長年彼氏ができない女子たちの共通点とは

性格も良く、外見的にも素敵なのに、なかなか彼氏ができない女性が存在します。なぜでしょう? これはもう、すでにあちこちで言われていることですが、「理想が高い」、このひと言に尽きます。ここでは改めて、「理想が高い」について考えてみましょう。

目次

「理想が高いのでは?」「そんなことないもん!」……本当ですか?


「なかなか彼氏ができない」とか「婚活が難航している」などの悩みを抱える女性に、「もしかすると理想が高いのでは?」と尋ねてみると、みな一様に「自分の理想は決して高くない!」と、口をそろえます。それならば、こんな男性はどうかしらと提案すると、「うーん、それはちょっと……」と、あまり乗り気ではないご様子。はい、この時点でじゅうぶん「理想が高い」に該当するのですよ。

紹介話が「貯金ゼロのブサメン」でも「とりあえず会ってみる」


これは極論ですが、「こんな男性はどうかしら?」の提案が、「非正規労働者で貯金もなく、なおかつイケメンでもなく、むしろブサメンの部類」だったとしても、とりあえず会ってみる姿勢が大事! まさかの恋に落ちる可能性だってゼロではないのです。

無駄足? いやいや、貴重な実体験として今後の参考資料になる可能性だってありえます。
もちろん、「無駄足だった」とがっかりさせられるパターンもあるでしょうけど、世の中には色々なタイプの男性が存在すると、勉強になります。世の中、経済力豊かで、なおかつイケメンな男性ばかりではないと、身を持って実感しましょう。

あなたが相手に求める「最低限のこだわり」は何ですか?


次に、相手に対して、「最低限こうあってほしい!」という、ご自身の「こだわり」を再確認しましょう。たとえば、「超・大金持ちとまで言わないが、デート代は全額担う余裕があって、超絶イケメンとまで言わないが、顔面偏差値としては『中の上』レベル、年齢は自分と同年代のアラサー男性」を希望しているとします。

でも想像してみましょう……もし自分が男性だったら?
まずやるべきことは、そういう男性を探すことよりも、想像の世界で、自分自身がそういう男性になりきることです。さあ、目を閉じてください。あなたは女性ではなく男性です。ヒゲも生えています。チ○コも生えています。スペックは、デート代を全額担うだけの稼ぎがあり、顔面偏差値は中の上レベル、年齢はアラサーです。さて、男性としてそのスペックになったとき、果たしてあなたは、本来女性としてのあなたを選ぶでしょうか? 男性として、あなたを抱きたいと思うでしょうか? いずれはプロポーズしたいと思うでしょうか?

あなたの「理想の男性」は選り好みできる立場


「デート代を全額担うだけの稼ぎがあり、顔面偏差値は中の上レベル、年齢はアラサー」というスペックの男性にとっては、女性は選び放題とまで言いませんが、それなりに選択肢は広いはず! 要するに、ライバルは多いということ。厳しい言い方をすると、あなたでなくてもいいわけです。

「分をわきまえる」という言葉があります。身の程を知り、身の丈に合った相手を選びましょう、という意味です。個人的には、あまり好きな言葉ではないです。しかし、相手にそれなりの「こだわり」を求めるのなら、自分自身のバージョンアップも必要です。自分には何が足りないのか、そしてその足りない要素を補う強みは何なのか分析し、弱みは補足し、強みにはさらに磨きをかけましょう。
(菊池美佳子)
1

この記事を書いたライター

菊池美佳子
コラムニスト。1977年3月17日生まれ。岩手県盛岡市出身。21歳~29歳まで、舞台女優のかたわら、様々なナイトワークを体験。29歳で引退後、コラムニストとして活躍中。

関連記事