荷物の量とモテ度は比例する!? 荷物が多い女子がモテない理由

何かと荷物の多い女性っていますよね?「何をそんなに持っているんだろう?」とつい不思議に思ってしまうのですが、荷物の多い人はモテないという噂。その真意を探ってみましょう。

目次

荷物の多い女性に対して7割が悪いイメージ


テレビ番組「ホンマでっか!? TV」で男性400人に荷物の多い女性に関するアンケート調査を行った結果、荷物が少ない女性を好むと応えた人が大多数。荷物が多い、財布が厚い女性に悪いイメージを持つ男性は7割でした。だらしないイメージを持たれやすいのだとか。

心理学ではカバンの大きさや荷物の大きさは不安に比例すると言われているのだそう。
カバンが大きくいろいろと荷物を持ち歩いている人は、不安をたくさん抱えているのだとか。「もしも」のときの備えを、何重にもしておかないと不安。「雨が降ったら」「転んでしまったら」「電車に遅れたら」「停電になったら」……とにかく不安だらけなので、それを少しでも解消するために傘や懐中電灯、ばんそうこうなどあらゆるものを持ち歩きます。本当に仕事や趣味でカバンが大きくなるのは別にして、この不安症からくる荷物の多さは、マイナス印象。パンパンに詰まったカバンとか、荷物を取り出すのに、ごそごそとしばらく時間がかかるのも、スマートには見えません。

本当にデキる女は整理整頓がじょうず。必要なものの取捨選択が的確で、もし何かあったときは、知恵や工夫で乗り切ります。これがデキる女という男性の勝手な憶測だとしても、印象は大事ですよね。荷物が多いというのは、要領の悪さを感じさせるのかもしれません。

断捨離(だんしゃり)で心を爽快に


断捨離という言葉があります。これはクラタ―コンサルタント・やましたひでこさんの提唱する、余計なものを捨ててストレスから解放され、生活に調和をもたらそう! というもの。使わなくなったものを捨てれば、そこが片付いてモノを探す時間が短縮できます。壊れたものでも「いつか使うかも」と思って、何年も持ち続けているなら、それはきっと今後も使わないものなんです。本当に必要なものを知ることで、豊かな暮らしが実現。執着心から解放されると、心は驚くほど軽くなります。

まずは自分のバッグの中身から、断捨離してみてください。最初は勇気もいりますが、案外「なくてもいける!」ということがうれしく感じますよ。

男性でも同じ


一応女性のカバンという説明で進めましたが、男性にも荷物の多さとモテは比例するようです。もしあなたが相手選びに迷ったら、整理された鞄の持ち主なのか、荷物はシンプルかどうかに着目。ひとつの目安になるかもしれません。
荷物がたくさんあるのは、周りからの印象もあまりよくないことがわかりました。異性からのマイナスイメージが強ければ、モテ度が上がらないのも納得です。そしてあなたに、不要な荷物の数だけ不安があるということ。荷物と向き合って、どんな不安を抱えているのか、改めて考えてみてはいかがでしょうか。
(鈴木ナナ)

参考:「鞄心理学(先端医学社刊)」・中山和彦教授

この記事を書いたライター

鈴木ナナ
お酒と食べ歩き、人間観察が趣味のフリーライター。心理カウンセラーの資格を有し、夜な夜な面白い人を探しに街へ繰り出すのが趣味

関連記事