「セフレ止まり」にされてしまう女子の共通点とは

みなさま、トム・ハンクス主演の映画『ターミナル』を観たことがありますか? 祖国のクーデターにより国家が消滅し、パスポートが無効化されてしまったことで、降り立った空港から出られなくなってしまった主人公の“ターミナル”での生活を描いた物語です。

この作品に登場する恋多き美人CA、アメリア・ウォーレンを演じたのが、あのキャサリン・ゼタ=ジョーンズ。彼女に恋をした主人公ですが、その恋は“運命”によって叶わず……。彼女は主人公に惹かれつつも、自らの恋愛の「悪癖」を自覚しているため、「私みたいな女に近寄っちゃダメなのよ」と忠告をします。

しかし、悪癖は自覚しつつも繰り返してしまうもの。妻子持ちの浮気相手になってしまう、長年思い続けている彼からの連絡を7年も待ち続けている、すぐに複数の男の連絡に応じてしまう……などなど。彼女のセリフは「ダメ恋愛」をしてしまう女子にありがちな象徴的なものばかり!

アメリアのセリフから、「セフレ止まり」にされてしまう女子の特徴を考えてみましょう!

目次 [開く]

わかっているけど、「毒になる男」が好き


・「私は少し変なの、ナポレオンと同じで、悪い癖がある。毒になる男を次から次へと食べてしまう」

彼女は「変なの」「悪い癖」と断りながらも、結果的に「毒になる男」を選び続けてしまう、と言います。このように、自覚的であれ、自分にとって「毒」になる男にハマってしまう女性は少なくないですよね。本命彼女になれないと頭では分かりながらも、それを続けてしまうため、悪く言えば「セフレ止まり」になってしまうのです。

盲目になり、自分がどういう扱いをされているのか気づかない


そしてもう一つ象徴的なセリフがこれ。自分を浮気相手にしている男性に対して、アメリはこんな風に夢想するのです。

・「朝ルームサービスを食べながらじっと彼を見るの。パズルに夢中になっている彼を……いつか彼と一緒に暮らせるかもって」

このセリフに対して、主人公ビクターは、こう切り替えします。

「でもその男……どうして君といてパズルなんかしてるの?」

まさしくその通りですよね。巷のカップルでもよく見かけますが、恋人と一緒にいるのに、スマホでそれぞれがゲームをし続けていたり、片方が話しかけているのに相手はネットサーフィンに夢中だったり。

アメリアは、一夜を共にした朝、自分を差し置いて「パズルに夢中になっている彼」に「夢中」になっているのです。その時、彼が自分をどんな存在としてみているのか客観的な判断ができていません。

このアメリアのように、「セフレ止まり」になりがちな女性には、「盲目になり、自分がどういう扱いをされているのか気づかない」という特徴があるかもしれません。この性質に加えて、「分かっているけどやめられない」という場合、ズブズブと負のループに陥ってしまいます。

物語の中で彼女はとてもチャーミングに描かれていますが、それでも悩みは尽きない様子。アメリアのようなループに陥っていないか、自分が何の気無しに発している言葉に気を向けてみてはいかがでしょう?
(ヤマグチユキコ)

この記事を書いたライター

ヤマグチユキコ
コスメと恋愛ネタを書いています♡ キャンドルをつけてリラックスするバスタイムが好き!

関連記事

今、あなたにオススメ