なかなか心を開かない”ひとり好き男子”と仲を深める3つのコツ

「好きな男性がいます。2回ほどデートをしたのですが、なかなか縁が深まりません。相手は30代前半で独身。一人が好きなようです。どうやってアプローチをしたらいいでしょうか?」
このようなお悩みを抱える女性は今、とても増えています。

今回は、おひとり好きの男性にアプローチをする、基本的なガイドラインを説明しますね。

目次 [開く]

1.ルックスを磨く


ルックスを磨くといっても、激しいイメチェンをする必要はありません。今のあなたなりにベストな状態でいればいいです。太っているなら痩せるとか、最近オシャレをしていないなら、メイクや服装をできる範囲で変えてみるとか。
なぜなら、おひとりさまの彼は、ルックスより「居心地の良さ」を重要視するからです。ルックスはいいに越したことはない……くらいの気持ちで大丈夫。ただ、とりあえず自分を磨いていて損はないので、自分を一番良いコンディションに保つことは大事です。

2.お誘いは女性から。バブル男を見習うべし


これが、最も難しいところです。メールやデートは女性から送るようにしましょう。ただ、あまりしつこくしてはいけません。

ダメな例:パンを焼いたから、今度差し入れするよ。(写メつき)
良い例:そういえば、○○君って△△の映画が好きだったよね。シリーズはどのくらい観た?

パンの話が悪いわけではありませんが、このような言い方ですと一方的な感じがします。あなた発信で話題を提供しているばかりですと、次第に誘うネタがなくなります。
相手が興味を持つ話題を振り「良かったら一緒に行きましょう!」とか「んじゃ今度一緒にどうですか?」といった、自然な流れで誘いましょう。
相手が迷惑そうだったりしたら、あまり気にせず「そっか。じゃあまたの機会で」くらいであっさり切り上げれば大丈夫です。

付き合っている場合には「好き」「あなたはこういうところがすごい」「もう少し一緒にいたいな」くらいは、女性から伝えていいでしょう。彼の反応が薄くても、照れているだけ。心には届いていることが多いです。

バブル期の男性(40代後半以上)は、この流れで誘う&断られた時の気持ちの切り替えがとても上手です。おひとり好きな男性を好きになったら、練習のためにバブル男とデートをしてもいいかもしれません。
ただし、上手な人は既に結婚している場合がありますので、練習だけにすることをお忘れなく!

3.夢中になりすぎない


誰かを好きになると、その相手がとても素敵に見えますよね。
彼が同じフロアの女性と話をしていただけで「付き合ってしまうのでは!?」「私より、彼女の方がカワイイし……」
など、あれこれ考えてしまうもの。

しかし、おひとり好き男子は、普通の女性からはあまりモテません。
というより、相手は、あなたが思うほどモテない場合がほとんどなので、心配しすぎるとかえって良くないです。おひとり好き男子は、女性と縁を深める会話やデートの仕方に疎いといっていいでしょう。だからおひとり様なんです(笑)。
女性特有の「言わなくてもわかってほしい」という心理も、面倒だと思っていることがあります。

おひとり好き男子は、心を開くまでに時間がかかることが多いです。しかし、いったん彼を理解してしまうと、そんなに難しい人ではない場合がほとんど。小学生男の子みたいなものだと思って、気長に接してみてくださいね。
(橘つぐみ)

この記事を書いたライター

橘つぐみ
つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなくポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』他

関連記事

今、あなたにオススメ