誰でも7倍モテる婚活プロフィールの書き方

つぐみ恋愛相談所の橘つぐみです。
「婚活をやってみようかな?」と考えた方がまず思いつくのは、ネット婚活が多いと思います。お相手男性たちのデータを見て、「いいかな」と思った人にメールをするというプロセスは結婚相談所と似た感じですが、仲介してくれる仲人さんがおらず、会うのは基本的に自己責任なので、結婚相談所より安くスタートできるのが魅力です。といっても、仲人さんがいないというのは、デメリットもあります。
一番のデメリットは「プロフィールを自分で作成しなければならない」ということでしょうか。言い換えると、「モテプロフィールを書ける人はいいけれど、それができない人にはお申込みが来ない」ということ。

モテプロフィールとは、男性から見て「この女性と会ってみたいなぁ」「この女性となら、うまくいくかもしれないなぁ」と思わせるプロフィールの書き方です。
今回は「プロフィールに入れた方がいい項目」「どっちでもいい項目」「入れなくていい項目」に分けて書いていきますね。

婚活プロフィールに入れた方がいい項目


・簡単な材料でおいしいご飯を作るのが得意
・マッサージが得意
・仲良くなった方とは、できるだけ早い段階でお会いしたい
・仲良くなった方と旅行に行ったり、楽しい時間を過ごせたら…と思います
・一緒にいて楽しい気持ちになれる男性が好きです
全て、男性にとってハードルが低そうな感じがしますし、癒し系を感じさせます。
旅行に行ったり、会ったりするのは、実際はどちらでもいいのですが、とにかく男性に想像させることが大切。

プロフィールに入れても入れなくてもどっちでもいい項目


・よく天然と言われます
天然かどうかは、楽しい付き合いや結婚に関係ないですし
場合によっては「天然ということは、空気が読めないのか!?」と男性に思われ、マイナスにはたらく場合もありますので、無理に入れなくていいです。

プロフィールに入れない方がいい項目


・仕事のスキルの高さ
・海外経験が豊富です
・奔放な男性経験
・私は、このくらいレベルが高い女性なので、それ以下の人はお断り
・失恋(離婚)から立ち直っていない
これらの項目は全て、男性にとって「ハードルが高そう」「俺じゃ、彼女を喜ばせられないな…」と思わせてしまうので、事実であっても伏せておいた方がいいでしょう。
また、性格が暗そうに見える文章もNGです。

いろいろ書きましたが、モテプロフィールのコツは男性にとって、「気楽に付き合えそうに見える」ことですね!
実際は「できるだけ早く結婚したい! しかも、レベルの高い男性と!」で構いませんが、多くの人に「いいね!」と思ってもらわないことには、結婚への切符も手に入りません。アメリカの大学のように「入学は簡単に、卒業は難しく」でいいんです。それから、とても大切なことですが、写真は笑顔のものを載せた方がいいですよ。キレイでツンとしているより、少し美貌が落ちても笑顔の方が、男性にとって「癒し系」に見えますから。
(橘つぐみ)

この記事を書いたライター

橘つぐみ
つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなくポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』他

関連記事

今、あなたにオススメ