束縛と思われるとNG!? “彼の予定”を上手に尋ねる方法5例

「彼は今日、何をする予定なのかな?」「どこに行っているのか分からないと不安」。交際中や同棲中、そんな気持ちになったことはないでしょうか。男性は自分の予定を積極的に語らない人も多く、しかしながら女性に「何しているの?」「どこに行くの?」と頻繁に聞かれると、詮索や束縛をされているようで嫌な気持ちがする……という声も聞きます。どんな風にすれば、男性の予定を上手に聞けるのか。お互いにストレスなく、引き出すことに成功した女性陣のアドバイスを集めてみました。「彼の予定」をストレスなく尋ねる方法5例をご紹介します。

目次

(1)具体的な「質問」形式で聞く


まずは結婚5年目の女性からの意見。彼女が勧めるのは、「どこに行くの?」「何があるの?」という聞き方ではなく、「今日って◯◯だっけ?」「来週は△△って言ってたよね?」という風に、YESかNOで答えられるように尋ねる方法。「別に予定を教えたくないわけではなくて、いちいち話すのが面倒なだけ」という男性も少なからずいるでしょうから、YESかNOで答えられる質問は答えやすくて効果的。男性が普段話している事をよく覚えておかなければできない方法ですが、記憶力に自信がある方はぜひ試してみては?

(2)「知らせてくれると安心する」「あなたのことがわからないと寂しい」と何度も伝える


続いては、同棲8年という女性から。自由業の彼の仕事は、とても不規則。何をしているか、どこに行っているか掴めないことが多く、彼女は心配になることが多かったのだとか。そこで機会あるごとに「とにかく心配だから」「寂しい気持ちになる」と彼女は自分の“気持ち”だけを繰り返し伝え続けた結果、交際4年を過ぎる頃、ようやく彼は「今日は◯◯に行ってくる」「来週は何がある」など、自発的に言ってきてくれるようになったのだとか。「なぜ予定を知りたいのか」という女性側の“気持ち”を諦めずに伝えれば、理解してもらえることもあるようです。

(3)遠回しではなく、直球で尋ねてみる


続いては、結婚2年目の女性から。彼女は結婚後半年以上、束縛にならないよう遠慮しながら、「私は来週末、◯◯の予定があるんだけど……」「今月、△△に行く時間はあるかなと思って……」などと、遠回しに彼の予定を聞き出そうとしていたそうです。しかし、中々思ったような答えが得られず、あるとき思い切って「この日はどこに行くの? 何の仕事なの?」などと直球で尋ねたところ、すんなり快く教えてくれたそう。予定を聞かれても特に嫌がらない男性もいるので、彼がそういうタイプかもしれないと思うときは、思い切って一度試してみてもよさそうです。

(4)あえて相手の予定に関心のない態度を取る


また、「興味がない態度をしていると、自然に言ってくるよ(笑)」と教えてくれた女性もいました。追われれば、逃げたくなるのが人の心の常。恋人や奥様に関心のない態度をとられると、逆に寂しくなるのか、自分から予定を言ってくるようになる男性もいるようです。この方法は通じる人と通じない人がいると思うので、性格を見極めるべし。ちょっぴり甘えん坊で、「恋人に構って欲しい気持ち」が強い相手には効果がありそうです。

(5)PC上でお互いのカレンダーを共有する


最後は、もっとも合理的なアドバイス。ネット上のカレンダーで予定共有をしてしまう、という方法です。「いちいち予定を伝えあうのが面倒」というカップルの場合、この方法が、一番ストレスが少ないかもしれません。女性側も、毎回気を遣いながら尋ねるのは億劫ですよね。自動的に把握できるので、お互いにメリットが大きい合理的な方法ではないでしょうか。

自分の予定をパートナーに伝えることについて、「悪いことをしているわけじゃないけど、なんとなく奥さんには言いたくない予定もあるんです!」という男性意見も伺ったことがありますが、こうした傾向は自由を求める男性本能なのかもしれませんね。とはいえ、女性のほうも「相手の何もかもを把握したい」「秘密を暴いてやりたい」といった束縛の意図があって尋ねているケースばかりではないので、そのあたりは上手に理解しあいたいもの。すぐに折り合うのが難しい場合もあるでしょうが、時間をかけて、自分たちなりの“スタイル”を作ってみてはいかがでしょうか。
(外山ゆひら)

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事