腕を大きく旋回させるだけ。上半身を引き締めつつ【小顔美人】に導く簡単習慣

「なんとなく首が太く短くなったような…」と感じている方は少なくないと思います。それは首肩周りの疲労感やむくみが原因の1つ。そんな“首太り”の状態がクセ付いてしまうと実際よりも大顔な印象にも映ってしまいます。そこで習慣に採り入れたいのが、腕を大きく旋回させてデコルテ周りの筋肉の緊張をほぐすピラティスの簡単エクササイズ【チェスト&ソラシックストレッチ】です。




目次 [開く]

【チェスト&ソラシックストレッチ】


デコルテ周りの筋肉がほぐすことで自然と肩の位置が落ち、胸を開いたキレイな姿勢をキープしやすくなるので小顔感も強まります。


腕を大きく旋回させるだけ。上半身を引き締めつつ【小顔美人】に導く簡単習慣の2枚目の画像


(1)頭にタオルなどを敷いて高さを出して仰向けに寝そべる


(2)左脚を右脚に倒して、両腕を重ねる


(3)左腕を真上に上げる ※目線は指先を追ってください


(4)息を吸いながら左腕を真横に広げる ※目線と顔は指先を追ってください


(5)息を吐きながら、広げた左腕を斜め上に動かす ※目線と顔は指先を追ってください


(6)息を吸いながら、左腕を(4)の位置に戻す ※目線と顔は指先を追ってください


(7)息を吐きながら、左腕を(3)の位置に戻す ※目線と顔は指先を追ってください



この(4)~(7)の動きを3回繰り返し、その後体の向きを変えて反対腕も同様に3回繰り返し行います。なお、実践時に腕だけを動かして顔が動いていない状態(下写真)で行っても期待する効果を得られません。


腕を大きく旋回させるだけ。上半身を引き締めつつ【小顔美人】に導く簡単習慣の3枚目の画像


実践時は「目線と顔は動かす腕の指先を追うこと」を必ず心がけましょう。



ピラティスのエクササイズは“回数を多くこなすよりも呼吸と動きの質が重要”とされているので、回数を増やすのは呼吸と動きに慣れてきてからで十分です。最初は無理をせず目標回数を達成することから始めて、上半身の引き締めと小顔感のキープに役立ててくださいね。<photo:カトウキギ ピラティス監修:SHIERI(/インストラクター歴5年/トレーナー派遣アプリ認定コーチ)>

関連記事

今、あなたにオススメ