ストーカーに遭わないために気をつけるべき3つのチェック項目

近年増加しているストーカー被害。ニュースでも頻繁に取り上げられていますよね。筆者の周りの友人でも元彼との別れ話がこじれてストーカートラブルに発展してしまったケースがあったりと、他人事ではないんだなと痛感した次第です。被害にあった方の話を聞いてみると、その人柄にとある共通点があるような気がしました。今回はその3つのポイントに関してご説明していきます。

目次

1.人当たりがいい


例えば、まったく知らない人からストーカーをされるケースの場合は、まさにこの人当たりの良さが原因なことがあります。あなたは普通だと思っていても、周りはとても接しやすいと感じているのです。誰かに何かを尋ねられても、つっけんどんに返すことができないタイプ。道を聞かれやすい、席を譲っている、頼まれると断れないなどです。

人当たりの良さは魅力でもありますが、ストーカータイプはこれを勘違いしてしまうんですね。優しくされたことがない人は、「自分にも優しくしてくれる」「もしかして、好かれてる?」と舞い上がってしまうわけです。急に人当たりを悪くするのも難しいでしょうから、なるべく強そうな人やキリっとした友人と行動を共にして側にいてもらいましょう。そういう人が友達にいるというだけでも、ストーカーには効果があります。

2.身近な存在と感じられやすい


ストーカーは、その相手が手に入りそうな可能性を感じて付け狙うことが多いそう。(重度のストーカーなら例外ですが)芸能人にストーキングするよりも、隣のお姉さんを眺めている方が身近。アプローチするチャンスは山ほどあるし、弱点や好みを知ることも容易いと思い込んでしまうんです。ストーカーになりうる男性は、身近に感じられる相手に自分の世界を重ねてしまい、暴走してしまいます。上記の「人当たりがいい」とも共通する部分がありますが、少し壁があるくらいの方が対策として有効かもしれません。

3.責任感の強い人・根が真面目


相手の気持ちを汲みとろうと努力したり、自分が我慢して平和的に解決しようとすると、そこにストーカーはつけ込みます。少々の被害に遭っても、「自分に責任があるのかもしれない」などと思って、被害を肯定してしまうのです。これはストーカーにしてみれば、半信半疑だった世界が「受け入れてくれた」という確定事実に変わるでしょうね。そうなれば止まりません。
幼少期に厳しいしつけをされたとか、長女なんだからと我慢を強いられた、優等生だったという人はこのパターンにハマりやすい傾向が。いい加減な人が嫌な目に合わず、真面目な人が被害に遭うなんて不条理かもしれません。だからこそ、きちんとNOと断って、被害にあったら警察に突き出すくらいの勇気も必要です。撲滅することが優等生としての役目だと思ってください。

ストーカーというのは、言葉として一般的になってきたものの、被害に遭えば命を落とす危険さえあります。それに、周りにもなかなか相談できないこともあるでしょう。そうやってひとりで抱え込んでしまっては絶対にダメ。今は警察でもボランティアでも、ストーカー対策相談室などが設けられていますから、些細なことでも相談して(相談したという事実も大事です)。取り返しのつかない事態にならないように気をつけましょう。
(鈴木ナナ)

この記事を書いたライター

鈴木ナナ
お酒と食べ歩き、人間観察が趣味のフリーライター。心理カウンセラーの資格を有し、夜な夜な面白い人を探しに街へ繰り出すのが趣味

関連記事