「私は名器」堂々と言い放った魔性の女・木嶋佳苗死刑囚から見えてくるもの

2009年に発覚した結婚詐欺・連続不審死事件をご存知でしょうか? 木嶋佳苗死刑囚に金を貢いできた男性が次々と不審死を遂げたことから発覚したこの事件は、婚活を利用して計画されたこともあり、「婚活殺人事件」と呼ばれることもあります。木嶋佳苗死刑囚に金を貢いだ男性ははなんと約30人にものぼるのだそう。
率直に言って、「この女性が結婚詐欺師?」と目を疑ってしまうほど、木嶋佳苗死刑囚の風貌はかなり厳しいもの。にもかかわらず、男性たちがこの女性に心を奪われ、お金を貢ぎたくなったのはなぜでしょうか?

目次 [開く]

ポイント1:相手選びが一番肝心


木嶋佳苗は相手選びの目利きが優れていたようです。だまされる人というのは、共通点があります。恋愛経験が少ない人です。女性と関わってきた経験が少ない場合、ちょっとした褒め言葉をかけてもらったり、優しくされたりすると、(相手女性がどんな風貌であれ)その女性を魅力的であると感じてしまうのでしょう。

ポイント2:この風貌だからこそ


恋愛経験の少ない男性が、もしも突然美女から声をかけられたら、かえって引いてしまうはず。「何か裏があるに違いない」と、容易には受け入れなかったでしょう。木嶋佳苗は、この点では相手に安心感を与えることができました。また外見的な欠点をカバーするべく自分磨きにも熱心で、きちんとした服装や髪形を心がけ、常に身だしなみには気を遣っています。風貌に自信のない女性に陥りがちの、「どうせ私なんて」と卑屈になることは一切ありません。むしろ、相手男性を見下していたと言われており、その不遜な態度は、見方を変えれば自信があるようにも見えたはず。恋愛経験があまりない男性にしてみれば、そこに母性のような安心感を得たのではないでしょうか。

ポイント3:特技を生かす


木嶋佳苗の凄さは、自分の特技や長所を最大限生かそうとしたところです。どんなに不美人だったとしても、諦めないしたたかさ。これは大事ですね。彼女の公判を聞いていて多くの人が口にした「信じられないくらいカワイイ声の持ち主」という点。見た目からは想像もつかない素敵な声を発する上に、言葉遣いや立ち居振る舞いも徹底的に勉強したのだそう。第一印象でドンと点数を下げておき、話すたびに動くたびに評価が上がっていくわけです。これぞギャップ萌えの最たるところ。美しい文字を書き、相手によって言葉を使い分けるなど、徹底して相手を気持ちよくさせる術を磨いたのです。

また、木嶋佳苗は驚くことに、自ら「名器」であるという告白をしています。
本人が自ら発した「具体的には…(セックスの際)テクニックよりも本来持っている“機能”が高い」というコメント(週刊実話より)。そのコメントからは本人の自信をうかがい知ることができるのではないでしょうか。

(ある程度トレーニングなどでなんとかなるとしても)持って生まれた体質というか、才能というか、こればかりは何とも言えません。しかしそこでスゴイと思うのは、名器であるという事実だけではなく、それを惜しげもなく自慢するという点なんです。木嶋佳苗の風貌から想像もつかないのですが、その声や立ち居振る舞いによって「本当かも?」とかすかに信ぴょう性が増してきます。それを、実際に相手男性に対してアピールしていたため、「一度でいいから試してみたい」という気にさせる。「私は名器の持ち主なんです」と、言えてしまうところはまさに魔性の女。

ポイント4:料理の腕がホンモノ


有名な料理学校を卒業した木嶋は、その料理の腕前も相当なものだったと言われています。俗にいう「胃袋を掴む」ということですが、その料理を今でも思い出しては食べたくなると語るのは、逮捕直前まで同居していた同居人。今でこそジャンクフードを好む男性や食の細い男性が増えているかもしれませんが、木嶋がターゲットにしていたのは年配ばかり。手料理がツボにハマる世代を、やはりあえて選んでいたのでしょうか。

これらを総合すると、木嶋佳苗に魅了されるにはそれなりの理由があったわけです。恋を諦めている女性にとっては、少し学べる部分があるのではないでしょうか。

少なくとも(目的はどうであれ)木嶋佳苗は百戦錬磨の恋の達人であり、よくも悪くも人をその気にさせるのがうまかったということなのかもしれません。
(鈴木ナナ)

この記事を書いたライター

鈴木ナナ
お酒と食べ歩き、人間観察が趣味のフリーライター。心理カウンセラーの資格を有し、夜な夜な面白い人を探しに街へ繰り出すのが趣味

関連記事