彼が「積極アプローチされてもOK」なタイプかを見極めるために効果的な質問とは

恋愛において、昔からよく言われる“定説”のひとつが、「男性は女性を追いかけたい生き物である」ということ。これが頭にあるからか、気になる男性がいても、「自分からアプローチはしないほうがいいのか」と悩む女性はとても多いようです。ひとつの傾向としては確かにあるのですが、実際には、自ら積極的に行動した女性がうまくいっているケースもあり、迷うところ。いろいろな恋愛を検証して思うのは、女性の積極アプローチが効くかどうかは「相手次第」であり、「タイミング次第」であるということ。この2つをしっかり見極めれば、女性から積極アプローチしての成就も期待できるかもしれません。

目次 [開く]

過去の恋愛話に触れ、「その子を好きだった理由」を聞いてみよう!


まずは、「相手次第」という点から。彼に積極的にアプローチすべきか迷うときは、まず一度、気になる男性の過去の恋愛話に触れ、「元カノを好きになった一番の理由って何だったの?」と聞いてみてください。

(A) 「こんな俺を好きになってくれたこと」と答えたら→積極アプローチしてOKかも!?


これに対し、「こんな俺を好きになってくれたから」といった内容の回答があった場合、こちらから積極アプローチしても大丈夫な男性である可能性が高いでしょう。このタイプは、あまり恋愛に興味がない男性や、自分こだわりの分野や趣味がある男性が比較的多いです。「恋愛以外の自分」にはそれなりに自信があるものの、「恋愛市場での自分」にはあまり自信がなく、かつ女性を喜ばせたりモテたりするのに労力を使う気もあまりない。そのため、「そのままのあなたでOK」と評価してくれる女性に価値を感じる傾向があり、女性から積極アプローチをして始まっている恋愛も比較的多いようです。

ただ、交際後には注意も必要。そもそも恋愛に興味があまりないタイプのため、いわゆる「女性の扱い」は基本的に不得手。ヒステリックな態度を見せたり、あまりに女性らしさに欠けた言動をしたりすると、「俺には手に負えない」「思っていたのと違う」などと早々に匙を投げてしまいがちな傾向も。そう思わせてしまうような態度は控えたほうがよさそうです。

(B) 好きだった女性の特徴や魅力を答えたら→選ばれる努力をしたほうが早道かも!?


一方、上記の質問に対して、「彼女のこういう点がよかった」「こういう要素が魅力的だった」と語る男性の場合は、あまり積極アプローチはしないほうがうまくいきやすいかも。このタイプは、女性への興味が標準かそれ以上であることが多く、思春期に多少モテた経験があったり、いざとなったら自分から口説ける勇気もあったりする人も多数。「恋愛市場での自分」に自信がないわけではないため、自分のほうからアプローチしたい、という傾向も強いようです。

なかには、女性との関係づくりが上手で、アプローチされることにも慣れているため、女性からアクションされても特段心が動かない、という人も。このタイプを好きになった場合は積極的に追いかけるよりも、彼が好きな女性像を知り、自分の魅力に磨きをかけること、そしてさりげなく彼と関わる機会を増やすことなどに尽力したほうがよさそうです。

タイミング次第では、積極アプローチが歓迎されることも!?


ただ、Bタイプの男性でも、時には女性からのアプローチで真剣交際に至ることもあるようです。共通するのは、「失恋後」「実らない恋が連続で続いていた時期」「自分の人生に、限界や壁を感じたとき」など。わかりやすく言えば、その男性が何かで自信を失っているタイミング、ということになるでしょうか。わざとそのタイミングを狙ってというわけではなく、偶然にも、そういう時期に積極アプローチしてくれる魅力的な女性がいると、心を掴まれてしまうケースは少なくないようです。

ということで、好きな男性に「自分からアプローチしたほうがいいか」、それとも「控えたほうがいいか」「今は待ったほうがいいか」などに迷うときは、AタイプかBタイプかを探り、Bタイプの場合でも、今どんな時期かを見極めて考えてみてはいかがでしょうか。もちろん例外もあると思いますが、ひとつの指針としてぜひご参考くださいね。
(外山ゆひら)

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ