何を“ウリ"にすべき?! 男性にウケる自己アピールとは

自己アピール、それはいわゆる自分の「ウリ」を、知ってもらうこと。でも内容や言いかたによっては、単なる自慢と受けとられてしまう場合も! さらに相手は異性です。あなたは魅力を伝えたつもりでも、相手にはピンときていない……なんてこともあるはず。それでは、どんなアピールが男性の心をつかむのでしょう?

■やっぱり料理

男性にとって料理ができる女性は、もっとも魅力的に感じます。自分のために作られた、心のこもった料理。それだけで男性は癒やされ、また心身ともに満たされるのです。ですからあなたが料理じょうずなら、どんどんアピールして構いません。男性の好みに合わせて豪華な本格的な料理から素朴な家庭料理まで、臨機応変に得意料理のラインアップをチェンジ。フレキシブルにアピールしましょう!

ただし専門用語をやたら使うことや、レストランで修行した苦労話などは必要ありません。難しい話よりも、おいしい料理でおなかを満たしてくれるか、がポイント。相手の好みを聞いて、まずは手料理を食べてもらうのが一番です!

■“安い”女

安いといっても、決して安っぽい女という意味ではありません。あまりお金がかからない私、というアピール。男性は女性を幸せにしたいと思うと、時間とお金をかけて努力をします。ところが高価なものをほしがる、ぜいたくが好きという女性では、幸せにするのも四苦八苦。自分の収入では賄えないと思えば、その女性に見切りをつけようと思うかもしれません。

しかも結婚を考えた場合、なおさら生活が関わってきます。だからお金のかからない私をアピールしましょう。高級レストランもいいけど居酒屋もOK、プレゼントは値段より、恋人が一生懸命選んでくれたものならなんでもうれしい、といったように。
ただし自分をおとしめてしまうのは、マイナスですよ。洋服はめったに新調しない、美容院にもあまり行かない……。これはお金をかけないのではなく、身だしなみに手を抜いているという、悪い印象を与えます。

もちろん、ウリになるのは上記だけではありません。笑顔がすてき、肌がキレイ……などなど。これらは口で伝えなくても、一見すればわかること。会話が苦手なら、こういうところからまずは研究してみましょう。アピールポイントがあるというだけで、恋人ゲットの確率は跳ね上がります。「自分には何もない……」と嘆く前に、もう一度見直してみましょう! あなたの表情やその習慣、実は男性がグッとくるポイントかもしれませんよ。
(鈴木ナナ)

この記事を書いたライター

鈴木ナナ
お酒と食べ歩き、人間観察が趣味のフリーライター。心理カウンセラーの資格を有し、夜な夜な面白い人を探しに街へ繰り出すのが趣味

関連記事

今、あなたにオススメ