クレバー女子ならどうすべき? デートのお会計での可愛げある言動術【イラスト】

【クレバーに生きればー?デート編】
世渡りで役立つことを言いたい。どうも、小鳥遊しほです。
さて、デートの時のお会計問題。今回はあれをどうにかしようと思う。
楽しくごはんを食べ終わり、さぁお財布を……って時。

「奢ってもらうのが当然」という態度をとれば影でブーイングされる。
「払うよ!」と言うと「大丈夫」と断られる。「じゃあお願い」となったらいくら出すのが正解かわからない。
だからといって、きっちり1円単位で割り勘を要求されたらそれはそれでなんか……うん……まぁいいんだけどさ……的な(笑)。

そんな時、賢い知恵を持つクレバー女子ならどうするのでしょうか。

目次

5:5より7:3


【小鳥遊しほ的公式戦】vol5はデートの時のお会計問題について
【小鳥遊しほ的公式戦】vol5はデートの時のお会計問題について

相手がカッコつけたいタイプの男子や、歳や立場が上の場合、3割くらいを払う流れに持っていくのがオススメ。
「女の子にしっかり半分払わせるのは格好悪い。そうはいっても全額負担は正直きつい」そんな状況の男子ならこの提案に安心するはず。

てゆうか、これをサッと男から提案してほしい。きっとそういうタイプはモテるはず。
(ちなみに、割り勘が当たり前という関係の場合はそのままで良いです)。

小銭部隊出動しまーす


【小鳥遊しほ的公式戦】vol5はデートの時のお会計問題について
【小鳥遊しほ的公式戦】vol5はデートの時のお会計問題について

これは奢ってくれるつもりだな? って空気の時によく私が使う手。
「出さなくていいよ」という台詞を相手に言われる前に、98円だろうが980円だろうがお会計額の端数分を財布から出してさっさと置いてしまう。
勢いよく出してしまえば、「じゃあもらっとくね」と受け取ってもらえて少しはフェア感が出る。
この時「端数払うね」という表現では端数しか払う気のない女子の様に見えてしまうので、「小銭部隊出動ー」とか「端数係任せてー」なんて、冗談めいた台詞で可愛く仕上げたいところ。

次のお店は私の番ね


【小鳥遊しほ的公式戦】vol5はデートの時のお会計問題について
【小鳥遊しほ的公式戦】vol5はデートの時のお会計問題について

これは相手が全額払ってくれちゃった上で、もう一軒飲みに行こう、みたいな流れの時の話。
ただの「ありがとう」より「払う気はあるんだよ」という意思表示もできる上に、もう少し一緒にいたいということがサラリと伝えられるイケメン女子的行動。

上記3つの方法、女子が席を外してる間にサッとお会計しちゃう系男子や、あからさまなお金持ち男子には必要なさそう。
せっかくごちそうする気があるというのに、あれこれ余計な行動をとってしまえば、彼のスマートな心意気を逆に邪魔してしまうので、すんなり「ごちそうさま」と「ありがとう」を可愛く言うに限る。
でもやっぱり申し訳ない……そんな気持ちがあるならば、そんな時は以下の言葉を添えてもいいかも。

食後のコーヒー奢らせて?


【小鳥遊しほ的公式戦】vol5はデートの時のお会計問題について
【小鳥遊しほ的公式戦】vol5はデートの時のお会計問題について

かわいい。やさしい。すてき。チワワみたいな顔して言ったら男はみんな落ちそう。


カラダで払わせて?


【小鳥遊しほ的公式戦】vol5はデートの時のお会計問題について
【小鳥遊しほ的公式戦】vol5はデートの時のお会計問題について

「え?なんだと思ったの?」そう言って、イタズラ顔で肩もみをする小鳥遊が、そこにはいた。
(よいこのみんなは真似しないでね。)
(小鳥遊しほ)
1

この記事を書いたライター

小鳥遊しほ
イラストレーター兼コラムニスト。豊富な肩書きを活かし、料理や恋愛などのイラストコラムを連載中。 KADOKAWAより書籍「くまっているのはボクなのに。一問一頭 」河出書房新社より書籍「こまりくまブック」出版している。

関連記事