男の目は厳しい!? エッチ中男子がばっちり確認するポイント4選

エッチのとき恥ずかしいからアソコをこそこそ隠しまくる……こういう女子を相手にしていても、見るべきところはバッチリ見ている……こういう猛者もいるそうです。
女子が隠しまくっても、男子が見まくっているアソコとは?
さっそく見ていきましょう!

目次

1:アナル


「ぼくの彼女は、アナルを見せてくれません。だからぼくは、ちょっとだけ正常位をしたらすぐにしれっとバック(後背位)をします。バックのときは、彼女のアナルがバッチリ見えるからです」(25歳・飲食)
アナルって誰でも持っているのに、なぜ男子たちは見たがるのか?
謎に感じませんか?
きっと日本のアダルトビデオの影響かもしれません。
アソコにはモザイクをかけるくせに、アナルは60インチのテレビ画面いっぱいにそのまま映し出される……うん、AVのせいでしょう。

2:脇


「ぼくの彼女は脇を隠したがります。当然、舐めさせてくれません。だから正常位のとき、彼女がめちゃ感じているときに、ぼくは彼女の腕を上げます。バッチリ見えます」(27歳・イベント制作)
男子のなかには、1度や2度、女子に断れてたからといってめげないひとっていますよね。
前戯のときに、脇を見せてくれなかったら、正常位のときに見ちゃえ!
男子の執念です。

3:感じている表情


「彼女は、部屋を真っ暗にしないとエッチさせてくれないんですが、真っ暗にしても、そのうち暗闇に目が慣れてきて、彼女が感じている表情くらいは余裕で見られるんですよね」(22歳・大学生)
ラブホテルのように、完全に遮光状態になる部屋では、暗闇でなにも見えないかもしれませんが、一般の住宅って、どこかから光が漏れていますし、完全な暗闇にしづらいでしょうから、ま、こういう執念でもって、バッチリ見ている男子もいるのでしょう。

4:具


「出したり入れたりしている、いわゆる結合部分を、正常位のときに見たら、彼女の具(小陰唇)がよく見えます」(27歳・建築)
アソコを彼氏に見られたくないと思っている女子も多いかと思いますが、結局、結合部分を見たら、アソコの色や形って、なんとなくわかるとのことです。

男子は暗がりで目を凝らしたり、結合部分を見つめつつアソコの色や形を確認したり、いろいろとご苦労をなさっている様子です。
それほどの熱意(執念、あるいは創意工夫)を仕事にいかせば、もっと稼げるかと思いますが、それとこれとはまた話が別……というのが、男子のホンネなのかもしれません。
あるいは、それほどの熱意があるから、恋や愛(やエロ)に関する産業が絶えず儲かっており、それこそが日本経済を根底から支えているのでしょうか。
(ひとみしょう)
1

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作家/コラムニスト/作詞家。キルケゴール哲学をベースに、なんとなく淋しい人に向けた希望論&恋愛論『自分を愛する方法』を上梓。全国の書店等で発売中。『ひとみしょうのお悩み解決』『ひとみしょうの男って実は』(Grapps)など連載多数。日本自殺予防学会会員。キルケゴール協会会員。

関連記事