気になる彼と仲良くなりたければ「意外と●●だよね?」を使うべし!

一見、明るい人に見えるけども実は悩みが多く、たまには落ち込むこともある。そういう時は、出かけたり、人と話すことで解消している。強いようにも見えるけど、意外と弱いところもあって……あなたはそんなタイプではないでしょうか?
 
「えっ、どうしてわかったの」と思ったあなた。もう一度、よく読み返してみてください。実はこれは、誰にでも当てはまるようなあいまいな内容しか書かれていないのです。
 
このような現象を、『バーナム効果』と言います。誰にでもあてはまるようなあいまいなことを言う。言われた相手は、自分にしか当てはまらないことであるかのように感心してしまう。
 
このバーナム効果、占いに使われていることで有名。誰にでも当てはまることを自信ありげに口に出すことで、相手に「もしかして、そうかも」と思わせるテクニックは、心理操作術の本などにも載っています。
 
ですから現在、「バーナム効果」という言葉はネガティブなイメージで使われがち。しかし、見方を変えてみれば、積極的に利用して人付き合いに活かすこともできます。
 
具体的には、初対面かそれに近く、まだあまり仲良くなっていない人とより近づこうとするときに、この効果を利用するのです。
 
仲良くなりたいと思う相手に、たとえば「あなたって、意外と●●な人だよね」と言ってみましょう。「●●」に入る言葉は、あいまいなほめ言葉ならなんでも大丈夫です。
 
たとえば、「明るい」とか「繊細」とか、「大人っぽい」とか。「場の空気を明るくしようと頑張っている」「人を気遣える」「人よりも考えが一段上にある」など、もう少し踏み込んで褒めてもOK。
 
重要なのは、とにかく「あなたのことをわかっていますよ」という雰囲気を出すこと。どちらかといえば表面的な性質よりも、より内面的な性質に迫っているほうがいいでしょう。
 
相手としてみれば、ポジティブだけれどあいまいな表現と、あなたの自信ありげな顔を見て、まさに自分のことを言い当てられているような気がしてきてしまうはず。そしてそのおかげで、「この人、私のことをわかってくれている!」と思い込み、きっとあなたのことを快く受け入れてくれるはず。
 
この応用編としては、以下のようなものが考えられます。
 
・とにかくカマをかけてみる
いいほめ言葉が浮かばない人は、とにかくカマをかけてみましょう。まずは、「明るい」「おとなしい」など、とにかく第一印象でわかり、誰でも当てはまりそうなことを言ってみる。そこで、相手がよい反応を示したら、さらに会話を進める。示さなかったら、その話は流す。これだけです。
 
たとえば「明るいよね」と言って、いい反応が返ってきたら、一歩踏み込んで「自分が明るくして、みんなを元気にしようと頑張ってくれているよね」と言ってみる。ここにもいい反応が返ってきたら「場の空気を読んだり人を気遣える優しい人だよね」と、さらに食い込んでみる。このように段階に分けてカマをかければ、どんどん「●●」に入る何かがその人の核心に近づいていくはずです。

・見た目と逆のことを言ってみる
これは若干高度なテクニックです。その人の見た目から受ける印象と逆のことを言ってみましょう。「あなたってさばさばしてそうに見えて、実は繊細なとこあるよね」「あなたって強そうに見えるけど、見せないだけで結構弱いところあるでしょう」と自信ありげに言ってみる。すると、向こうはぐっと自分が理解されている気になってくれるはずです。
 
いかがでしょうか?「バーナム効果」という少し難しい言葉を使いましたが、やり方は簡単。「あなたって意外と●●だよね」と、さも自信ありげに言うだけです。
 
もちろん、相手を翻弄したり、からかったりする悪用は厳禁。あくまで「この人と仲良くなりたい」というときに取り出す、飛び道具として覚えておきましょう!
(五百田達成)

【お知らせ】
作家・心理カウンセラーの五百田 達成氏の最新刊「察しない男 説明しない女」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)が好評発売中!
理屈っぽくて、上下関係が大好きで、なめられたくないのが、男。感情的で、感覚的で、言わなくてもわかってほしいのが、女。男性と女性は、どうやったらうまくコミュニケーションを取ることができるか。ビジネスマンにも、パートナーともっと良好な関係を築きたい人にも役立つ、「伝え方」本の決定版!

関連記事

今、あなたにオススメ