彼氏がいなくて焦りまくり! 男に引かれるイタイ系女子にならないための心得

「彼氏いない歴=年齢」。別に何も悪いことじゃないじゃないのに、それが15歳、20歳、25歳、26歳、27歳……と年輪を重ねるごとに生じる焦り。あると思います。
しかも15歳の「焦り」と25歳の「焦り」は質が違います。だんだんと「彼氏欲しい」という発言にダークネスなオーラが出てきてしまうんです。とくに25歳以上は、焦りレベルが指数関数的にアップしていくので、冷や汗が出ますよね。

自分だけ男性経験がない、好きになった人に好きになってもらえない、でも男の人に高いスペックを求めてしまう……。焦りが判断力を鈍らせ、奇行に走ってしまう女子もチラホラとおるわけです。

「わたしはなぜモテないのか!」と現実を直視せず、なぜか「オトコはなんで私の価値を理解してくれないのか! オトコってマジで最低だわ! オトコなんかいなければ良いのに! BL読も!(以下略)」と問題をすりかえてしまうんですよね。これが負のスパイラルです。そしてそれがイタイ女子の特徴。

でも、そんな「私、めっちゃ焦っているんです」というお札を顔面に貼り付けたキョンシーのような女子、男性は好きになるでしょうか。回答は目に見えておりますが、一応周りにいる男性陣に聞いてみました。

「必死感がコワイ」(25歳男性/大手商社勤務)
「男を見る目が獣っぽい」(29歳/IT系勤務)
「合コンですぐに会社名聞いてくるから無理」(29歳/不動産業)

……この時点で、ちょっと心が痛い。さらにもう一声。

「そういう子って、自分の恋愛市場における価値をわかってないと思う」(27歳/広告代理店)
「モテない子にアピールされてもイタイし怖い。自分の身の丈にあった男の人を受け入れる謙虚さがないと思う」(30歳/マスコミ勤務)。

……心が痛くなる回答ばかりですね。じゃあどうやってアピールをすれば良いのでしょうか。

イタイと思われずにアピールをするには…


これについては、「自分の恋愛市場価値を知るべき」、「自分の身の丈にあった男の人を受け入れる謙虚さがない」というコメントが正鵠を射ていると思われます。この2人の男性いわく、「30歳前後を境に、自分のスペックを上げる努力をせず、より高いスペックの男を狩ろうとしている感じの女性」が多いと感じるんだそう。まぁリアルな感想です。

こういう女性は「見た目ばかり着飾って可愛くしても、中身が伴っていない。内面が量産型女子だったら、ハイスペックな男性はそもそも興味をもたない。だから、将来に伸び代がある10代、20代前半の女の子のほうが魅力的に見えるのは当然」だと。

その点、「見た目が普通かそれ以下でも、自分の仕事や趣味に邁進していると魅力的に見える」んだそうです。

ちょっと見た目について上から目線なのは置いておくとして、やっぱり「男性を狩らねば!」という必死感と、そこに内面の魅力が伴っていないことが、一番「イタイ女子」なんだなということが分かりますね。やはり、品性と尊厳を捨てたらアカンという話です。

彼女がいる男性に「なんで付き合ってくれないのよ!」と泣きわめいてみたり、「キスしてよ! ていうかもうホテル行こ!」などと容易に自分をクリアランスセールに出したりするのは止めましょう。それが「イタイ女子」なんです!

とにかく、焦りたいときほど焦らない。そして、自分が狩ろうとしている男性と自分がつりあっているのか、一度目を両目を開いて自問自答すること。男性はがめつい女性に引いてしまうので、アピール方法には要注意です。
(ヤマグチユキコ)
1

この記事を書いたライター

ヤマグチユキコ
WEBライター。ビジュアル系バンド、ジャニーズなどの音楽情報や、漫才、恋愛ネタ、コスメ、ファッションなどを幅広いジャンルを執筆。「野中すふれ」名義での執筆も多数。キャンドルをつけてリラックスするバスタイムが好き♡

関連記事