片思い中の彼へあげるベストなプレゼントの送り方

「好きな人がいます。彼は同じ会社の人です。来月は彼の誕生日なのですが、何をあげるのがベストですか?」

このように聞かれると、私としては
「付き合っていないなら、好きな食べ物が無難ですね」としか答えられません。
残るものですと、相手の好みと違った場合や、本命の彼女や奥さんがいた場合、かえって迷惑になるかもしれないからです。

さて、同じ会社にいてしょっちゅう顔を見られる関係なら、誕生日にしかプレゼントをあげないのはもったいないと思います。
お二人の親密さがそれほどでないならば、誕生日はスルーしてもいいかもしれません(覚えているということで、あなたのテンションの高さがバレるかもしれないため)。
せっかくですから、何でもない日にプレゼントしてみましょう!

では、どうやって何でもない日にプレゼントをあげるのでしょうか?

目次 [開く]

どんなプレゼントをあげるべき?


何でもない日にあげるプレゼントは、相手がプレゼントと気づかないくらいのものがいいでしょう。

・旅先のお土産をあげる
・彼が使いそうな小物をあげる

このあたりですね。

そして、ここからが大切なポイントなのですが

「これ、私の『おさがり』なんですよ。もうひとつ同じものが手に入ってしまって……こんなかたちで失礼なんだけど、使ってもらえませんか?」
「これ、間違えて3つ買ってしまって...こんなかたちで失礼なんですけど、受け取ってもらえませんか?」
などというと、受け取ってもらいやすくなります。

おさがりとか、間違えて買ったと言われれば、新品で高価なものであっても、気軽に受け取れる人がほとんど。
また、最初に安いもの、つまらないのを受け取っておいた方が、後で高いものを受け取ってもその刺激がわからなくなることがあります。

贈り物以外にも効果的


これは、贈り物だけでなく、食事などに誘うときも効果的です。

「○○の優待券があるんですが、期限が今月末で終わりなんですよ。私一人では使い切れないので、一緒に行きませんか?」

もう既にお付き合いしている彼がいる方は、何かを頼むときにも使えます。

「○○をしたいんだけど、私一人じゃうまくできなくて……今度会った時にでも、手伝ってもらえないかな?」

一段階、一段階、階段を上るようにお願いごとやプレゼントをステップアップさせていくと自然なかたちで仲良くなれる確率が高まります。
相手に恋人がいる場合は特に「仲良くなるための言い訳」が必要だったりしますから。

好きな人と頻繁に顔を合わせることができるなら、そんな感じでラフにやってみてくださいね!
(橘つぐみ)

この記事を書いたライター

橘つぐみ
つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなくポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』他

関連記事

今、あなたにオススメ