嫉妬に狂っちゃダメ! モテ男を好きになった時の心の持ち方5つ

好きな人(恋人)が、他の異性からとてもモテる……既に付き合っているとしても、まだ結ばれていない時だとしても、そういう時は、本当にもやもやすると思います。

お相手が同じ会社など、近い場所にいる場合、彼が他の女性と楽しげに話しているところを目撃してしまった……なんてこともありますよね。彼が男性からも信頼のある人であれば、女性の集まる飲み会にもよく招待されるかもしれません。そうすると、あなたの心配はさらに募るばかり。

そこで、今回は、そういう時にどのように考えればいいのかを書いていきたいと思います。

まず始めに、とても大切なことですが「彼がモテることと彼があなたを好きかどうか」というのは全くの別問題です。
いくら相手のことが好きだからといっても、それは彼の日常。人から好かれているだけで、浮気をしているわけでもないんですから、必要以上に踏み込んではいけません。

目次

1.うるさいことを言ってはダメ


多くの男性は、女性のグダグダを「面倒だ」と言うだけなので、彼の行動が目に付いたとしても、なにか訴えるのはやめた方がベター。特に、彼が独身の場合は、グダグダを受け止められるほどのキャパがない場合が多いです。
付き合っている場合は「重い女」、片思い中の場合は「ウザい女」というレッテルを貼られてしまいます。

2.彼に媚びている子と自分を比較しない


比較したところで、自分にとってメリットはありません。気になる彼と親しげにしている女子の姿を見て、嫉妬する気持ちもわかりますがその子はその子。私は私。比べるよりもどんどん自分の新しい魅力を開発していく方が早いです。

3.彼に対抗しない


彼がモテるのが悔しいからといって、対抗するのはご法度。テレビに出ている芸能人くらいならほめてもいいでしょうが、例えば会社の同僚など、身近な人と食事に行った時のことを例に出して相手を褒めたりするのはあまり好ましくないです。
理想は、何でも話しているようにみせかけて、ちょっとした影をつくるということ。ほんとうに全部話しているのかな? と少し彼が不安になるくらいがちょうどいいです。

4.会いすぎも良くない


一緒にいるのが当たり前になってはいけません。付き合っている場合は、会うのは週2回くらいまでがベスト。どちらかの家に入り浸ったりしない方が、適度な距離感が保てていいと思います。また、都合は彼だけに100%合わせるのではなく、できるだけ自分の方に合わせてもらうようにしましょう。
会いすぎると、どうしても相手の生活が自分の生活の一部であると錯覚してしまいます。でも、相手は相手だし、自分は自分。嫉妬しないためにはその感覚が大事です。

5.距離をとることも大事


どうしても彼に対して不安や不満が募り、不機嫌な態度をとってしまうというときは 思い切って彼とコンタクトをとるのをやめてみると楽になります。
暗い顔をしたり落ち込んだり、そういった態度をとることで、彼から嫌われてしまっては元も子もないですから。
正直に気持ちを伝えてしまうのもアリですが、伝え方がまずいと(LINEでいきなり伝えるなど)関係が悪くなることばかりで、良くなることってあまりないんです。だから、さりげなく、相手も自分も傷つけないような形で距離を保ってみてください。

いろいろ書きましたが「とにかく、気にしすぎない」ってことが大切ですね。
嫉妬の感情はあると思いますが、モテる人って、本命とそうでない人の境界線をキッチリ分けている場合が多いですよ。だって、モテるんですから(笑)。
どうでもいい人と、無駄な時間を過ごしているヒマはないわけです。

もし、あなたがお付き合いしている場合は、どうか安心してくださいね! 片思いの方は、あまりいろいろ思いすぎないようにするのが一番です!
(橘つぐみ)
1

この記事を書いたライター

橘つぐみ
恋愛コンサルタント。1979年東京生まれ。大妻女子大学文学部卒業。既婚、2児の母。 2004年に「つぐみ恋愛相談所」を設立し、年間200件以上のカウンセリングを行う。恋愛テクニックだけでなく、「男選びは人生選び」をモットーとしたカウンセリング、勉強会が人気。著書に『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』『最終彼氏の見つけ方(大和出版)』などがある。

関連記事