女子の食べ姿にキュンとしてしまう瞬間4選

デートの際、食べにくいものはなるべく注文したくない……こういうのも、ひとつの女心だろうと思います。
彼ときわめて仲が良かったら、ガッツリ食べるかもしれませんが、初デートではちょっと無理……ということでしょうか。
今回は、男子が女子に食べてもらいたいと思っている「食べづらいもの」に迫ります。
さっそくご紹介しましょう!

目次

1:カニ


「カニの長い身を、長い舌を出して、べろ~んと食べてもらいたいんですが、ま、あと1年くらい交際しないと無理かな」(28歳・IT)
男って、なぜ女子の長い舌にエロを感じるのでしょうか? 謎ですが、カニ屋さんでデート……というカップルは、それなりに交際期間が長いのか、男女ともにエロいのか……とうことでしょうか?
カニ屋さんに怒られそうなので付言すると、手羽先もこの部類に入ると思います。骨をしゃぶってよ! とかなんとか……。

2:ピザ


「ピザを食べるとき、ぼくの彼女は『あたしピザってうまく食べられないんだけど、食べ方が汚くてもいい?』と聞いてきます。聞いてくる彼女がすごくかわいらしく感じます。毎回ピザでもいいと思います」(28歳・イベント制作)
この彼女のように、先に「うまく食べられないんだけど」と断っておくと、デートでどんなものでも食べることができそうです。大きなハンバーガーでもなんでも。

3:長くて大きなカルビ


「ハサミで切る、長くて大きなカルビを彼女と食べたいです。彼女が器用に切り分けてくれるシーンって、すごく好きなんですよね」(27歳・教材販売)
彼女のちょっとした気遣いがうかがえる食べ物ってことですよね。
不倫中のカップルの彼は、いつも彼女はどんなふうに家事をしているのかがうかがえて、とくにいいのかもしれません。

4:納豆


「納豆を食べてもらいたいです。納豆の食べ方って、妙に生活感が出ていいんですよねえ」(25歳・飲食)
だからカップルで温泉旅行に行きたがる男子が多いのでしょうか? まさかね。

いかがでしたか?
食べづらいものを食べるときって、そのひとの人柄がよく出ますよね。
ガっついて手や口のまわりを汚しながらカニを食べて、あとから来たフィンガーボールの水を飲み干す……こんなマンガのような女子がいたら、著者はおもしろいと思いますが、いかがでしょうか。
(ひとみしょう)
1

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作家/コラムニスト/作詞家。キルケゴール哲学をベースに、なんとなく淋しい人に向けた希望論&恋愛論『自分を愛する方法』を上梓。全国の書店等で発売中。『ひとみしょうのお悩み解決』『ひとみしょうの男って実は』(Grapps)など連載多数。日本自殺予防学会会員。キルケゴール協会会員。

関連記事