ディズニー映画に”頼りない王子様”が登場するようになった理由

ハンサムでお金持ち、優しくて自分のことを一途に愛してくれる素敵な王子様。お姫様はそんな彼と一生幸せに暮らしましたとさ――。
こんなおとぎ話をあなたも一度くらい聞いたことがあるでしょう。

白雪姫、シンデレラ、人魚姫……こういったお話を小さいときに読み、自分もいつかは完璧な王子様と奇跡的な出会いをして結婚し、幸せな生活を送るのだと夢見て育った女性は多いと思います。
しかし、ここ数年、そんなディズニー映画に、完璧ではない王子様が登場するようになりました。

目次 [開く]

白馬に乗った王子様はもう古い?


例えば、大ヒットを記録した「アナと雪の女王」に出てくるハンス王子。アナは、初めて心を開くことができた相手だと彼に恋に落ち、会った日に婚約をします。しかし、実は彼は自分が王になりたいがためだけの理由でアナに近づいていたということがわかります。あっさりと彼女を裏切り、殺そうとまでするのです。

結局そんなハンス王子とは別れ、アナはクリストフという男性と結ばれることになるのですが彼は「不潔じゃないのに少し臭く」、「森で立ち小便する」ただの氷屋さんなのです。(劇中歌「愛さえあれば」参照) これだけ多くの人が知ることになった映画なのに、出てくる男性はみんな頼りない人物ばかり。

また、近日公開された「イントゥザウッズ」に出てくるシンデレラは、王子様に浮気をされてしまいます。「チャーミングな僕を許してくれ」と謝罪する王子様。こんな言い訳、現実でも許せませんよね。シンデレラはこれをきっかけに王子様と別れることを選びます。

それ以外でも昨年公開されたアンジェリーナ・ジョリー主演のディズニー映画「マレフィセント」では、主人公のマレフィセントはかつて思いを寄せていた相手に裏切られますし、その後に出てくるオーロラ姫の恋人である王子様も、全く頼りになりません。王子様は周りに促されてオーロラ姫に口付けをしますが、彼女は目を覚まさない、という展開なのです。

このように、完全無欠で素敵な王子様像を見せてくれるはずだった、夢の世界のディズニー映画の中にすら、頼りない、現実にいそうな男性像が取り入れられるようになりました。

なぜ”頼りない王子様”が登場するようになったのか


近年、王子様を夢見て育ち、まだその思いをひきづっているような女性はバッシングを受ける傾向にあります。報われないなかがんばっていれば、いつか王子様が目の前に現れる。その瞬間に自分も美しくなり、幸せな生活が送れる……そんな女子は”イタい”存在だと考えられてしまいます。また、理想とされる女性像も、専業主婦願望の強い女性ではなく、仕事をきちんとこなしと旦那とともに家計を支えられる女性です。

そんな時代の流れを反映し、最近のディズニー映画も「王子様も人間であり、浮気をするかもしれないし裏切るかもしれない。そんなものに頼るのではなく自分の力で生きていくべきだ。」というメッセージを押し出すようになったのでしょう。世の中の女性達よ、目を覚まして現実を見ろということでしょうか。

確かに、「甘すぎるお話はもう飽きた」という方には新鮮な面白さがあるとは思いますが、普段現実の世界を生きなければいけない女性たちに、唯一夢の世界を見ることを許してくれていたディズニー映画ですら、リアルなダメ男子が登場してしまうのは少し悲しいことような気もします。

あなたはどう思いますか?
(五百田達成)

【お知らせ】作家・心理カウンセラーの五百田 達成氏の最新刊「察しない男 説明しない女」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)が好評発売中!
理屈っぽくて、上下関係が大好きで、なめられたくないのが、男。感情的で、感覚的で、言わなくてもわかってほしいのが、女。男性と女性は、どうやったらうまくコミュニケーションを取ることができるか。ビジネスマンにも、パートナーともっと良好な関係を築きたい人にも役立つ、「伝え方」本の決定版!

関連記事

今、あなたにオススメ