フェラ上手な彼女に対する彼の本音4選

ネット上では、フェラと騎乗位が苦手という女子が、そのテクを熱心に読んでいるようで、その手のコラムにニーズが高いと言われています。
熱心にお勉強なさる女子が多いのは、男子にとって嬉しいことかもしれませんが、男子の気持ちも知っておくと、さほどお勉強しなくてもOKかもしれません。
今回は、アゴが痛いほどフェラしてくれる彼女に対する彼のホンネに迫りたいと思います。
さっそく見ていきましょう!

目次 [開く]

1:ありがとう!


「アゴが外れそう……とか言いながらフェラしてくれる彼女には、ありがとう以外、なにもありません」(27歳・IT)
フェラがうまい・下手以前に、彼はフェラをしてくれるあなたに感謝しているのかもしれません。

2:いや、無理しないで亀頭だけでいいんだよね


「女子って、なぜ『フェラ=ぜんぶ咥える』というふうに思っているのでしょう? 亀頭だけ舐めてくれればいいのに」(26歳・コンサル)
たしかに、竿のどこが感じるのか、といえば、亀頭とかカリ首のとこですから、無理してぜんぶ咥えなくても、亀頭だけでいいよ、という男子だっているでしょう。

3:苦くても平気なの?


「アゴは痛いだろうし、味は苦いだろうし、女子って、そういうのを咥えて、正直、平気なのかなと、いつも心配します」(27歳・飲食)
心配なら「フェラしなくっていいよ」と、彼女に言えばいいと思うのですが、まあそれを言わない(言えない)ところに、男心の妙があるのかもしれません。

4:フェラするたびにお口がおっきくなるといいのにね!


「フェラするたびに、お口がおっきくなるといいね! と、フェラしてくれている彼女を見ながら思います」(23歳・建築)
あたしアゴが外れるのが特技なの! と言う女子が、まれにいますが、こういう彼の「念力」のおかげなのでしょ~か?

フェラが下手だから別れるとか、フェラがうまいから手放さないというような判断をしている男子って、わりと少数派ではないかと思います。
カップルって、(当たり前ですが)もっと別の基準で付き合ったり別れたりしているはずです。
ということで、フェラが下手でも、そんなの気にすることなく、女子として堂々としておくといいのではないでしょうか。裏筋とか亀頭だけが気持ちよかったら、男子はそれで「果てる」こともあるわけですし、果てさせてくれたら「ありがとう」ですから、それでいいのだろうと思います。
(ひとみしょう)

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ