《はなれ目》をカバーするアイメイク 美人な目元印象を作るポイント♡

顔の印象を一番大きく左右するといっても過言ではないのが目元印象。


一般的に目の横の長さを基準に「目:眉間:目=1:1:1」になっているのが理想とされています。とはいえ、眉間の間隔が広く“はなれ目”気味という方も少なくないはず。そこで試してみてほしいのが、ナチュラルに“目頭を開く”アイラインテクです。

用意するコスメ


A:ダークブラウン リキッドアイライナー
B:パール入り ベージュカラー ペンシルアイライナー
の2色のアイライナー。メイク前に自分の眉間がどのくらい広くて、どのくらいカバーすれば黄金比に近づくのか、鏡をしっかり確認してから始めましょう。

※蒙古ひだのある方は、A:ダークブラウンのリキッドアイライナーを使用すると境目が目立って違和感が出てしまうので、ブラウンのウォータープルーフのペンシルライナーを使用してください

(1)Aで目頭にラインを入れる
《はなれ目》をカバーするアイメイク 美人な目元印象を作るポイント♡の2枚目の画像

いつものアイラインを描いたら正面を見つめ、筆が細くて涙でにじまない筆ペンタイプのアイライナーで、目頭の一番尖った部分から鼻の方向に水平に約1mmの長さで細くラインを描きます。両目の間隔がかなり広いと感じているならもう少し長く描いてもOK。なお、アイライナーの色は黒ではなくダークブラウンにすることでナチュラルな印象に仕上がります。

(2)いつものアイラインと(1)のラインをつなぐ
《はなれ目》をカバーするアイメイク 美人な目元印象を作るポイント♡の3枚目の画像

目を少し伏せた状態で、いつものアイラインと目頭に延長して描いた1mmのラインをAでつなぎます。反対の手の指で肌を引っ張って目頭の周りを平たくすると描きやすいです。

(3)Aで目頭をうめる
《はなれ目》をカバーするアイメイク 美人な目元印象を作るポイント♡の4枚目の画像

反対の手の人差し指で目頭を引っ張るり、見えなかった目頭を露出させ、この部分もAで埋めます。ただし、眼球の近くにはあまり描かないように注意してください。

(4) Bで目頭を「く」の字に塞いて出来上がり
《はなれ目》をカバーするアイメイク 美人な目元印象を作るポイント♡の5枚目の画像

正面を見て目頭をBで厚さ約3mmくらいで塞ぐように塗ります。(1)で描いたラインの色が30%くらいの濃度で見えるように重ねるのが、とても自然な仕上がげるコツです。

完成したのが下写真。右目は目頭切開ラインを入れて、左目は入れてない状態です。はっきりと差が感じられますね?!
《はなれ目》をカバーするアイメイク 美人な目元印象を作るポイント♡の6枚目の画像

なお、全体のメイクの印象をよりナチュラルに仕上げたい場合は(4)の工程を省略してください。

この一手間で美人な目元が叶うだけでなく、顔がキュッと引き締まって立体的になります。また、鼻筋にシェーディングとハイライトを入れて鼻筋に立体感をプラスして、より眉間の間隔が狭く見せるのもオススメ。なお、時間がないときや、目頭にラインを入れることに抵抗がある人は(3)の工程だけでも印象が変わるので、試してみてくださいね。

<text: kanacasper(カナキャスパ)>

関連記事

今、あなたにオススメ