モテるために重要な「4つの窓」とは?

コミュニケーションを円滑に進めるための、心理学的モデル「ジョハリの窓」。これは、「気づき」に焦点を当てたコミュニケーション方法で、発表した心理学者のジョセフ・ルフトとハリー・インガムの名前をとって「ジョハリ」と名付けられました。難しそうな話に思えますが、そんなに難しいことではありません。ジョハリの窓を応用すると、大切な人との距離がグンと縮まるかも! 今回はそんなお話です。

目次 [開く]

ジョハリの窓は4つ

 

1.開放の窓……自分も知っている、他人も知っている部分

 
あなたが公けにしている基本情報ですね。履歴書に書いている内容や、外見的な情報。(明らかに太っているとか、毛深いとか)

2.盲点の窓……自分は知らない、他人は知っている部分


あなたは気が付かず、周りは気づいていること。口臭とか体臭、言葉遣いや態度が悪いとか、自分では人見知りだと思っているけれど、周りはあなたを社交的だと思っているなど。誰かがあなたを好き、という情報も。

3.秘密の窓……自分は知っている、他人は知らない部分


あなたが隠していることですね。特殊な趣味や性癖、過去の体験や家族との確執、トラウマなどなど。ただ、これはあなたが周りに知られていないと思っているだけで、実はバレているという2の場合もあります。

4.未知の窓……自分も知らない、他人も知らない部分


これはまさに未知の領域。例えば突然の災害に襲われて、今まで出したことのない火事場の馬鹿力が出る、周りもあなたの意外な才能を発見する、のように。何かのきっかけで、全く知らないあなたの顔が飛び出すかもしれません。

相手の懐に入るには盲点の窓を突く!

 
例えば頭のよい人に、「頭がいいですね」と褒めても、あまり相手に響きません。当の本人もよく知っていることですし、言われ慣れているのもあります。窓で言えば1に当てはまり、「まぁね」程度にしか感じません。でもそこで本人が気づいていない部分、例えば自分では普通にしているつもりでも、「清潔感がありますね」と言われたとします。すると、うれしく感じるという心理。言われ慣れていない言葉は、関心を持ちます。しかも自分では気づいていなかったことなので、新しい発見をしたようで、その意見は非常に参考になる! と思うのです。

だから相手の盲点の窓を探すことが大事! あなたにもそんな経験があるのではないですか?「私がそんな風に思われていたなんて、意外」というような新しい気付き。「どんな風に?」「どうしてそう思ったの?」と根掘り葉掘り聞きたくなるはずです。

少なくとも言われ慣れている言葉は避ける、これが一番!距離を縮めたい相手のことを観察して、「ここは、自分でも気づいていないだろう」という部分を、褒めてみてください! 嬉しい気づきを与えてくれた相手には、好感を持つ、というのもジョハリの窓による効果です。

なんで自分はモテないの

 
「なんで自分はモテないのか」「なんで恋人ができないんだろう?」と悩んでいるあなた。実はあなたが自分で思っている理由以外に、何かあるのかもしれません。そこもやはり盲点の窓です。自分の知らないことで、周りが知っていることを、自分で探すのは至難の技。ここは誰か率直な意見をくれる人に、尋ねてみるのが一番です。耳の痛い話をされる可能性は大。でもまったく的外れの恋活から脱出できるはず。気を付けていたのに、「あなたって意外とガサツに見えているよ」「食べかたが汚いんだよね」と言われ、寝耳に水。でも、弱点が明確になったのですから、さっそく改善しましょう!

ジョハリの窓は、自分を知る、相手に気づきを与えるという点で非常に有効です。一緒にいてもなかなか理解が深まらない相手、恋人との間に隔たりを感じる……という時でも、そこにはお互いに盲点があったり、隠している何かがあるのかもしれません。最終的には、等身大の自分をさらけ出せる関係を作ることで、多くの問題が解決しそうです。
(鈴木ナナ)

この記事を書いたライター

鈴木ナナ
お酒と食べ歩き、人間観察が趣味のフリーライター。心理カウンセラーの資格を有し、夜な夜な面白い人を探しに街へ繰り出すのが趣味

関連記事