プレゼントに見る男性心理。こんなプレゼントをもらったら、彼はあなたにこんなことを思ってます

これは男性に限ったことではありません。女性のあなただって、無意識のうちに選んでいるプレゼント。そこには深層心理が隠されているんです。ただ同じ物でも、ちょっとした違いがあります。例えば、女性はアイテム自体へのこだわりがあり、相手の気持ちを考えて品物を選ぶのに対し、男性は「何がいいかわからないから、これでいいや」と手に取る人が多いのです。男性は女性という異質な生き物の心理を一応、一生懸命探ろうとするんですね。でも、いくら考えてもわからないんです。そして面倒になってしまう。やっとのことで手に取ったプレゼント。さて、そこにはどんな意味があるのでしょうか。一緒に探ってみましょう☆

花束


ロマンティックな贈り物の代表格ですし、女性はこれだけで舞い上がり、お姫様気分が味わえます。でも意外と、深い想いは込められていません。むしろ喜ばせるのに、一番手っ取り早いという感覚で選んでます。年齢も関係性も考える必要がなく、どんな女性でも喜ぶ万能アイテム的扱い。しばらくすれば枯れてなくなりますので、残らないっていうのも好都合。あなたの負担にならないよう「形の残らないものにした」と言いつつ、実はいつまでも持たれていると、関係が終わったときに、思い出されそうで面倒。返す返さないという話に発展することもありません。
ただ、本当に他に何も思いつかず、でも手ブラはNGだとわかっていて、もう時間もない! しかもうまく気持ちを言葉にできない性格の彼の場合……。これは真剣な気持ちを抱いているでしょう。一生懸命言い訳しようとするので、逆に真剣さが伝わって心理がわかりやすいはずです。

アクセサリー


基本的にはあなたを束縛したい気持ちがあります。アクセサリーを身につけると、女性は一段と輝きますよね。美しくなってもらえるのは嬉しいですが、異性からお声がかかる可能性も高くなります。その際の抑止力の役目。好きな男性からもらったアクセサリーを身につけて、別の男性とデートができるかどうか、考えてみてください。大事な人から贈られたものほど、別の異性とあう時には身につけていたくありませんよね? 誰かに声をかけられても、もらったアクセサリーが目に入れば、誘惑に応じる気持ちがうせるはず。したがって別の異性と会う回数を減らして欲しい、誘惑に乗らないでというメッセージなのです。手綱代わりとも言えるかもしれません。

下着


下着を贈るのは、相当な自信家。その下着を着て、見せてもらえる関係にまで発展する自信があるんですね。または、「次のデートでは着てくれるよね」というメッセージです。当然、その先にあるものが目当て。しかも自分は女性慣れしているという、ちょっとしたアピールでもあります。ランジェリーショップに入って女性店員さんと、相談しながら購入することに抵抗がありません。あなたのスタイルやスリーサイズを、「服の上から目測した」というサインでもあります。掘り下げると、「遊ぶのには最適な男だけどどう?」という、ワンナイトラブが得意なタイプ。ほぼチャラ男だと思って間違いないでしょう。確かに後腐れなく交際できるので、あなたもそのつもりなら、楽な相手かも?

腕時計


もし腕時計を贈られたのだとしたら、少なくともあなたとは誠実な関係を望んでいます。男性は腕時計に一種のステータスがあり、自分のセンスや収入をアピールするアイテムのひとつ。贈った男性が腕時計を大切にする人なら、あなたにも長く愛用できるモノを贈り、大切にしてもらいたのです。これは「だから、私との関係も長く大切にして欲しい」という意味。ただその男性が腕時計に興味のない人なら、この限りではありません。あなたに「真面目そうな人だ」という、印象を抱いていて、重宝するだろうという気持ちです。これでも、好意的であることに変わりはありませんけどね♪

インテリアグッズ


これらは、いつか「今度、あなたの家に招待して欲しい」という意味です。これがペアのマグカップや、ペアの焼酎グラス、ワイングラスともなれば、もっと押しが強くなっていますね。自分があなたの家で使うことを、想定しています。それも頻繁に。

いかがでしたでしょうか? これらはあくまでも深層心理です。男性が頭でそう考えて選んでいるわけではなく、意識下の心理。だからこそ、あなたが先に彼の心理を読み解き、先手必勝が可能なのです。心のメッセージが見えてくると、もっと関係を進展させるきっかけになるかもしれません。彼を操縦する方法が、新たに見つかる可能性だってありますよね? 彼からのプレゼントに、「いつも、どうして的外れなのかしら?」なんて思わずに、心理を読みとってください。そしてそれを武器に、関係を優位に動かしちゃいましょう
(鈴木ナナ)

この記事を書いたライター

鈴木ナナ
お酒と食べ歩き、人間観察が趣味のフリーライター。心理カウンセラーの資格を有し、夜な夜な面白い人を探しに街へ繰り出すのが趣味

関連記事

今、あなたにオススメ