男だってメールの返信速度は気になる?「男のメール論」

「遅いっ」
「見てるはずなのに」
……相手からなかなかメールが来なくてイライラするのはなにも女性に限ったことではない。
男性だって女性からのメール頻度や返信速度は気になるものなのだ。よほど自分に自信がある場合は別だが……。
『こっちがメールしてもいつも返事が遅い』となればそっけなく感じ、自分がないがしろにされているような気になる。『なかなかレスポンスがない』となると心配になり気になって仕方ない。特にこれから落とそうと思っている相手やイケそうじゃないか?と思っている場合は尚更イライラは募る。

今回、男達のメール論を聞いてみた。

証言1:
やはり返信のレスポンスが早いほど、自分に興味があるのだと判断しちゃいます。遅ければ、たいして関心を持たれていないなと凹みます。「これは脈がない、ってことなんだからもうこっちからメールするのやめるかな」「いやいや、たまたま忙しいだけかもしれない。よし!もう一度メールしてみよう」などとアレコレ想像したり考えてしまう。
気になる女子のメールにはいつもハラハラ、イライラしてる。デンと構えられない自分が情けない。休憩時間や就業時間終わってメール確認するときはいつもドキドキですね。

証言2:
気になる人にメールを送った直後、携帯に“新着メール有り”と表示されると嬉しくて飛びついてしまいます。しかしそれが迷惑メールとかメールマガジンでガッカリするパターンのが多い!! つい「なんでやねん」と口走っている時もあります。

証言3:
男は絵文字が多いほど、もしかして自分に気があるのか?と思ってしまうものなんです。単純ですがハートマークとかついてきたらもうウキウキ(笑)。以前、桃子さんのコラム記事で、「女子は好きな人にメールを送る時、一字一句すごく考えて内容を吟味してから送信するもの」と書いてましたよね? しかし、男には女子が普通に送ってくるメールと好意を織り込んで送ってくるメールの違いがよくわからないかも……。
だから単に絵文字の使いどころや頻度でしか判断できない。でも大体、女子は男が思ってるほどメールの絵文字などに想いを込めてはいないらしいですね。絵文字はただのお飾りなんですよね。

証言4:
若い頃はメールを送ったらすぐに返すのが当然だと思っていましたが、歳を重ねるに連れて人には色々な事情があるのだと認められるようになりましたね。
それでもやはり気になってる相手には直ぐに返してほしい。しかし返ってこないと相手に対してなんか気にさわるような内容を書いちゃったのか? 言い方がいけなかったのか? と何度も読み直しちゃいますね(笑)。あまり長い文章だと相手も面倒かと思い、軽い質問形式の文章にしたりして、女性が返信しやすいように配慮はしているんですが……。文章でのコミュニケーションって誤解を招きかねないので慎重になります。馴れ馴れしすぎてもいけないし、固すぎても引かれるだろうし、難しいところです。

証言5:
本当はメールじゃなく電話したいとこなんです。でも相手の状況とか仕事や生活のリズムなど考えるとやはりメールなんですよね。電話であれば声のトーンや口調なんかで、ある程度感触が掴めて勘違いも少ないんでしょうけど……。
裏を返せば、メールやSNSのメッセージ機能は、表情が分からないがゆえに、微妙な行き違いがありますよね。冗談で言ったつもりのことを、まともに取られちゃったり。……だから自分はメールでは何度も失敗してます。

証言6:
FacebookやLINEのメッセージって、相手が読んだか分かるじゃないですか。あれで、既読なのに返事が来ないのは不安ですね。読んだのにかかわらず返信がないって、「俺って嫌われてんのかな?」と心配になる。
実は僕はfacebookやブログなどの投稿記事の多くは、特定の人、つまり気になる人に向けて発信していることが多い(笑)。その人を思い浮かべながら、その人の気を引きたくて投稿してるのに、肝心の“その人”から「コメント」どころか「いいね」すらしてもらえないときは悲しくなりますね。

証言7:
女性からのメール? 返信? めちゃめちゃ気になりますよ!
人それそれだとは思いますが、昔から男友達ともそういう話題は出てきていたので、これは僕だけではないです! 今まさに、そんな状況です。前からいいなと思っていた子がいて、向こうから連絡が来ることもあるのですが、すぐに返信来ることもあれば、何日もかかって返信来たり、来なかったりとかなりイレギュラーで、まったく読めません。

この前初めて二人で飲みに行きかなり盛り上がって次に飲みに行く約束もして、「これはもう確実に脈ありだろう……」と思っていたのですが、向こうのスケジュールが合わずまだ会えていません。“次の週でどこか飲みに行ける日ある?”というような内容をメールで送って、まだかまだかとイライラしながら返事を待ってましたが、返信来たのが5日後!! しかも「その週は申し訳ないけど難しいです」……という内容でした。
「だったらすぐ返事を返してくれよ」って感じでした(泣笑)
完全に振り回されています。

……ということで、メール一本で“一喜一憂”するのは男性も同じ。メールの返事が遅くてイライラが募り、焦燥感に陥る。または相手に失望したり諦めてしまったり……ということは少なからず誰にでもあるようだ。返事がないとやはり無視されているような気がして耐え難くなる。
いつでもどこでも連絡がとれるし、簡単に送りつけられるこの便利さゆえに「メール届いてるでしょ!」と相手を責めたくなったり「見てるくせに」という怒りがわく。

このメールの返信速度のせいで“そのまま恋がおわる”ということがイマドキの恋愛事情なのかもしれない。メールだからこそいつまでも待てない法則!今は人と繋がるも切るのも早い、デジタル時代なのだ……。(神崎桃子)

この記事を書いたライター

神崎桃子
「恋のことならなんでもお任せ!」恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト/神崎桃子 「恋が続かない」「いい人止まり」「本命になれない」「男運が悪い」「ダメ男を切れない」「気になる彼を振り向かせたい」「男の人の気持ちが知りたい!」 さまざまな恋の悩みに効く恋愛テクニックをお届け!!

関連記事

今、あなたにオススメ