イケメン2人の間で揺れる主人公を体感すべし! 映画『ヒロイン失格』

『好きっていいなよ』『アオハライド』『ストロボ・エッジ』など、大人気コミックが映画化されスマッシュヒットを飛ばす中、満を持して『ヒロイン失格』がいよいよスクリーンに登場する。

本作は、「別冊マーガレット」で連載され、人気を博した幸田もも子の同名コミックを、「女子ーズ」、「100回泣くこと」の桐谷美玲主演で実写映画化。
さっそくストーリーをご紹介しよう。
手がけたのは『ハンサム★スーツ』『高校デビュー』の英勉監督(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社
手がけたのは『ハンサム★スーツ』『高校デビュー』の英勉監督
(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

目次

ストーリー


ヒロインの松崎はとり(桐谷美玲)は、幼なじみの利太(山崎賢人)にずっと片思いをしているも、何故か強気で、いつか利太と結ばれると勝手に信じている。しかしある日、利太が同じクラスの地味でちょっぴりもさい女の子と付き合うことに。思いがけない展開に傷つき、焦るはとりの前に、学校行一のモテ男、弘光廣祐(坂口健太郎)が現れ、はとりに好意を寄せる。はとりは、利太にはない魅力を持った弘光に惹かれるも、諦めきれない利太への想いの中で揺れ始める。はとりにとっての本当の運命の人はどっちなのか?
柳沢慎吾さんや中尾彬さん、六角精児さんらが思わぬ所で登場するというお楽しみも(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社
柳沢慎吾さんや中尾彬さん、六角精児さんらが思わぬ所で登場するというお楽しみも
(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

『ヒロイン失格』の見どころは?


そもそも桐谷さんがヒロインに抜擢されたのは、本作のコミック連載時に、桐谷さんが大ファンだと公言したことがきかっけだったそう。作者の幸田もも子さんはそれを聞き、途中から主人公を桐谷さんをモデルに描いていたほどだという。それだけに、桐谷さんのこの役への思い入れは強く、主人公が披露する変顔は、映画化される前から常に練習。撮影現場に入ると、ガレキの下に埋もれるわ、池に飛び込み、坊主頭にも果敢に挑戦するなど、文字通り体当たりで演じきっている。
「“世界で最も美しい顔ランキング”8位の女優さんがどうしてここまで!?」と思うくらい体当たりなコメディエンヌぶりも本作の見どころのひとつだ。
しかし、敢えて書くなら、やっぱり最大の見どころは桐谷さんの可愛さ。筆者のようなフツーの顔が、あんな変顔をしたら放送事故になりかねないものを、桐谷さんは、そんなところまでも美しい。彼女はどこまでもキュートで、“ヒロイン失格”どころか”ヒロイン合格”、いや、“ヒロイン満点”なのである。
主題歌は西野カナの「トリセツ」。ご本人曰く男性になかなか理解してもらえない女性の内面、乙女心を「取り扱い説明書」になぞらえて描いた曲、だそう(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社
主題歌は西野カナの「トリセツ」。ご本人曰く男性になかなか理解してもらえない女性の内面、乙女心を「取り扱い説明書」になぞらえて描いた曲、だそう
(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

最も旬な若手俳優の共演


そして、もうひとつの見どころは、やはり今最も旬な若手俳優の共演だろう。
利太役には、NHK連続テレビ小説「まれ」、 ドラマ「デスノート」、 映画「ヒロイン失格」など、 話題作に立て続けに出演し、今最も勢いに乗っている俳優・山崎賢人。弘光役には、「MEN'S NON-NO」の専属モデルとして活躍。昨年、同誌専属モデルとしては約20年ぶりとなる単独表紙を飾り、大きな話題となった坂口健太郎が抜擢されている。
そんな大人気のイケメン2人は、キャラクターに合わせ制服の着こなし方もそれぞれ。花火大会の際には浴衣を着ていたり、弘光の連続壁ドンのシーンがあったりと、ファンにとってはたまらない場面が多数散りばめられている。

筆者的、『ヒロイン失格』楽しみ方


当初、筆者は、「あなたは利太派?弘光派?」や、「あなたなら“愛する人”と“愛してくれる人”どっちを選ぶ?」という切り口で本コラムを書こうと思ったが、あきらめた。高校生をとっくに卒業し、社会で様々な経験を積んだ(ダメ男街道とも言う)筆者からすれば、そもそも利太のような男に出逢えることが奇跡なのである。さらに弘光に言い寄られるなんて、宝くじで2億円当たるのと同じくらいハイレベルな出来事なのである。
本作を心から楽しむ為には、ヒロイン“はとり”に思い切り入り込んで頂きたい。そして、「どっち?」なんて左脳なんて考えることなく、ただただ、利太(もしくは、山崎さん自身)と弘光(もしくは坂口さん自身)の間で揺れ、キュンキュンしたり切なくなったり、抱きしめられたり追いかけたり、もはや右脳だけをフル稼働させ、“はとり”になり切ってほしい。
そうすれば、エンドロールが流れる頃には確実に恋のドキドキ指数はMAXに。自身の恋心にも勇気が芽生え、現在の片思いや来るべき恋に前向きになれること間違いなしだ。
そもそも恋なんて、頭で考えても結論は出ない。そういうことを教えてくれる作品でもあるので、観る側もぜひ、世知辛い現実はすっかり忘れ作品にどっぷり入り込んで、はとりの恋を“体感”して欲しい。
(ミカマイコ)

映画『ヒロイン失格』は9月19日より全国ロードショー

この記事を書いたライター

ミカマイコ
ライター。主に女性誌で、美容・グルメ・旅行・ファッション・ブライダル等、幅広く担当。趣味はスパ巡り。バリ島やタイ、フランスやLAのスパもお気に入り。

関連記事