単純な自己アピールじゃダメ! 時間が経つにつれて、じわじわ存在感が増す方法

一瞬の出会いで自分をアピールするのは大事ですよね。そのチャンスを逃したら、いつ異性と出会うチャンスが訪れるかわかりません。だからといって必死になるのは、もうやめましょう。合コンなど大勢の集まる場所で、控えめながら存在感の種を撒く。男性は帰ってから、あなたのことが何度か頭にチラつくようになり、それがやがて大きな存在へと発展します! じわじわ存在感を増す方法、試してみない手はありません。

上目使い


目は口ほどにモノを言いますが、上目使いほどほんの一瞬で心をとらえる目線はありません。大抵の男性があなたよりも、背が高いと思うんですよね。ですから見上げるチャンスがあれば、すかさず上目使いで見つめてください。あなたの背が高い場合でも、階段や段差が利用できる場所で行なってみて。その時の表情が、相手の脳裏に焼き付いて離れなくなりますよ!

場の中心となっている同性の隣


合コンなどでは、必ず人気を集めている同性がいるものです。または流れを先導している人物がいるもの。その隣に陣取りましょう。勝手にその人物が場を仕切ってくれますから、あなたは任せていればいいだけです。ただし、隣にいるということで、あなたにも視線は注がれていますから、そこでアピール。料理に手が届かなくて困っている人に、取り分けてあげる。熱弁をふるう人のグラスが空になっていれば、飲み物を聞いてあげましょう。

名前を呼ぶ


緊張してあなたから話しかけることができないとしても、何かあれば名前を呼ぶのは重要。「○○君、グラスとってもらっていいですか?」というだけでいいんです。「○○君も一緒にどうですか?」「○○さん、トイレどこかわかりますか?」と、コソッと話しかけるんですね。名前を呼ぶか呼ばないか、で印象の度合いはかなり変わります。耳に心地いいので、もっと言われたくなるんです。家に帰ってからも、あなたの声がこだましそう!

見えないように袖引っ張り


「よし、二次会へ行こう!」とみんなで席を立って、次のお店へ行くまでの間。ゴチャッとした瞬間に、軽く袖を引っ張ります。大事なのは、思わずつかんでんでしまったという雰囲気。しかも見えないようにコソッと服だけを引っ張ります。みんな早足でついて行くのが大変、この辺りはよく知らない。だから「置いてかないで」「ひとりにしないで」といった不安を伝えるんですよ! 相手が振り向いたら、「ごめんなさい!」とすかさず離してくださいね。あくまでもハプニングを装って。

ギャップ


その日、あなたはどんな印象を与えるか考え、外見を整えているはず。そこでその外見とギャップがある小物を、持ち歩きましょう。かわいらしいイメージを与えておいて、意外とたくさん食べる。しかも黙々と残り物を片付けていくなんて、後から思い出すとじわじわ来ますよ! クールな格好で決めているなら、靴を脱いで座敷に上がったとき、靴下に象さんの刺繍がついているなど意外なかわいらしさも効果的。これってなかなかインパクトを残すので、思わず顔がほころんでしまうんですよね。賢そうに見えて、思い切り天然ボケをかますことができたら、確実です。これは多くの人が狙ってやっている古典的作戦ですが、いまだに威力は衰えていません。

別れ際での態度


別れ際は一番印象に残ります。そこまでうまく存在感の種をまけなかったとしても、ここで一発逆転も可能! みんなが手を振っているのなら、あなただけは一礼してから、小さいアクションで手を振ってください。手は胸元辺りで振ること。またターゲットの男性が決まっているなら、しばらく名残惜しそうに見つめます。そして軽く会釈だけして、その場を去りましょう。手を振るにしても大げさにふらない、両手でバイバイもアピールし過ぎです。それは他の人に任せて、あなたは控えめに。

これらの方法は、その場では何の手応えもないことが多いと思うんです。アピールできたのかどうか、不安かもしれません。でも、ゆっくり時間をかけて浸透したものほど、消えにくいんですよね。その場で怒涛のようにアプローチして人気を獲得しても、軽く扱われるだけ。または、数日たてば忘れられてしまうんです。あなたを大切にしてもらうためには、ゆっくり浸透して、存在の消えにくい土壌を作ること。帰ってから男性があなたを想いだして、「なんだかいい子だな……」と思ってもらうには焦ってはいけません。最後に勝つのはあなたですよ!
(鈴木ナナ)

この記事を書いたライター

鈴木ナナ
お酒と食べ歩き、人間観察が趣味のフリーライター。心理カウンセラーの資格を有し、夜な夜な面白い人を探しに街へ繰り出すのが趣味

関連記事

今、あなたにオススメ