歳を重ねるにつれ浮上する「合コンのメンバー集め」のお悩み

現在30代の筆者には、「前は得意だったのに、最近になって難しくなってきた事柄」があります。それが合コンのメンバー集めです。20代の頃は、ひと声かければ定員オーバーになるくらい集められていたのですが、30歳を迎えた頃から徐々に「ごめん!」と辞退される機会が増えてきました。皆さんの中にも、「そういえば最近、合コンの人数集めが困難になってきたかも」と感じている人が少なくないかと思います。

合コンのメンバー集めが困難になったただ一つの理由とは!?


いったいなぜ、合コンの人数集めが難しくなってきたのでしょうか? 答えはごく単純で、「女友達が結婚を済ませたから」、このひと言に尽きるでしょう。結婚までいかなくても、安定した関係性の彼氏がいるという女友達も増え、フリーの子は数えるほど。そのため、男友達から「合コンやろうぜ!」と促されるたび頭を悩まされることになります。この悩みは、年齢を重ねるごとに深刻化していくでしょう。

女友達からの誘いは断らない!


悩んでいても前には進まないので、打開策を考えたいと思います。

まずは、大・大・大前提として、自分が女友達から誘いを受けた場合は、極力顔を出すようにしましょう。「男性側のプロフィールに惹かれない」など気乗りがしない理由があったとしても参加するべきだと筆者は考えます。

その合コンは、出会いを求めるためのものではなく、自分がメンバー集めをしなければならないシーンで女友達に来てもらうための「営業活動」の場と割り切りましょう。ちょっといやらしい言い方かもしれませんが、女友達に恩を売っておくのです。彼女とて、合コンのメンバー集めには苦労しているはず。顔を出した恩は、必ずや後になって返ってくるでしょう。友達ですもの。

友達の友達はみな友達だ!?


皆さんの中には、ご自身の直接の友達が、全員既婚者もしくは彼氏持ちという状況の人もいらっしゃるでしょう。しかし、そこで諦めるのは早いのです。既婚者もしくは彼氏持ちの女友達の女友達にフリーの女性がいるかもしれません。あなたとは直接のお友達ではないかもしれませんが、その女性を呼ぶという選択肢もアリです。

筆者にも経験があるのですが、参加予定だった女友達がトントン拍子で元カレと復縁し、彼女が「代理に……」と自分の女友達を来させてくれたことがありました。「女性同士が初対面で大丈夫かな?」と思うかもしれませんが、意外と平気でしたよ。既婚者もしくは彼氏持ちの女友達に、「来てもらえるフリーの子いないかな?」と持ちかけてみてはいかがでしょうか? 「呼んでくれてありがとう!」と感謝されることだってあるんですよ。

SNSでメンバー集め


最終奥義です。FacebookやTwitterなどSNS上でメンバーを募るという手もあります。インターネットでの出会いに抵抗がある人もいるかと思いますが、女性同士なのですから、さほど身構える必要はないでしょう。SNS上での絡みがそれなりにある相手なら、人間性もだいたい分かるはず。

筆者も何度かSNS経由で募った経験があるのですが、「こんなに可愛い子が来てくれて、男性陣に対して鼻が高いわ!」と感激したこともありました。もちろん、場のノリに合わずビミョーな空気になってしまった失敗談もありますが、それは既存の友達の場合でも起こりえますからね。

■まとめ
せっかくの合コンを、「メンバーが集まらなかったから」という理由で流してしまうのはもったいないですよね。貴重な出会いの場に辿り着くべく、できる限りの努力をしましょう。
(菊池美佳子)

この記事を書いたライター

菊池美佳子
1977年3月17日生まれ。岩手県盛岡市出身。21歳~29歳まで、舞台女優のかたわら、様々なナイトワークを体験。29歳で引退後、コラムニストに転身

関連記事

今、あなたにオススメ