上半身デブ対策に◎ 痩せやすい体を作りつつ【二の腕サイズダウン】が叶う簡単習慣

「二の腕の太さやお肉の付き具合が気になる…」という方は少なくないと思います。実は、二の腕は血行不良が原因でむくみやすく、脚ほどに使わないために筋肉が落ちやすいパーツ。放っておくと、どんどん上半身デブの状態につながりかねません。そこで習慣に採り入れたい簡単エクササイズが【フレンチプレス】です。


そこで今回は二の腕のサイズダウンと共に“痩せやすい体作り”を叶えるべく、呼吸と動きの連動によって代謝を高める“ピラティスを採用した手順”をチェックしてみましょう。



目次 [開く]

【フレンチプレス】


用意するものは水を入れたペットボトルのみ。座りながら簡単にできます。なお、初心者の方はペットボトル内の水を少量にし、負荷を高めたい方は水の量を多くして実践しましょう。



(1)床にあぐらで座ってペットボトルを持った腕を上げてひじを後ろに曲げ、反対の手で曲げた腕のひじを抑える


▲ひじは耳よりもやや前が正しい位置です



(2)一旦息を吸ってお腹に力を入れ、息を吐きながら曲げていたひじを伸ばしてペットボトルを持ち上げ、息を吐き終わるまで持ち上げた状態をキープする


▲息を吐く際はお腹を絞るイメージです。息を吐き終わったら腕を(1)の位置に戻します



(1)、(2)を20回繰り返し、腕を変えて反対側も同様に実践します。なお、期待する効果をきちんと得るためには「常にお腹に力を入れて上半身を真っ直ぐにキープしたまま行うこと」、「必ず反対側の手で上げている方のひじを抑えておくこと」の2つがポイント。肩の位置が上がったり、ひじの位置が動いてしまったりがないように注意しましょう。



細さや引き締まり具合で上半身の見た目印象に大きく影響をあたえる二の腕。ぜひ習慣化して痩せる体作りと共に上半身デブとおさらばしてくださいね。<text:ピーリング麻里子 photo:カトウキギ ピラティス監修:KEI(/インストラクター歴3年)>

関連記事

今、あなたにオススメ