オクトーバーフェストが楽しいのはなぜ?~人には人の価値がある~

ここ数年、オクトーバーフェストが日本でも人気になっています。これは、大きな公園や広場などで、ビールや食事を楽しむというドイツ発祥のイベント。いまでは春先から秋口にかけて、日本全国各地で開催されています。

お天気の日に、しかも屋外で、気の置けない仲間と楽しく過ごすことができるイベントということで人気となっている様子。ただ、屋外ということで熱さや日差しが気になりますし、正直少々値も張ります。
暑くても、紫外線を浴びても、値段が高くても、人々はどうしてオクトーバーフェストに行くのでしょうか。

その理由として僕は「太陽を浴びられる」という価値があるからではないかと考えています。太陽を浴びることができるから人々は集まっている、言い換えれば、太陽という価値に「値段」がついているという訳です。ビール代+太陽代と考えれば、価格設定にも納得がいくかもしれません。

「価値」というものは、人それぞれが意味付けをしていくものです。その人が「価値がある」と思うから価値が生まれるのであって、他の誰かが「価値がある」と決めるものではありません(この考え方は、ある物事に意味があるかどうかを決める(解釈する)のは、物事の受け手に委ねられているという心理学や言語学の考え方とも通じます)。

他の人からすれば「そんなの何の価値もないよ」ということが、別の人にとっては「すごく価値がある」ということになるという訳です。

「太陽を浴びる」ことだって、屋外で働いていたり、普段から外回りをしたりしている人にとってみれば、何の価値もありませんし、むしろ仕事以外では避けたいことかもしれません。

でも、オフィスに朝から晩までこもっているような仕事の人にとっては、そうではありません。外が暑いのか寒いのか、雨が降っているかどうか、そんな当たり前のことから情報が遮断されている平日を過ごしている人にとっては、休日に「太陽を浴びる」ということがとてつもない価値となるのです。

そういうことも「価値」になるのかという面白い例として、農業があります。
最近では、地方に農業の体験に行くプログラムが注目されているようです。東京から出かけて行って、田植えなどを体験するのです。これも、農業で生活している人にとっては何の価値もないことですよね。

でも、普段自然と触れ合うことのない人にとっては、お金を出すほどの価値があるというわけなのです。もっと身近な例だと、スポーツクラブやジムといったものも挙げられます。これも普段から運動している人から見れば、「運動するために、わざわざお金を払わなくてもいいのに……」となるでしょう。ただ、多くの人にとっては日常生活の中に運動を取り込むことは難しいので、運動できる場所であるスポーツクラブに「価値」が生まれます。

ちなみに、最近では「アウトドアフィットネスクラブ」というものも注目されています。例えば、川辺でヨガをしたり、ウォーキングやランニングを楽しんだり、カフェでくつろいだり。まさに「屋外」と「運動」を一度に味わえる場所です。

人それぞれに、それぞれの「価値」がある。言われてみれば当たり前のことですが、普段はあまり意識していないものです。そんな普段は意識できていない、「人には人のニーズや価値観がある」ということを思い出させてくれる場所が、オクトーバーフェスト(おおげさかもしれませんが)。

そうやって視野を広く、価値観を多様にしておけば、相手にとってうれしいおもてなしをすることができたり、一風変わった誘いを受けても気負うことなく行くことができます。この季節、まずは食わず嫌いをせず、アウトドアイベントに出かけてみましょう!
(五百田達成)

【お知らせ】作家・心理カウンセラーの五百田 達成氏の最新刊「察しない男 説明しない女」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)が7月30日発売!
理屈っぽくて、上下関係が大好きで、なめられたくないのが、男。感情的で、感覚的で、言わなくてもわかってほしいのが、女。男性と女性は、どうやったらうまくコミュニケーションを取ることができるか。ビジネスマンにも、パートナーともっと良好な関係を築きたい人にも役立つ、「伝え方」本の決定版!

関連記事

今、あなたにオススメ