「なんだこいつ!」「失礼なヤツだな」と思った瞬間~女性編

「あんたに言われたかないわ~」「それって、けんか売ってるの?」
他人からの失礼な発言や余計な一言で、悔しい思いをした経験が誰にでもあるはず。女友達と温泉旅行して、大浴場に入ったら「化粧うまいんだね~」と言われたとか、「化粧していないから誰だかわかんなかった!」など、よく言われる語り草。

今回、女性たちはどんな発言に腹を立てるのかリサーチしてみた。失礼極まりない一言、しゃくに障るひとこととは?

●遠まわしにやっかんでいる女編

・「無駄に人の恋愛を分析してアドバイスくれる人。失礼ですよね。ちょっとしか会ったことがないのに『あなたにはこんな人が合ってるよ。次はそういう人に出会えるように頑張ろうね!』って、別に彼氏に振られた訳でもないし、相談もしてないのに勝手に励まさないでって、カチンと来ます。しかもそういう人に限ってリアルで彼氏がいそうにもないし、幸せそうにもみえないんですよね」

・「友人が何かにつけてメールや電話で『彼とはどうした?』『うまくいってる?』と必ず言ってくる。あまりにしつこいので暗に『別れた』という答えを期待して毎回聞いてくるのかと不信感を抱いていた。その彼女に先日久しぶりに会った際、こっちは別に今の彼氏への不満や悩みをぶつけちゃいないのに『私は前の彼氏の方が絶対いいと思う!』とキッパリ断言された。その私の元カレと彼女は飲み会で一度しか会ったことないのに……(笑)。ましてもう数年前も昔の彼氏を持ち出されても困るんだけど。彼女は決して元カレとの復縁を願ってるのではなく、ただ単に今の彼氏との別れを期待しているだけってことが確信できた一言でした」

●「わたしはお客なのに……」編

・「エステサロンで巨体のスタッフ(しかも店長)に、『あなたこのままじゃだめですよ』『もっと頑張りましょう』って言われたことがある(笑)。痩せるのは私でなくあなたじゃないの?」

・「最近あったムッとしたこと、初めて行った美容室で『暑いので短くしたいんです』と言ったら……『僕がセットすればどんな髪型でもキレイにまとまりますが、あなたの腕では無理ですよ』と言われたんです! 客をけなしてどうする? 他に言いようがないのか?」

・「ボディのエステにいったら施術中に何かにつけて『だから太るんです』という店員さんがいました。『仕事が不規則なんですね、それ太りますよ』『運動不足ですね、太る原因ですね』。あのう、私は……痩身コースに来てる訳でもないし、痩せたいとも言ってませんが……」

●彼氏に言われた編

・「毎回彼に言われる余計な一言。『金がない』……でも自分が遊ぶお金はある」

・「『特に報告することがなかったので……』これは3日間連絡がなかった彼氏に、こっちから連絡した時に返って来た、しゃくに障ったメールの一言です」

●おばさんの余計なひと言

・「バレンタイン当日のお昼休み、パートのおばさん軍団5、6人が男性社員にチョコを配りあるいていました。男性だけに配ってるのかなぁと思っていたら、女性社員の私もいただいちゃって……。
『私、男性じゃないのにお気遣いありがとうございます』とパート軍団のボスにお礼を言ったら『余っただけだから』とひとこと言われました。それまでパートのおばさん軍団が“なんとな~く苦手”だったのが“大嫌い!”へと、みごとに格下げされました」

・「給与もあがり出世した私は売り上げ向上のため、地方の営業所に転勤になりました。そこでパートのおばちゃん達にあいさつしたら『仕事ができなくて、こんなとこまで飛ばされたのとちがう?』と言われました」

・「観光スポットの某展望台で制服を着て働いている私。年配者やおばさんたちは天気が悪いと景色が悪いことに腹を立てて私に罵声を浴びせる。『富士山みえないじゃないか!』『金返せ!』客だからってなにいってもいいのか?」

●とにかく失礼な男編

・「イベントとかバーベキュー大会とかでみんなで写真撮ってワイワイしてるときに、お友達の一人が『○○君と2人で写真撮ってあげるよ~』って気を利かせてカメラを向けたら『キミとのツーショットはいいや』とか『遠慮しとくわ』などと言ってその場を去る男。『え? 何この人??』みたいな……。で、後日フェイスブックの投稿写真を見たら、他の女子とは2人で写ってた(笑)」

・「親しくもないのにいきなり呼び捨て!」

・「会社の男性に、飲み会でいつもキレイな娘や若い女子社員の側にばかり行ってる人がいる。その人が二次会の時、キレイな子の隣にあぶれてしまい私の隣に……。当たり障りのない話をしばらくしてたら突然、私の肩を抱いて耳元で『キミって、よく見るとかわいいんだね』とささやいた。その時は酔っていて頭が働かず間違って『どうもありがとう』なんて言ってしまったが……よくよく考えると『よく見ると』って一言、相当失礼じゃない? よく見なくてもかわいいわ!(笑)」

・「入社して研修が終わった後、本社ではなく地方の支社に配属されてしまった私……。入った居酒屋でナンパしてきた男に、出身地を聞かれたので正直に答えたら、私を“田舎もん”だと勝手に決めつけていたらしく『都会人だからって、何がえらいんだよ! なめんなよ!!』と言われた……。酔っていた私は口答えして大げんかに。もう二度とその居酒屋にはいけません」

●親戚、身内編

・「自分の結婚式に、旦那のおば夫婦がきたんだけど、なんと2人でお祝儀が1万円! 私はそのことをずーーっと忘れられなかった。だけど、先日、親戚の集まりで会った時に『今日会うの、はじめてよね?』の一言。すごいムカついた!」

・「旦那に何かにつけて『なんでお袋みたいに出来ないんだ』って言われ、結婚したことを後悔している」

・「最近14歳の娘に背を抜かされたのですが、『あれ? いつのまにかお母さんがあたしより小さくなってる~』と言いつつ見比べてるのは背じゃなくて胸!! いつのまにか私より大きくなっておりました、娘の胸……。衝撃的な一言でした」

●体形、美容、見た目編

・「痩せてる女友達にスカートをもらったんです。それを知った他の友達が『あの人のサイズが入るなんて細いんだねー!』と私に言ったことに対して、スカートをくれた友達が横からわざわざ入ってきて、『私には大きかったんだ』って言われた。『それ、どう言う意味?』って突っ込みたくなりました」

・「女友達に数年ぶりにあっていきなり『太ったね』で始まる子」

・「『○○ちゃんは顔が派手だから目立つんだよ』『背が高いから目立つんだよ』ってもっとおとなしくしてろ!と言いたいのか? もっと地味に生きろ!といいたいのか? 身長はあるし顔のパーツがくっきりはっきりしている私……でも生まれつきだから仕方ない。目立ちたい訳じゃない」

・「私の知り合いは、初対面の仕事関係者に『妊娠中なんですか?』って聞かれてショック受けてました」

・「スポーツクラブでよく一緒になる女性に年齢を聞かれて正直に言ったら『え? 私より下なんだ!!』と異常にビックリされた。しかもそう若く見えない相手に!!……いったい私をいくつだと思ってたんだ」

・「最近一番腹立ったのが、仕事の打ち上げで20代の女の子の隣にたまたま座ったら、同じテーブルで目の前にいた自分と同年代のアラフォー女子に『肌が全然違う! ぎゃはははは~』と言われたこと!『じゃ、お前が隣に座れよ!』と思った……」

●最後に......
生きていれば腹の立つことはたくさんある(笑)。今回のリサーチで女性達がなんといってもしゃくに障ることとは“自分のことを棚に上げて人の体形や見た目を指摘すること”である。女性にとってそれだけは「あんたに言われたくない」のである。また、見た目や印象というのは真実とは異なることも多い。相手の年齢や体重が自分の想像していたのと違うと悔しいのか、そもそも自分の方が若いと勝手に決めつけ勘違いしていたことに責任があるのにも関わらず、相手に要らぬひと言を浴びせてしまう傾向がある。

口は災いのもと。うっかり口を滑らさせて「失礼なヤツ」というレッテルを貼られないよう気を付けよう。
(神崎桃子)

この記事を書いたライター

神崎桃子
「恋のことならなんでもお任せ!」恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト/神崎桃子 「恋が続かない」「いい人止まり」「本命になれない」「男運が悪い」「ダメ男を切れない」「気になる彼を振り向かせたい」「男の人の気持ちが知りたい!」 さまざまな恋の悩みに効く恋愛テクニックをお届け!!

関連記事

今、あなたにオススメ