やってはいけない! 片思いをこじらす地雷メールって!?

突然ですが、今、片思い中やちょっと気になる男性がいるという方、何か具体的なアプローチってしてますか? 食事に誘う、電話をする、同じ職場なら声をかけるetc……色々な方法があると思いますが、一番心のハードルが低くアプローチできる方法といえば“メール”ですよね。

相手のシチュエーションをさほど気にせず自分の気持ちが伝えやすいのが、メールの嬉しいところ。ですが、あまりにも自分の感情が先走りすぎて、相手がドン引きなんて事も……。

現在発売中のananでは、『みんな悩んでる! 大人の片思い 叶える方法あります』と題し、片思いを成功させるための様々なメソッドやリアルデータ等、さまざまな角度から片思い脱却→恋愛成就へと導いてくれそうな記事が掲載されています。その中に“片思いされたことのある男子(思われ男子)”のホンネもずらり。今回は私が最も気になった、片思いがそのまま終わるNGメールを特集した記事をチラリとご紹介しましょう!

先走らない


例えば、メールに返事が来ないからといって、つい催促してしまい、「いま忙しい」と言われれば、「じゃあ、いつならヒマ?」と聞いてしまう。相手の感情を察することなくたたみかけてしまうと、男子は「もう無理……」と逃げたくなってしまうもの。客観的に考えればわかるけれど、切羽詰まった身としては、案外やってしまいがちなこの行動。自分の感情を押し付けないスタンスは、基本中の基本です……(自省)。

勘違いしない


思われ男子が困ったメールの中には、「ほんとは私のこと好きなんでしょ?」や「あたしたち、周りから見てると付き合ってると思われてるけど、そういう理解でいいんだよね?」といった“勘違い”な内容もあったとか。
思われぶりな男子にも問題あり? かもしれませんが、本当に付き合いたいなら、決めつけて質問するような言い方は避けた方が良さそう。もしどうしても聞きたい! という場合は「でしょ?」や「だよね?」の代わりに「かな?」を使った方がうんと可愛げがあって(←ここ大事)、やわらかい印象に。

思わせぶりはしない


直接告白するのは怖いけど想いだけは伝えたい、そんな気持ちからつい思わせぶりなメールを送りたくなりますが、意外と失敗に終わりがちなのがこのパターン。本誌で紹介されている具体的なメールは、「私があなたのこと好きだって言ったら……どうする?」。という内容。これでは単にからかわれているだけだと勘違いする男子が多いので注意、なのだそう。

確かに相手としては、本気で答えて、これが冗談だったらこっちが恥ずかしいわ! って思ってしまいそう(苦笑)。フツーに考えたらやらない……はずですが、酔っ払って1人で帰って、何だか切なくなって思わず送ってしまうなんてことも無きにしもあらず……。例え、酔っていても寂しくても頑張って気を確かに持ちましょう。

あふれる感情を全部出さない


いくら自分の感情が相手への“好き”の気持ちでいっぱいでも、相手の気持ちがわからないうちは、全部出してしまうのは禁物です。例えば、「ずっとずっとずっとずっとずーっと、あなたを見てました」というメール。アイドルの恋愛ソングの歌詞なら素敵なメロディがつけられそうですが、この文章だけストレートに受け取ってしまった男子としては、嬉しい気持ちよりも恐怖感が上回ることに。あふれる感情は小出しにしましょう。

さいごに


色々と地雷メールの例をご紹介してきましたが、改めて読んでみると納得な内容ばかり。でも、いざ恋愛モードにスイッチが入ると恋心が暴走、地雷を急ピッチで踏みに走ってしまうことがあるんですよね(涙)。
そんな恋愛自爆テロを未然に防ぐためにも、日頃からたとえどんな相手にも“1回のメールの話題はひとつに”、“お誘いや誕生日メールは短くさっぱりめに”、“決して決めつけたり責めるような文章は送らない”等を心がけて過ごすと良いかも知れません。

本誌では、メールを読んで、思わず「いいかも?」とグッと刺さった文面なども紹介されていました。来月はバレンタインデーも控えているので、片思いの方は告白のチャンスまで相手との関係を良好に保つためにも参考にしてみてくださいね。
(ミカマイコ)

公式サイト:マガジンワールド
anan(アンアン) 2013/01/23日号 マガジンハウスより発売中

この記事を書いたライター

ミカマイコ
主に女性誌で、美容・グルメ・旅行・ファッション・ブライダル等、幅広く担当。趣味はスパ巡り。バリ島やタイ、フランスやLAのスパもお気に入り

関連記事

今、あなたにオススメ