デート中の男女のスマホ利用への本音〜○○だけは止めてほしい!?〜

レストランや電車などで、カップルの片方または両方が、黙ってスマホを触っている……という光景をよく目にする昨今。お互い好きなように静かに暇をつぶせる、という良さもあるのでしょうが、こうした「デート中のスマホ利用」には、男女ともそれぞれに思うことがあるようです。

女性はデート中、特に「ゲーム」をされるのが嫌!?


先月行われた「スマートフォン利用における実態調査」(株式会社マッシュメディア実施、10-50代のスマートフォンユーザー男女500名対象)によれば、食事デート中の相手のスマートフォン利用について、女性の約68%、男性の約56%が「気にかかる」と回答。食事デート中の恋人のスマホ利用は、女性のほうがより気にしていることがわかりました。

では、具体的にスマホで何をしていたら気になるのか。大きな差が出たのは、「ゲームアプリの利用」。この項目は女性ではダントツトップで約78%、男性では約47%が気になると回答しています。ゲームは今すぐしなくてはならない、というものではないので、「何もデート中にやらなくてもいいのでは?」「せっかく一緒にいるのに、ゲームより私と話してほしい」といった気持ちになるのかもしれませんね。

一方、男性で最も多かったのは、「メールやメッセンジャーアプリのチェック・返信」、「SNSのチェック・投稿」(どちらも約53%)。2人に1人の男性は気にしているようなので、女性陣もご注意を。しかしながら、これらの項目でも数字としては女性のほうが多く、60%超が気になると回答しています。「電話応答(女性約50%、男性約41%)」も含めれば、「他者との連絡」にまつわる項目すべてで女性のほうが気にしている人が多い、という結果に。個人差はあると思いますが、恋人が別の誰かと連絡をとっていると、女性は特に「私より優先させたい相手なのかな……」などと敏感に感じやすい傾向はあるのかも!? 好きな相手だからこそ気になる、というところだと思いますが、皆さんはいかがですか?

男性は、女性が「料理の写真を撮る」のが嫌!?


多くの項目で女性の回答割合が上回っていましたが、一部、逆転している項目もありました。それは「料理の撮影」と「気になったことをその場で検索」という2項目。特に「料理の撮影」は女性約14%に対し、男性が約25%という結果です。見た目のきれいな料理が出てくると、カメラに撮りたくなる、という女性は多いでしょうが、どうやらその行動をあまり快く思わない男性もいる様子。初デートなどでは控えたほうが賢明かもしれません。

続いて、「気になったことをその場で検索」されるとなぜ不快なのか、周囲の男性に尋ねてみると、「別に今、調べなくていいことだと思うから」という意見がありました。女性が男性のゲーム利用に対して思うことと似ていますね!  確かに、デート中に今すぐ調べなくてはならない重要なことは、そうたくさんはないかも!?  「デートのお店は俺に『調べて』と言いながら、彼女は芸能人の名前や占いサイトを見ていてけんかになったことがある(笑)」なんて実際のエピソードも聞かれました。

女性は「非言語コミュニケーション」を感じ取りやすい!?


先日、某番組にて、ブロガーのはあちゅうさんが日本思想研究家の先崎彰浩さんに対し、「登壇中とはいえ、私と会話しているときでも絶対こっちを向かない」と指摘したところ、「それは『私を見て』という意味ですか?」と先崎さんが切り返す場面がありました。

男女の違いとして象徴的だなと感じたのですが、私たちは普段、表情やしぐさ、動作、声の大小など、言葉以外の「非言語コミュニケーション」も無意識にたくさん行っています。そして女性は、男性よりもこれらの表現を重視する傾向があり、相手の“様子”も注意深く見ていると言われています。つまりデート中、会話をしていても視線はスマホに向いていたら、「私とちゃんとコミュニケーションしてくれない!」といった感覚を女性は抱きやすいのかも!? ということですね。彼女が知らず知らずのうちに不機嫌になってしまったときには、そんな原因も考えてみるといいかもしれません。

いずれにせよ、男女ともデート中にスマホを触るときは、「仕事相手に返事するから」「道順を調べるね」など一言伝えてあげると、相手も安心しやすいかも。「一緒にいても楽しくない」と思われてしまわないよう、デート中のスマホ利用は上手にしていきたいものですね。
(外山ゆひら)

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ