々の女性誌で活躍するエディター。等身大のリアルなコーデやまねしたくなる着こなしセオリーで、私服スタイルも人気。昨年、初のスタイル本を刊行。

パンツもジャケットも今季は「チェックのブラウン」が間違いない!の3枚目の画像

スタイリスト 加藤かすみさん

表紙やファッション特集を数多く手がける人気スタイリスト。センスと理論に基づいた着こなし術にはファンも多く、「かすみさんのコーディネートは売れる!」は定説。

目次 [開く]

手持ち服も今年らしく一新!《“チェック”のブラウン》

Kasumi's POINT
「赤などの色が入るとトラッド感が増し、かえって着にくくなることもあるので、大人は同系色のチェックで都会的に。ほどよくカジュアルに見えるのも柄のよさなので、今年は“お堅い”ジャケットでこそ挑戦する価値アリです」

パンツもジャケットも今季は「チェックのブラウン」が間違いない!の4枚目の画像

「ただでさえジャケットいらずのこの時代、ネイビーや黒といったまじめな一着は出番も少ないはず。まるでストールのような感覚でさらっと羽織れて、時間のない朝に“考えなくてもサマになる”――そんな気軽なジャケットが今の気分。大好きなデニムや旬のボウタイブラウスとの相性のよさも、購入の決め手に」(伊藤さん)。ジャケット¥178000/エディション 表参道ヒルズ店(ライト・レ・シャプライン) ブラウス¥29000/サードマガジン デニムパンツ¥32000/サザビーリーグ(マザー) バッグ¥18000/カレンソロジー 新宿(アウトーレ) 靴¥62000/ベイジュ(ピッピシック)

Machi's POINT
「茶一色よりも表情豊かなブラウンチェックのパンツ。シンプルなトップスも手軽に洒落感が出せて、似合う色も多いので、ワントーンコーデにちょっと飽きたときや手持ちの服をブラッシュアップしたいときにも最適」

パンツもジャケットも今季は「チェックのブラウン」が間違いない!の5枚目の画像

「見た目もきれいで、ヒールはもちろんローファーやバレエシューズ、スニーカーにも合わせやすい……数あるパンツのなかでも万能なテーパードシルエットは、一本持っておいて損はありません。秋冬は素材のバリエが増えるぶん、はやりのワントーンコーデも夏ほどは簡単にいかないことも。そんなとき、茶色だけでなく黒にも白にも振れるチェックがひとつあると、変化がつけやすく、着こなしの幅も広がるはずです」(加藤さん)。パンツ¥42000/マディソンブルー ブラウス¥22000/ガリャルダガランテ  表参道店(ガリャルダガランテ) バッグ¥44000/フルラ ジャパン(フルラ)

撮影/YUJI TAKEUCHI〈BALLPARK〉 ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/加藤かすみ モデル/森絵梨佳 取材・原文/伊藤真知 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2020年10月号掲載

【BAILA 10月号はこちらから!】

パンツもジャケットも今季は「チェックのブラウン」が間違いない!の6枚目の画像
パンツもジャケットも今季は「チェックのブラウン」が間違いない!の7枚目の画像

関連記事