パーティーシーズン到来 持ち寄り品は、“生春巻き”で決まり!

これから年末に向けてクリスマス、忘年会、新年会、お正月、何かとパーティーが多くなる季節になりましたね。ホームーパーティーにお呼ばれされた時……何を持っていくか悩んでしまいますよね?
料理を仕事にしている私も、「何を持って行こうかなあ」といつも悩みます。そんな時にオススメする持ち寄り料理が生春巻きです。

生春巻きは片手で食べられるし、野菜たっぷりなのでホストの料理を邪魔する事なく、気軽なおつまみとして持ち寄りにぴったり。

いくつか、ポイントがあるのでご紹介します!

生春巻き同士がくっつかないように、レタスなどの葉野菜でひとつひとつを巻く


3等分に切った生春巻きは、普通に持って行くとどうしてもくっついてしまいます。グリーンリーフやサニーレタスなどの葉野菜で巻くと食べやすく、豪華に見えるのでオススメ!

つけだれが必要ないように、ソースを一緒に巻く


漬けだれを別添えで持っていくのは面倒だし、みんなで使うのはなんだかちょっと……ソースを一緒に巻いておけば、味付けもばっちり。オススメなのはテンメンジャンという中国の甘味噌です。
一緒に巻く肉などに塗って一緒に巻けば味付けもOK!

立たせて容器に詰めればそのままテーブルに出せて華やか!


今回のこの入れ物は、100円均一で買ったチープなせいろ。持ち寄り先で器を借りず、そのままテーブルに出せる容器は持ち寄りに最適。食べ終わったらそのまま捨てるか、また使ってもらえばエコ♪ 汚れないように、ワックスペーパーを敷いて詰めました。

当日は、この上にラップをかけ、保冷材と一緒に持って行きます。テーブルの上に出す前にラップを取れば華やかな持ち寄り料理に。

生春巻きのレシピ


生春巻きの作り方を簡単に説明します。3本を3等分して9つ分です。

 ・大根・人参・きゅうりは千切りにします
 ・豚しゃぶしゃぶ用肉は、お湯でさっと茹でてキッチンペーパーでよく水気を切ります
 ・グリーンリーフなどの葉野菜は沢山用意し、洗っておきます。お好みでパクチーを。本格的な味になります

 ・ライスペーパーはさっと水にくぐらせ、ふきんなどで水気を拭きます
 ・まな板の上に置き、レタスやパクチー、大根、人参、きゅうり、肉をのせ、肉の上にテンメンジャンを塗ります
 ・くるくる巻いて、3等分に切ります
 ・更にレタスで巻き、容器に詰めます。

ポイントはライスペーパー。すぐに柔らかくなるので、さっと水にくぐらせたらすぐに水気を拭きます。たっぷりお野菜を巻いて召し上がれ♪

これであなたも持ち寄り上手!
(はるひ)

関連記事