チェック柄ストールはアウターのインに巻くのが新鮮!【辻直子さんのストールテクニック3】

今季はいっそう注目が集まるストール。「どう巻くかよりも、選び方や楽しみ方が大事」と語るスタイリスト辻直子さんに、簡単なのにサマ見えする秘訣を教えてもらいました。「チェック柄ストール」はラフにたらす&さりげなく見せるのが今年の気分なのだとか。

チェック柄ストールはアウターのインに巻くのが新鮮!【辻直子さんのストールテクニック3】の2枚目の画像

スタイリスト 辻 直子さん

バイラをはじめ数々の女性誌や広告、ブランドとのコラボなど多方面で活躍する人気スタイリスト。本人のプライベートファッションやライフスタイルにもファン多数。

目次 [開く]

チェックストール

「以前はチェックのトラッドさをストレートに生かして楽しんでいましたが、今はチェックこそラフに、学生っぽく見えない工夫を。とはいえ私の場合、巻かずにアウターにかませてたらすだけ。個人的にもよく取り入れる術で、アウターだけでなく、セットアップにも有効。大人はチェックの配色がさりげなく見え隠れするくらいがちょうどいいと思います。」

チェック柄ストールはアウターのインに巻くのが新鮮!【辻直子さんのストールテクニック3】の3枚目の画像

マニッシュなコーデュロイのセットアップにチェックのカシミヤストールをかませて。さし色のブルーが映えつつ、全体をブラウンでなじませているから、柄が浮かず、粋に。チェックは服と配色をリンクさせるだけでうまくいく。ストール(70×190cm)¥62000(ジョンストンズ オブ エルガン)・ジャケット¥35000・パンツ¥17000(ジャーナル スタンダード レサージュ)/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店 ニット¥18000/メゾン イエナ(シーヌ) バッグ¥55000/アーセンス ルミネ新宿2(モダンウィービング)

辻さんが今注目する 最旬ストールブランド

チェック柄ストールはアウターのインに巻くのが新鮮!【辻直子さんのストールテクニック3】の4枚目の画像

左:Faliero Sarti《ファリエロ・サルティ》
世界中でファンの多い、イタリアのテキスタイルメーカー。シックなマルチチェックは薄くて軽く、しっとりとした風合いの虜に。(70×190cm)¥60000/アッシュ・ペー・フランス(ファリエロ・サルティ)
右:BEAUTY & YOUTH《ビューティ&ユース》

今っぽいカジュアルが得意なビューティ&ユースの鮮やかチェック。カシミヤながらコスパの高さにも注目。(50×170cm)¥18000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ丸の内店(ビューティ&ユース)

撮影/尾身沙紀〈io〉(人)、坂根綾子(物) ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/辻 直子 モデル/宮田聡子 取材・原文/陶山真知子 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2020年11月号掲載

【BAILA 11月号はこちらから!】

チェック柄ストールはアウターのインに巻くのが新鮮!【辻直子さんのストールテクニック3】の5枚目の画像
チェック柄ストールはアウターのインに巻くのが新鮮!【辻直子さんのストールテクニック3】の6枚目の画像

関連記事