無意識にやってるかも…男子がドン引きする女子の4つの“クセ”

一人でぼんやりしていると、思わず出てしまう色んな“クセ”。誰からも見られていないと思っていても、意外と他人の視界に入っているものです。学校や会社で一人きりだからと気を抜いてたらアウト! 男子たちからドン引きされる前に、やりがちなクセをチェックしてみましょう。

目次 [開く]

1.爪や甘皮を噛む


考えごとをしているとき、気付いたら爪を噛んでいることありませんか? これには男子たちもげんなり。カリカリ噛んでいる姿は、神経質そうに見えてイメージダウンです。

また、手先が荒れて、剥がれかけた甘皮。口でピッと取りたくなるのはわからなくもないですが、不潔っぽい印象になってしまいます。ハンドクリームで指先をケアするのが一番ですが、気になるときはお手洗いに行ってピンセットで取る、くらいのことを意識しておいた方が良さそうです。

2.眉間にしわを寄せる


メールを読んだり、SNSを見たり。ちょっとイラっとくることがあっても、眉間にしわを寄せるのはNG。不機嫌そうな表情は印象が強いので、彼と笑顔で話していても「こいつ本当は嫌だと思っているんだろうな……」と思わせてしまうはずです。

彼がポジティブな人ならいいのですが、ネガティブなら最悪。しかもやきもち焼きでねたみっぽかったら、ことあるごとに「俺と一緒にいるの嫌なんでしょ」とか言いだしてくるかもしれません。まぁ、そんな人なら別れてしまえばいいのですが。

フリーの人も、イライラ顔では誘いづらいオーラがたっぷりです。もし、目が悪くてしわが寄ってしまうなら、かわいいメガネをかけるかコンタクトレンズにするのがオススメです。

3.指の毛を抜く


ボーっとしているとき。ふと視線を落とすと、あら、指にぽわぽわと産毛が……。一本、二本と抜き始めると他の毛も気になり出してしまいます。一点を見つめて毛を抜く姿は、本人が集中していればしているほど、意外と目につきます。

男子からは「まるでサルが毛づくろいしているみたい」なんて意見もあり、到底女らしい行動とは言えません。爪の甘皮と同じく、気になるときはお手洗いでカミソリや毛抜きを使ってこっそり処理するのが一番です。

4.あくびのときに手をあてない


生理現象は誰にも止められません。気になる彼が近くにいようと、いい雰囲気の飲み会中だろうと、眠くなったらどうしたってあくびは出ます。出ることは全く気にされませんが、手を抑えないのはだめ。つい出てしまうとはいえ、「他の人が見てなさそうだからいいや」と、手を抑えない人は案外多いのです。あなたはどうでしょう?

大口開けてあくびをする姿は、ガサツでオジサンっぽさ全開。あくびは一瞬ですが、あくびした顔の印象は一生(とまではいかなくてもしばらくは)消えません。手を抑えないクセは、意識的に「手を抑えなきゃ」と思うようになれば治るはずです。

あなたのクセひとつが、マイナス印象を与えさせてしまうかも。だらしないクセは意識しないとずっと治りませんよ! この機会に、普段の振る舞いを思い返してみてくださいね。
(村尾肴)

この記事を書いたライター

村尾 肴
東京都生まれ。高校中退後にはじめた出会い系のサクラで、文章を書くことに目覚める。お酒、恋愛、映画、ゲーム、ダイエットの話題が得意

関連記事

今、あなたにオススメ