マイナス思考で卑屈! こじらせ女子の特徴と脱出法を知りたい

マンガやドラマのテーマにも使われるようになった「こじらせる」という言葉。あなたの周りにも、こじらせている人が一人や二人はいるのではないでしょうか。もしかして、自分自身がこじらせの可能性も……! あまりポジティブに使われることのないので、できればこじらせは避けないもの。

最新の「こじらせ女子の生活実態に関する調査」
最新の「こじらせ女子の生活実態に関する調査」


そこで今回は、こじらせる系女子の特徴とその脱却法を紹介します♡

「こじらせる」ってどういう意味? こじらせ女子の特徴

「こじらせる」という言葉を一度は聞いたことないでしょうか。自分に自信がなく、自己肯定感の低い人のことを指します。男女関係なくこじらせている人はいますが、今回は、「こじらせ女子」の特徴を紹介します。

「こじらせ女子」とは、甘えたり可愛らしい仕草などができない女性のことです。恋愛に奥手で、積極的にアプローチできないのも特徴のひとつ。私のことかも!と思い当たる人もいるのでは? こじらせ女子の特徴を紹介します。

「こじらせ女子」に見られがちな特徴
「こじらせ女子」に見られがちな特徴


こじらせ女子の特徴1. 褒められても素直に喜べない

こじらせ女子は、周りの人に「かわいい」「モテそう」と褒められても、真に受けられません。なぜなら、他人からのプラスの評価を素直に受け取れないからです。これは、仕事でも恋愛でも同じ。

もちろん、褒められて嫌な気持ちになっているわけではありません。しかし、どれだけいいことを言われても、どうせ私なんか……と否定的に捉えてしまいます。

こじらせ女子の特徴2. ダラダラと曖昧な関係を続けてしまいがち

好きな人がいても、自分からアプローチをできないのがこじらせ女子。たとえ、男性と酔った勢いや相手からの猛アプローチで体だけの関係になってしまったとしても、自分から関係を断とうとはしません。なぜなら、やはり自分に自信がないから。

流されるまま、自分の本音を言えず、ダラダラと曖昧な関係を続けてしまいがちです。

こじらせ女子の特徴3. ついお酒の力に頼ってしまう

お酒は、付き合いや気分転換、単に「好きだから」という理由で飲む人が多いでしょう。お酒を楽しむ分にはまったく問題ありませんが、酒癖が悪いのは困りもの。こじらせ女子は、その傾向が顕著。コミュニケーションが下手なため、お酒の力に頼り、羽目を外してしまいがちなのです。

お酒の失敗は、仕事にも恋愛にもマイナスな影響を与える場合が多いので、ほどほどにしておきましょう。

こじらせ女子の特徴4. 叶わない相手に恋をしている

こじらせ女子は恋愛に対して憧れを抱いている人が多いので、求めている理想は高め。だから、たとえ自分には叶わない相手だと分かっていても、なかなか気持ちを断ち切れません。

もし、相手に彼女がいたり、奥さんがいたりすると、こじらせ具合はさらにアップ。二番目の彼女や愛人になって、辛い関係になってしまうこともあります。

こじらせ女子の特徴5. 常にマイナス思考で失敗を重ねてしまう

自分に自信がなく、自己肯定感も低いこじらせ女子。基本的にマイナス思考のため、上手に立ち回ることができません。その結果、仕事や恋愛で失敗してしまうことも多々。どんなことが起きてもマイナスに捉えてしまうため、うまくいかず、さらに失敗を重ねる……そんな負のスパイラルに陥ってしまうのです。

マイナス思考がこじらせ女子の最大の欠点といっても過言ではありません。

こじらせ女子の特徴6. 恋愛に依存している

こじらせ女子は恋愛に依存する傾向があります。そのため、彼氏と別れて、すぐに新しい恋人と付き合うことも、珍しくありません。自分に自信がないため、恋愛で自己肯定感を満たしているのです。

しかし恋愛に依存してしまうと、相手本位になってしまうので、振り回されてばかり。幸せな状況とは言えません。

こじらせ女子の特徴7. 過去に対する執着心が強い

元カレや昔好きだった人への執着心が強いこじらせ女子も。関係がうまくいっていたときの満たされていた感情が忘れられないため、未練が残っているのです。なかには、相手のTwitterやInstagramをチェックし、ネットストーキングする人も。

こじらせ女子は、過去は過去、今は今と吹っ切れる気持ちがないと、この先も恋愛は苦労していくでしょう。

こじらせ女子の特徴8. 浮気されることが多い

疑い深く、他人を簡単に信用できないこじらせ女子は、実は束縛も厳しめ。彼氏がいつ・どこで・何をしているのか常に知って、安心したいと思っています。しかし、たいていの男性は束縛を嫌うもの。

束縛しすぎると、彼も嫌気がさして、浮気に走ってしまうことも少なくありません。

こじらせ女子の特徴9. 「どうせ私なんて」が口癖

美人だったり、仕事ができたりしても、コンプレックスに包まれているのが、こじらせている女子。たとえ周りから「かわいい」「素敵」と褒められても、ネガティブな思考のため、素直に受け取れません。だから、「どうせ私なんて」と否定的な言葉が口癖。

他人からの評価を嫌がるため、褒められれば褒められるほど、自分の殻に閉じこもってしまいます。

こじらせ女子の特徴10. 自分に自信がない

こじらせる一番の要因は、自分に自信がないこと。小さいころのトラウマや他人からのささいな一言などを引きずって、自己評価がとても低いんです。

自信がないから、気になる彼にアプローチをされても、真に受けることができません。そのため、恋が成就せず、また自信をなくす……という負の連鎖にハマってしまいます。

こじらせ女子が恋愛をうまく進めるためのポイント

自分に自信を持ち、他人からの評価を素直に喜ぶ、ということができればすぐにこじらせ女子からすぐに脱却できます。とはいうものの、そう簡単に人は変わらないもの。

けれど、こじらせたままでいたら、恋愛も結婚も出世も遠のいてしまいます。少しずつ改善するには、どのような対処法があるのでしょうか。まとめてみました♡

こじらせ女子から脱却する方法1. 周りからの意見を聞く

周りからの意見をまっすぐ受け入れられないのがこじらせ女子の特徴。ということでまずは、そのスタンスを変えてみましょう!

社交辞令や軽いノリで言われたことでも構いません。素直に受け止める癖をつけてみてください。ポジティブな意見を取り入れられたら、自分の自信につながります。

こじらせ女子から脱却する方法2. こじらせているという自覚を持つ

そもそも、自分がこじらせ女子だという自覚がない人もいるのでは。周りの人から「かわいい」「きれい」「優しい」「仕事ができる」など、肯定的な言葉で褒められたとき、まっすぐに受け入れられなかったら、こじらせ女子の可能性があります!

自分がこじらせ女子だと理解すれば、脱却するための対処をすることができるので、まずは自覚を持つことが大切です。

こじらせ女子から脱却する方法3. なんでもネガティブに捉えない

なんでもネガティブに捉えていたら、良い循環は生まれません。ネガティブな出来事の中にも、ポジティブな要素は必ずあります。ポジティブな面に目を向けて、前向きに捉えてみてください。

無理やりプラス思考になる必要はありませんが、あまりにも後ろ向きな考え方だと、他人からの評価もなかなか上がりません。

こじらせ女子から脱却する方法4. 都合のいい女にならない

こじらせ女子をすぐに卒業するには、ダメな恋愛に終止符を打つこと。都合のいい女になっていたら、いつまでもこじらせたまま。

男性は都合のいい女を簡単に切ろうとしません。だから、女性側から勇気を持って彼から離れる必要があります。自分自身ために、よくない恋愛から脱却しましょう。

こじらせ女子から脱却する方法5. 今までの恋愛を振り返って改善する

やみくもにこじらせを脱却しようとしても難しいもの。過去の恋愛を振り返り、なぜ自分がこじらせてしまっているのかを分析してみましょう。原因が分かったら、そうならないためにはどうすればよかったのかを考えてください。

勉強と同じように、失敗から学べることはたくさんあります。過去のレンライを振り返って、改善するヒントを見つけてみてください♡

こじらせ女子から脱却する方法6. 愛情深い男性を探す

恋愛の傷は、恋愛で癒してもらいましょう♡ しかし、相手はしっかり選んでください! 都合のいい女として扱ったり、コンプレックスを刺激するような男性は避けましょう。場合によっては、さらにこじらせてしまう可能性もありま

す。 これ以上こじらせないよう、愛情深い男性と恋に落ちるのが正解です♡

こじらせ女子から卒業しよう!

こじらせ女子から卒業できるかどうかは自分次第! 大切なのは自分に自信を持つこと。こじらせを脱却して、仕事も恋愛も順調にいくよう祈っています♡

女子力の正しい高め方。今すぐあなたのオス化を止めてモテ人生をGETする!

いつも綺麗な人に憧れてる女子へ。雰囲気美人のつくり方とメイク術まとめ♡

愛され偏差値を上げる方法。顔に自信がなくても可愛くなるには?

【写真はすべて許諾を得てご紹介しています】

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ