つらいPMS期はどうしてる? 生理中のイライラを改善するストレス発散法

女子ならば「PMS」という言葉を聞いたことがあるでしょう。PMSとは「Premenstrual Syndrome」の略で、「月経前症候群」のこと。生理が始まる前の約2週間の間に起こる、心とカラダの不調のことです。

「なんだかイライラする」、「わけもなく悲しくなる」……。生理前はこんな風に、普段とは違う精神状態になることもしばしば。人によって症状の重さはそれぞれですが、世間の女子はどのようにストレスを発散しているのでしょうか? PMS期がどうしてもツライ、という女子は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

1. カラオケ


「一番のストレス発散はヒトカラです。ひとりでカラオケに3時間くらいこもって、歌いまくって汗をかくとイライラも収まる気がするんです」(25歳・マスコミ系)

2. ゆっくりお風呂に浸かる


「ちょっと高級なバスソルトを買ってきて半身浴をするようにしています。お風呂のなかで漫画を読んだり、音楽をかけてリラックスするとカラダの調子も良くなる気がする」(29歳・保険)

3. 映画を観てたくさん泣く


「生理前のつらい時期は、部屋を暗くして、暖かいココアなどを飲みながら映画を観てひたすら泣く! 昔はDVDを借りていましたが、最近は定額で動画配信サイトに登録しているので、いろいろなジャンルのものを楽しんでいます」(31歳・NPO職員)

4. カレシに協力してもらう


「カレシに家に来てもらって、PMSがつらいと話して抱きしめてもらったり、一緒にゴロゴロしてもらったりして甘える。可愛がってもらえると安心するんです」(25歳女性・テレビ局)

5. ひたすら掃除をする


「大掃除かよ、っていうくらい家のなかを掃除しますね。細かい隙間を掃除したり、ホコリを取ったり。マスクをして掃除機をかけて、床を雑巾で拭いて、最後にアロマのスプレーを部屋にまく(笑)。汗もかくし運動代わりです」(27歳女性・広告)

こんな風に、みんなオリジナルの方法でPMS期を乗り越えているんですね! 自分の症状に合わせて、自分なりの対処法を見つけてみるのが重要かもしれません。よほどつらいときは、絶対に無理をせず婦人科を受診するなど、お医者さんに頼ることも大事ですよ。
(ヤマグチユキコ)
1

この記事を書いたライター

ヤマグチユキコ
WEBライター。ビジュアル系バンド、ジャニーズなどの音楽情報や、漫才、恋愛ネタ、コスメ、ファッションなどを幅広いジャンルを執筆。「野中すふれ」名義での執筆も多数。キャンドルをつけてリラックスするバスタイムが好き♡

関連記事