横っ腹の引き締めに◎ じっくりお腹をねじるだけ【くびれウエスト】を作る簡単習慣

意識を向けて運動しないと強化できない横っ腹は一度贅肉がついてしまうとなかなか落としづらいパーツの1つ。さらに筋肉が固まってしまうと代謝も下がってしまい、より贅肉がつきやすい悪循環に陥る結果になってしまいます。そこで習慣に採り入れのが、お腹をねじるヨガの簡単ポーズ【アルダ・マッチェンドラ・アーサナ】です。




目次 [開く]

【アルダ・マッチェンドラ・アーサナ】


じっくりとお腹を中心に上半身をねじることで脇腹やお腹周りを引き締め、柔軟性を高めるポーズです。腰の痛みを緩和する効果も期待できますし、背骨周りの筋肉や体幹などの強化にもつながります。



(1)床に体育座りして、背筋を真っ直ぐ立てる


横っ腹の引き締めに◎ じっくりお腹をねじるだけ【くびれウエスト】を作る簡単習慣の2枚目の画像



(2)左脚を外側に倒し、倒した脚をそのまま右脚の隙間に通してかかとをお尻の横につける


横っ腹の引き締めに◎ じっくりお腹をねじるだけ【くびれウエスト】を作る簡単習慣の3枚目の画像



(3)右手を体の後方につき、左ひじを曲げて立てているひざの外側に添える


横っ腹の引き締めに◎ じっくりお腹をねじるだけ【くびれウエスト】を作る簡単習慣の4枚目の画像



(4)背筋を真っ直ぐにキープしたまま上半身を右側へねじっていき、ねじりきったところで3呼吸(約30秒間)キープする


横っ腹の引き締めに◎ じっくりお腹をねじるだけ【くびれウエスト】を作る簡単習慣の5枚目の画像

▲ひじでひざを押してサポートしつつ真後ろを向くイメージです



反対側も同様に行います。なお、腰の位置が下に落ちて背筋が丸まってしまった状態はNG(下写真)。期待する効果をきちんと得ることができません。


横っ腹の引き締めに◎ じっくりお腹をねじるだけ【くびれウエスト】を作る簡単習慣の6枚目の画像


実践時は「背筋をまっすぐキープすること」を心がけ、腰の位置が下に落ちないように心がけましょう。



このポーズを習慣的に実践していくことでお腹周りの柔軟性も増していき、血行促進によるダイエット効果も期待できます。程良く引き締まった“くびれウエスト”をキープしていくためにも、ぜひ習慣化していきましょうね。<photo:カトウキギ ヨガ監修:(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴3年)>

関連記事

今、あなたにオススメ