彼が「もっと気持ちよくなってほしいと」願いながら触る女子のアソコ4選

脳内セックスとか、房中術という言葉があるように、エッチは脳内がエロくなれば男女ともに楽しく気持ちよくなれるわけですが、まさか脳をいじるわけにはいかないので、触れるボディパーツを触りつつ、相手に気持ちよくエロくなってもらうしかありません。
今回は、彼が「もっとエッチになってほしいと願って触る」女子のアソコに迫ります。
さっそくご紹介しましょう!

目次 [開く]

1:入っているときのクリ


「エッチしている最中に、竿を入れたり出したりしながら、ぼくは彼女のクリを指で触ります。もっとエロくなって! というぼくの願い、彼女に届いているのでしょうか?」(28歳・医療)
2点を同時に責めるというのは、まさしく気持ちよくなってもらいたいという彼の願いがそこにあるということでしょうから、納得の証言ではないかと思います。

2:アナル


「彼女にもっと気持ちよくなってもらうために、ぼくは彼女のアナルを刺激します。1年くらいかけて地道に触っていると、彼女はわりと、エッチになってきたように感じます」(28歳・会社役員)
相手が恥ずかしいと思っているパーツを触ると、わりと気持ちよくなってもらいやすいのかもしれません。
脳内的には、恥じらいが快感に蓋をしちゃうこともあるわけですから。

3:脇


「正常位のとき、ぼくは彼女の腕を上にあげて、脇を舐めます。もっと気持ちよくなってもらいたいんです」(25歳・教材販売)
こちらも、女子の恥じらいを取っ払ったらもっと気持ちよくなってもらえるだろうという、男子のサービス精神(?)の表れかもしれません。

4:耳


「今まで彼女の耳を舐めるってことをあまりしてこなかったんですが、新しい彼女の耳たぶが、あまりにもふくよかで舐めました。彼女、すごく興奮していました。
それ以来、彼女に気持ちよくなってもらうために、ぼくは耳を舐めます」(24歳・飲食)
性欲に支配されている若い男子って、耳とか指とか、そういう細かいパーツを触ったり舐めたりというのを怠ることもありますが(すぐに入れたがる)、細かいパーツをエロく舐められると感じまくる女子は、こういう男子とエッチしてみるといいかもしれません。

いかがでしたか?
男子が、彼女にもっと気持ちよくなってもらいたいと願っているということは、まさしく愛されている証拠ではないかと思います。
じぶんだけが気持ちよくなればいい……これは子どものエッチですよね。
相手が気持ちよくなって、身も心も開いて、はじめて、カップルで最高のエッチが完成します。
今宵、彼にご紹介したようなことをしてもらってはいかがでしょうか。
翌朝には、彼とめっちゃラブラブになっているはずです。
(ひとみしょう)

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事