ベッドの中で彼が彼女からの愛をすごく感じる瞬間4選

ひとの脳って、エッチの快感を覚える部位と、聴覚の部位が、比較的近いところにあるそうで、エッチのとき、あれこれと言葉をささやくと、もっともっと気持ちよくなれると言われています。
今回は、彼が「彼女の愛をすごく感じる」エッチ中の彼女のありがたいお言葉について見ていきたいと思います。
さっそく証言をば!

目次 [開く]

1:イク!


「ぼくがやっていることに対して、MAXで反応してくれたら、超愛を感じます。だから『イク』と言ってもらいたいんですよね」(27歳・スカウトマン)
定番にして王道をゆく証言かと思います。

2:それヤバい!


「彼女のを舐めたり、手マンしているとき、『それヤバい!』とか『めちゃヤバい』と彼女は言いますが、なんか愛を感じます」(27歳・飲食)
歳を重ねるにつれて、男女ともに「ヤバい」という言葉を使わなくなる傾向があるように思いますが、ことエッチにおいては、「ヤバい」は多用したほうが、彼氏受けするのかもしれませんね。

3:名前を呼ばれる


「ぼくがエッチのとき彼女の愛を感じるのは、やっぱり名前を呼ばれたときです」(26歳・コンサル)
名前って、ほかのものと区別するためのものですから、意外と重要ですよね。だから、よくお遊びになる男子は、ベッドの上で彼女の名前を呼ばないんですよね。ほかの女子と混同するのを避けたいのでしょう。みゆきさんに、ゆきえさんとか言ったら殺されかねないですしね。

4:触ってもいいよ!


「なんでもない『触ってもいいよ!』という彼女の言葉、超愛を感じます」(25歳・広告)
つまり「許可されている」ことを、彼が感じるということですよね。なかなかいいお言葉かもしれません。

最近、彼とマンネリ気味で……という女子のみなさんは、ぜひご紹介した言葉を使ってみてはいかがでしょうか。
なんだかんだ立派そうに偉そうに見えるひとだって、ひと皮剥くと人の子です。愛を感じたいし、愛のあるエッチをしたいと思っているはずです。
だから、多少気恥ずかしくても、愛のあるお言葉をカップルで掛け合うべきなのでしょうし、偉そうに賢そうに振舞っている男子を彼氏にお持ちの女子は、ぜひそういう男子の心を丸裸にするべく、「お言葉」を使ってみるといいように思います。
エッチは素直に劣情を出しつつ、愛を持ってするのが一番です。
(ひとみしょう)

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ