意外にも? 男子的にお肉がついている方が魅力的だと感じるパーツ3つ

“ぷに子”や“マシュマロ女子”ということばが広まり、「ガリガリ女子よりもちょっとお肉が付いていてフワフワしているほうがモテるわよ!」といった価値観が、ちょっとずつ浸透しつつあるかと思います。

しかし、その一方で常にダイエットに駆り立てられている女子も少なくありません。「それ以上どこを痩せる必要があるの?」と疑問に思うようなナイスバディな女子であっても、「細いほうがもっとキレイになるはず」という固定観念から抜け出せずにいることってありますよね。はたから見ていれば、全然痩せる必要なんてないのに!

そんな「細いほうがキレイ」という神話を打ち砕く、男性のホンネを調査してみました。お肉を落とそうと必死に頑張っている女子に告ぐ……! じつはそのお肉、男性からは「あったほうが魅力的なのに!」と思われている可能性がありますよ。

目次 [開く]

1. ほっぺ


「ほっぺがげっそりしている女子は可愛くないと思う。笑った時にぷにぷにしていたり、艶があるようなほっぺが可愛い。触りたくなるくらいのほっぺが最高です! だからと言って、顔全体に肉が付いていて良いというわけではありません。二重顎はイヤですね」(27歳・男性)

2. 太ももの内側


「僕が一番好きなのは、太ももの内側のお肉です。太ももを細くしようとしている女子が多いけど、実際ガリガリの太ももって、なんの魅力もありません。その太もものプニプニした部分に顔を埋めたい! と男が思うくらいのお肉は残しておいてほしい!」(29歳・男性)

3. お尻


「一番大事なのはお尻のお肉だと思いますね。ちょっとだらしなく垂れているのもエロいし、プリッと上に突き上げている大きなお尻も魅力的。小尻を目指そうとしてエクササイズをしている女子をみると、『あ〜男心がわかってねぇなあ』と思ってしまいます」(28歳・男性)

4. お腹


「くびれは最高ですが、お腹まで腹筋でムキムキしていたら最悪。くびれつつ、おへその周りにちょっとだけプニプニしたお肉が付いているのが女性らしくて可愛いと思います。細ければ良いわけじゃなくて、触り心地のよさが大事!」(30歳・男性)

以上の意見があるようです。「痩せれば可愛くなる」と思って無理なダイエットをするのは厳禁。「食べちゃダメ」「これを我慢しないと体重が増えちゃう」、といった意識が余計なストレスとなってしまいます。ストレス状態はダイエットの大敵なので、「痩せなくては」という意識自体が痩せにくいカラダを作る原因になってしまうこともあるのです。取らなくても良いお肉のために、無理をしないようにしてくださいね!
(ヤマグチユキコ)

この記事を書いたライター

ヤマグチユキコ
コスメと恋愛ネタを書いています♡ キャンドルをつけてリラックスするバスタイムが好き!

関連記事

今、あなたにオススメ